ふるさと納税がよく分からないけど損はしたくない、そんな人はポイント制度にとりあえず納税しよう。 | ニュー節約速報

logo

  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧


スポンサーズドリンク
本日明日の締め切りキャンペーン


ふるさと納税がよく分からないけど損はしたくない、そんな人はポイント制度にとりあえず納税しよう。

公開日: :   ふるさと納税・税金・確定申告


ふるさと納税がよく分からないけど損はしたくない、そんな人はポイント制度にとりあえず納税しよう。

ふるさと納税がめんどくさい&よく分からない&冷蔵庫がもうパンパン、そんな人はとりあえず
自治体のポイント制度にふるさと納税を行い、後からギフトを選びましょう。

必要な年収:

給与収入
年収
家族構成
独身又は共働き1 夫婦又は共働き+
子1人(高校生)
300万円 28,000円 19,000円
350万円 34,000円 26,000円
400万円 42,000円 33,000円
450万円 52,000円 41,000円
500万円 61,000円 49,000円
550万円 69,000円 60,000円
600万円 77,000円 69,000円
650万円 97,000円 77,000円
700万円 108,000円 86,000円
750万円 118,000円 109,000円
800万円 129,000円 120,000円
900万円 151,000円 141,000円
1000万円 176,000円 166,000円
1,100万円 212,000円 193,000円
1,200万円 239,000円 229,000円
1,300万円 268,000円 258,000円
1,400万円 351,000円 339,000円
1,500万円 386,000円 374,000円
2,000万円 560,000円 548,000円
2,500万円 845,000円 831,000円

上記表から、自分の年収を当てはめて、その額だけ寄付をしておきましょう。

・複数自治体を選んでもOKですし、その方が色々選べてお得。
・何自治体選んでも、自己負担額は2000円。

【おすすめ】 ポイントのふるさと納税を探す | ふるさとチョイス

検索条件:ポイントの返礼品を探す | ふるさと納税サイト「ふるさとプレミアム」

カタログギフトもあり。
「カタログ」の検索結果 | ふるさと納税サイト「さとふる」




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :

スポンサーズドリンク

0 0 votes
この記事を評価する。
Subscribe
Notify of
1 コメント
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments

今年枠が小額余ったからカタログで翌年に回そうかなぁと思ったけど、あれ自治体ごとに事前寄付ってだけなのね
あんまり意味ないわ


1
0
なにか言いたいことがありましたら、コメントをどうぞ。x
()
x
PAGE TOP