NTT-XストアでSIMフリースマートフォン 5.5インチフルHD、ZTE Blade V580が11980円⇒9980円。

logo

最新記事一覧


スポンサーズドリンク
本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


NTT-XストアでSIMフリースマートフォン 5.5インチフルHD、ZTE Blade V580が11980円⇒9980円。

公開日: :   携帯一括情報

NTT-XストアでSIMフリースマートフォン 5.5インチフルHD、ZTE Blade V580が11980円⇒9980円。

価格コムで売れ筋No15、11980円のZTEシムフリースマホのBlade V580が9980円にてセール中です。

プラットフォーム Android? 5.1
プロセッサー 64bit 1.3GHzオクタコア (MT6753)
ディスプレイ 5.5インチ 1080×1920ドット(フルHD)
サイズ(W×D×H) 約77.2×8.55×155.3mm
重さ 約165g
内蔵メモリ RAM:2GB/ROM:16GB
外部メモリ microSDカード(最大32GB)(スロット2をnanoSIMと排他利用)
カメラ(画素数/タイプ) アウトカメラ:1300万画素、インカメラ:500万画素
無線LAN通信規格 IEEE 802.11 b/g/n
バッテリー 3,000mAh(本体と一体型)
【連続待受時間】 約600時間
【連続通話時間】 約30時間
通信方式 FDD-LTE:2100MHz(B1)/1800MHz(B3)/900MHz(B8)/800MHz(B19)
HSPA/WCDMA:2100MHz(B1)/800MHz(B6)/900MHz(B8)/800MHz(B19)
GSM:1900MHz/1800MHz/900MHz/850MHz
Bluetooth? version 4.0
測位方式 GPS/AGPS
センサー 指紋センサー、コンパス、ジャイロセンサー、照度センサー、近接センサー
テザリング 対応(Wi-Fiテザリング、Bluetooth?テザリング、USBテザリング)
SIMカード(タイプ) Dual・nanoSIM(microSDと排他)

スロット1/2の両方にnanoSIMカードを挿して使用する場合、いずれかの1スロットはGSM専用となります
(設定により切り替え可能)。スロット2はmicroSDまたはnanoSIMいずれか1枚のみ使用可能です。

なお対応バンド体ですが、ドコモのバンドである1(主力)、3(東名阪エリア)、19(LTEプラチナバンド)に
対応しています。
21の北海道、東北、四国、北陸に整備されているバンドには未対応。

まぁこれはマイナーなバンドのため、対応機種のほうが少ないため、問題ないかと。
28は現在整備中ですが、一応対応しているとのとのこと。

FOMAはバンド6のFOMAプラスに対応しています。山間部も安心ですね。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

Comment

  1. 通りすがり より:

    今春11980円の時買って使ってます。
    前のが3G端末だったので快適すぎて不満はほぼなし、
    唯一あげるとするなら取扱説明書がない。
    クイックスタートガイド(16P)がついてますが不完全。
    ネットでググっても取説見つかりません。
    初スマホの人は苦労しそうです。
    この端末専用のガラスフィルムがアマゾンで799円で売ってますがそれも良品でした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP