世界中で6秒に1個売れているキールーズクリームUFCのサンプルが抽選で1500名に当たる。~2/28。iPhoneは1秒に7台売れるぞ。 | ニュー節約速報

logo

最新記事一覧


スポンサーズドリンク
おすすめ記事
ここ、目立つ割にあんまり使ってないんだよね・・・なに書こうかな・・・(´・ω・`)

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


世界中で6秒に1個売れているキールーズクリームUFCのサンプルが抽選で1500名に当たる。~2/28。iPhoneは1秒に7台売れるぞ。

公開日: :   抽選で当たる


世界中で6秒に1個売れているキールーズクリームUFCのサンプルが抽選で1500名に当たる。~2/28。iPhoneは1秒に7台売れるぞ。

キールズ クリーム UFCとは、オリーブ由来の保湿成分で肌をふっくら潤すという、
植物オイルを配合した保湿クリームですが、今ならサンプルが1500名に当たります。

ちなみに世界62カ国で6秒に1個売れている、とのこと。だから何なんだよ。
6秒に1個ということは、1分に10個、1時間に600個、1日で14,400個。
1年で525万個が売れている計算になります。

一方、iPhoneの年間出荷台数は2017年で2億2750万台程度、とのこと。
つまりこのクリームはiPhoneの1/43程度、とのこと。たいしたことないじゃん。

数字のマジックとは怖いですね。尤も、あくまでも保湿クリームとiPhoneという、
全く畑が違う分野での比較ですので、上述の管理人の「たいしたことないじゃん」に対するツッコミは、
「いや比較対象が違うでしょ」が正解。

同じことをiPhoneで言うと「iPhoneは秒間7台売れる」という表現になります。
なんとなく凄そう。だけどよくよく考えると秒で表現って意味不明ですよね。

同じようなクリームの出荷台数で比較すると、6秒に1個が本当にすごいのかどうなのかが分かります。
管理人は面倒くさいのでやりませんが。

ただ、6秒に1個売れるのが何なのか、何がすごいのか、何一つ具体的なことは言っていないのに、
「私達のプロダクツはなんとなくすごいでしょ」感を出そうとしています。

6秒に1個などというしょーもなくて宣伝文句は、より分かりやすい「年525万個」という数字に
置き換えて検証される必要がありますね。

さてはて話がそれました、とりあえず応募しておきましょう。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

Message:投稿されたコメントは承認され次第表示されます。

PAGE TOP