アマゾンで無駄に吸盤がついたワイヤレスモバイルバッテリー、Charmast 10000mAhが1799円でセール中。無線、不要。 | ニュー節約速報

logo

  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧


スポンサーズドリンク
本日明日の締め切りキャンペーン


アマゾンで無駄に吸盤がついたワイヤレスモバイルバッテリー、Charmast 10000mAhが1799円でセール中。無線、不要。

公開日: :   モバイルバッテリー・充電器

アマゾンで無駄に吸盤がついたワイヤレスモバイルバッテリー、Charmast 10000mAhが1799円でセール中。

割引クーポン: DEOND11245

強力ナノシリコン吸盤でモバイルバッテリーとスマホをくっつけ、Qiワイヤレス充電で
ケーブルを繋がなくても受電可能とのこと。

モバイルバッテリーでワイヤレス充電をする意味は無い:

ちなみにモバイルバッテリーでワイヤレス充電をする意味はありません。
なぜなら、モバイルバッテリーで充電中は、モバイルバッテリー及びスマホ側が発熱します。

そこでスマホを使用すると、負荷がかかってより発熱し、スマホのバッテリーの熱劣化が促進され、
スマホ側の寿命が短くなります。よってモバイルバッテリーに必要なのは、有線でもなんでも良いので、
早く充電を完了させることです。このご時世、長時間スマホが使えないと人々がイライラしますからね。

しかし、現実的にはワイヤレスより有線での接続のほうが遥かに早く充電できるため、
モバイルバッテリーでのワイヤレス給電は不要となります。

別にワイヤレスがあってもいいですが、
人々がよくやる「スマホとモバイルバッテリーをケーブルで繋ぎ、
かばんに放り込んで移動中に充電する」という用途がメインかと思いますので、
だったら別にワイヤレスはいらないよね、となります。


次によくあるのが、モバイルバッテリーとケーブルを接続したまま使用すること。
本当は発熱的にやってはならないことですが、比較的皆さんやっています。

所有者のスマホの寿命が短くなり、トータルの出費が増えるのは所有者の問題なのでどうでもいいとして、
ワイヤレス充電だと、スマホ本体とモバイルバッテリーを同時に手でホールドして
使用する必要があります。アホですね。有線でOK。


だいたいなんだよこのデザインは。蓮コラかよ。ちなみに重さ192gもあります。
これとiPhone12(162g)を同時に持つと、重さ0.35kgとのこと。
筋トレかな?それはないか。リストカールするには10倍の重さが必要だ。

というわけで、興味ある人はポチってみましょう。

ただ、管理人はCharmastのモバイルバッテリー自体は好きですよ。良いDC-DC変換回路積んでますからね。
こいつは名作。
関連記事:【管理人愛用】【レビュー】モバイルバッテリー Charmast 10400mAhを買ってみた。 | ニュー節約速報

製品仕様
寸法:約143.5 x 71x 14.5mm
重量:約192g
入力:Micro USB(QC 2.0/3.0) 5V-2A 9V-2A、 Lightning 5V-1.5A、 USB C (QC/PD 3.0) 5V-2A 9V-2A
出力:USB C(QC/PD 3.0) 5-6V-3A 6-9V-2A 9-12V-1.5A、USB A(QC 3.0) 5-6V-3A 6-9V-2A 9-12V-1.5A、Qiワイヤレス充電5W、 7.5W、 10W(MAX)

充電時間:
約 3.5時間(QC/PD 3.0/MTK-PE/Huawei FCP/ Samsung AFC/Spreadtrum アダプタによる)
約 5.5時間(5V/2Aアダプタによる)
約 8時間(5V/1.5Aアダプタによる)

パッケージ内容
10000mAh モバイルバッテリー本体* 1
USB A- Micro USBケーブル* 1
USB C- USB Cケーブル* 1




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

0 0 votes
この記事を評価する。
Subscribe
Notify of
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

0
なにか言いたいことがありましたら、コメントをどうぞ。x
()
x
PAGE TOP