ソニーのMVNO・SIMのnuromobileが10/1サービスイン。1GB刻みプランで容量翌月繰り越し。もし無限繰り越し出来るなら・・・

logo

  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


ソニーのMVNO・SIMのnuromobileが10/1サービスイン。1GB刻みプランで容量翌月繰り越し。もし無限繰り越し出来るなら・・・

公開日: :   携帯関連・料金プラン技

ソニーのMVNO・SIMのnuromobileが10/1サービスイン。1GB刻みプランで容量翌月繰り越し。もし無限繰り越し出来るなら・・・

nifmo安定ウマウマや!と思っていたら、いきなり富士通からNiftyが売却されるということで、
特にnifmoに不満はないのですが、これを機会にちょっと別のMVNOSIMも見ておこうとする管理人です。

さて、ソニー系列のSo-netがMVNO・SIMとして、乱立していたPLAYSIM,LTESIM+など
So-netモバイルLTE系のサービスを統合し、「nuromobile(ニューロモバイル)」として
2016/10/1付で開始していたのでご紹介。


今思い起こせば、0SIMもso-netが事業体でしたね。

nuromobileの主な特徴:

・容量2GB-10GBを700円~2300円で1GB刻み200円で購入できる。
・データ容量は変更手数料無料
・余った通信容量は翌月繰り越し。
・通信網はドコモ。XiおよびFOMAエリアが使用可能。

nuromobileの料金解説:

初期費用:
3000円。SIM発行手数料となります。また、MNP転出手数料も3000円です。

月額料金:
下り最大225Mbps/上り最大50MbpsのLTE速度で制限値まで通信でき、
それを超えると通信速度200kbpsまで叩き落とされるサービスです。

プラン データ通信 データ+SMS データ+音声
2GB 700円 850円 1400円
3GB 900円 1050円 1600円
4GB 1100円 1250円 1800円
5GB 1300円 1450円 2000円
6GB 1500円 1650円 2200円
7GB 1700円 1850円 2400円
8GB 1900円 2050円 2600円
9GB 2100円 2250円 2800円
10GB 2300円 2450円 3000円

多くの人が使うであろう、5GBまでの料金が細かく分かれているのが便利ですね。
+150円でSMS対応、+700円で音声通信に対応できます。

なお、他の通信業者との料金比較は下記の通り。

3GBプランにおけるMVNO/SIM料金比較表:

データ通信 音声通信
DTI SIM 840 1490
DMM mobile 850 1500
nuro mobile 900 1600
IIJmio 900 1600
NifMo 900 1600
【楽天モバイル】
(3.1GB)
900 1600
mineo 900 1600
U-mobile 900 1580
UQ mobile 980 1680
OCN モバイルONE 1100 1800
LINEモバイル(SMS付き) 1100

特に安くもなく、高くもなく、一般的な料金となっています。
最安値のDTIと比べるとたしかに110円プラスですが、通信において月110円ケチるよりは、
普段からまともに通信出来る&いざという時のライフラインとして使うことも想定して、
ちゃんと通信できるSIM業者を選んだほうがいいかと。

まぁ最近はどこの業者も比較的まともに通信できるみたいですけどね。
一時期、ポンツーを代表に昼間&22時以降は「通信妨害食らって月の裏側にいる環境」ぐらい、
ひどい状態だったと聞いています。

通話料:20円/30秒
普通です。電話しまくる人は最初からキャリアのカケホーダイなどに契約しましょう。

縛り:
・データSIMに違約金はありません。即解OK。
・音声プランは初月解約料12000円、そこから毎月1000円が減額されていきます。
つまり、1年間は違約金が発生することになります。

ただし、解約を決定するタイミングで、違約金残高が残り数ヶ月であれば、
思い切ってMNP弾にした方が精神衛生上いいかも。

nuromobileプラン変更について:

nuromobile最大の特徴は、自分の利用状況に応じて通信容量プランを変更できることです。
ただし、データ・SMS・音声通話プランそのものを変更することが出来ません。
最初の申込時に選択できるのみです。

通信容量プランは、利用者向けWEBページより変更可能で、
翌月1日0時から適用可能です。また、プラン変更のキャンセルも可能です。

とりあえず3GBか5GBあたりで申し込んでおき、自分自身の通信量は利用者向けWEBページで
確認できますので、それとバランスが取れた通信プランを月末に選択し、
翌月適用という柔軟な運用が可能となっています。

なお、月内で追加のデータ容量を購入すると、100MB/500円、500MB/2,100円、
1GB/3,800円という、一桁間違ってんじゃねーかというボッタクリ価格ですので、
これを購入するのは止めておきましょう。

翌月に繰り越された容量が、翌々月にも繰り越されるのか、
その辺の記述は公式ページにありません。これは公式ページの充実を待ちたい所。

もし永遠に繰り越せるのであれば、初月は10GBMAXで契約して、直ちに2GBプランに変更、
毎月3GBぐらい消費すると10ヶ月後に繰越分が足りなくなるので、
また一ヶ月だけ大容量プランに変更して、その翌月にまた2GBに変更するという、
nuromobileが憤死しそうな極めて柔軟なプラン運用が可能です。

自分で言い出しておいてなんですが、その運用方法面白そうですね。
月内データ不足も起きなさそうだし、月内データ追加課金もしなくてよさそう。

柔軟なプラン運用に興味を持った人は、nuromobileを契約してみましょう。
申込みは下記からどうぞ。

現状はアマゾンなどで安いSIM申し込みパッケージの販売はありません。
よって、どこから申し込んでも同じです。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

関連記事

DMMモバイルがSNSカウントフリー無料、10分かけ放題開始、新規事務手数料無料、DMMポイント10%還元セールを開催中。~11/30。

記事を読む

モトローラが5.2型Androidスマートフォン「Moto G5S」を28800円で発売へ。10/20~。

記事を読む

ソフトバンクがAndroidもiPhone同様に半額となる「半額サポート for Android」を開始予定。ただし永遠に縛られて端末は没収。

記事を読む

ドコモがZTE製2画面搭載スマートフォン「M Z-01K」を発表へ。ただしディスプレイは折りたたみ時に外向き。2018年1月~。

記事を読む

Huawei Mate10/10Proのスペックが明らかに。無印は日本発売なし、Proはイヤホンジャック/microSDなしの10万超え。オワタ。

記事を読む

MVNOのmineoで音声通話SIMが月410円で維持できる「大・大盤振る舞い」キャンペーンを開始。12ヶ月900円引き、音声も違約金なし、アマゾンギフト券も貰える。~11/9。

記事を読む

ひかりTVショッピングでOCN モバイル ONEのMVNO SIMに申し込むと、5000円キャッシュバック。~10/31。

記事を読む

Huawei Mate10が今まさにミュンヘンで発表会中。Kirin970、5.9インチ液晶でiPhone8 Plusよりコンパクト。

記事を読む

DMMモバイルに申し込んでみた。テザリングでもバースト通信出来ると良いな。LINE Payカードで申し込みは可能。

記事を読む

au Design project 15周年展覧会開催記念出版物「ケータイの形態学」がWEBで無料公開中。

記事を読む

Comment

  1. m@ri より:

    繰り越しとデータ量適用についてサポートに記載がありました。

    以下より転載
    http://mobile.nuro.jp/support/

    使い切れずに余ったデータ容量は、翌月に繰り越してご利用いただけます。
    ただし、プラン変更を行った場合、翌月に繰り越されるデータ容量は変更後のデータ容量が上限となります。
    ※繰り越したデータ容量の利用期限は、翌月末までとなります。

    という、残念な結果でした。

    また、2月からマイネオのようにパケットギフトが開始されたようですが、それも繰り越したデータはギフトとして送れない、ギフトとしてもらったパケットは誰かにギフトとして送れない仕様のようです。
    これもまた残念な結果でした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP