経済産業省がモバイルバッテリーを電気用品安全法の規制対象へ。投げ売りが来るぞ。2019/2/1~。

logo

最新記事一覧


スポンサーズドリンク
おすすめ記事


総悲観は買い。
DMM Bitcoinで新規口座開設するともれなく1000円が貰える。総悲観は買い。~3/31。

今日は買え
【LOHACOも対象】Yahooショッピングで本日は5のつく日、ポイント5倍。Yahoo!プレミアム会員は最大11倍。

グラッドで定価3万のアパレルが1万ちょいで買える。定価で買うのが馬鹿らしくなるぞ。


本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


経済産業省がモバイルバッテリーを電気用品安全法の規制対象へ。投げ売りが来るぞ。2019/2/1~。

公開日: :   生活ネタ


経済産業省がモバイルバッテリーを電気用品安全法の規制対象へ。投げ売りが来るぞ。2019/2/1~。

モバイルバッテリーの発煙・発火の事故増加を踏まえ、経済産業省は今後ポータブルリチウムイオン蓄電池
(いわゆるモバイルバッテリー)を電気用品安全法に基づく規制対象として扱うこととし、
今後はPSEマークが無いものは製造、輸入、販売が出来なくなります。

期間:平成31年2月1日より

という訳で、来年2月の改正以降は販売できるモバイルバッテリーに制限が科せられることになり、
国内に眠っているPSEマークなしのモバイルバッテリーが、規制強化前に一斉に放出されることが
予想されます。

ちなみに管理人も使っているAnkerのAstro E1はしっかりPSEマークが付いていました。

既にモバイルバッテリーを持っている人は特に影響が無いのですが、これから買おうとする人は、
多少気にしたほうが良いかと。

ギャラクシーやiPhoneなど、定期的に発煙事件を起こす機種もありますし、
2017/9/11には山の手線内でリュックに入れたモバイルバッテリーが発火事件を起こしています。

あんまりにも安いモバイルバッテリーは、注意したほうが良いかも。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP