当サイトは全て広告です。 Twitterで@setusokuをフォローする

キリン 新・一番搾り 350ml缶 2缶パックが抽選で1500名に当たる。~6/18。

スポンサーリンク


キリン 新・一番搾り 350ml缶 2缶パックが抽選で1500名に当たる。~6/18。

応募期間 2023年5月15日(月)12:00 ~2023年6月18日(日)23:59まで

※毎年恒例リニューアルしたので抽選キャンペーン再開へ。
下記は当時の記事ですが、どうせあんまり変わっていないですし、
変わったのはドリンクポエムだけですのでもう何でも良いかと。
とりあえず応募しておきましょう。

キリンの一番搾りが2017年7月下旬からリニューアル出荷したそうですが、
今なら2本パックが抽選で1500名に当たります。

さて、何が変わったのか、プレスリリースを見てみましょう。

味覚の進化:
麦のおいしいところだけを搾る「一番搾り製法」をベースに、麦汁濾過工程における濾過温度をより低温にすることで雑味・渋味を低減し、「麦のうまみ」がアップしました。さらに、酸味や甘い香りを抑制することで、より調和のとれた味わいを実現しました。開発工程においては、100名の技術員を動員し、1,000回を超える試験醸造を行い、“おいしさ”を追求しました。

「キリン一番搾り生ビール」をリニューアル|2017年|ニュースリリース|キリン

何だか数字で示して定量的にもっともらしさを出そうとしていますね。これはこれでいいのですが、
サントリードリンクポエムのような詩的感がありません。

なお、サントリーのプレミアムモルツリニューアル時に、中の人ドリンクポエマーが必死になって作文したであろう
ポエムはこちら。

中味は、当社こだわりの製法※1をさらに改良して、こだわりの素材であるダイヤモンド麦芽の“深いコク”とアロマホップの“華やかな香り”をより引き出しました。飲み始めから飲み終わりまでいっそう“深いコク”と“溢れだす華やかな香り”を感じていただけるように仕上げました。
※1 ダブルデコクション製法、アロマリッチホッピング製法
サントリービールの醸造技術を結集 新「ザ・プレミアム・モルツ」発売 2017年1月10日 ニュースリリース サントリー

改めて読むと、サントリーはカタカナ多めで感覚に訴えるポエム、キリンは漢字が多く硬めで上司に説明する
文章みたいですね。社風の現れでしょうか。
動画が流れて話題になりましたが、社風は飲み会にも現れるようです。
こんなところにも会社のカラーが出るとは、なかなかプレスリリースも読み比べると面白いものです。

ただ、恐らく言うほど味は変わらない(変わりすぎるとファンが離れる)のですが、
とりあえず飲んでみましょう。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
0 0 votes
この記事を評価する。
Subscribe
Notify of
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
0
なにか言いたいことがありましたら、コメントをどうぞ。x
()
x