PayPayモールで価格コムAndroidタブレット売れ筋No1のHUAWEI MediaPad T5 10がぶっちぎりの最安値セール。タブレットに本当に必要なのは防水機能。 | ニュー節約速報

logo

  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧


スポンサーズドリンク
本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


PayPayモールで価格コムAndroidタブレット売れ筋No1のHUAWEI MediaPad T5 10がぶっちぎりの最安値セール。タブレットに本当に必要なのは防水機能。

公開日: :   激安速報


PayPayモールで価格コムAndroidタブレット売れ筋No1のHUAWEI MediaPad T5 10がぶっちぎりの最安値セール。タブレットに本当に必要なのは防水機能。

正直、iPad以外のAndroidタブレットの進化が止まって久しい状況下で、何を好き好んでAndroidタブレット買うねん、
いわんやLTEモデルをや、という時代ですが、とりあえず安いのでご紹介。

【価格.com】タブレットPC | 通販・価格比較・製品情報にて売れ筋NO1(iPad除く)の、
MediaPad T5 Wi-Fiモデル AGS2-W09が16420円、ポイント等24%バックで実質12479円にてセール中です。

3-4年前まではコスパ抜群のHuaweiMediaPadでしたが、最近は進化が止まっているからなぁ・・・
なお、MediaPadにはMシリーズ、Tシリーズ、それぞれに3シリーズ、5シリーズがありますが、
それぞれの解説は次の通り。

3シリーズ 5シリーズ
Tシリーズ 貧乏人向けローエンド
コスパ:普通
ちょっとスペックアップしたけど
やっぱり貧民向け
コスパ:良好
Mシリーズ Tシリーズのような貧乏人向けとは違うのだよ、
という自負を持つ人向け。
コスパ:良好
Mシリーズの中でも最強。
コスパ:これ買うならiPad行け

というわけで、実はM3あたりを狙うのが一番コスパが良いかと。
T5はコスパが良いのですけど、流石にRAM2GBは今更ちょっと・・・と躊躇しますね。

ちなみにSoCはKirin 659。
ベンチマークソフトの「FutureMark、PCMark for Android Work 2.0」のスコアは4783。
適度なミドルレンジモデルとなります。

ROMは16GBとあってないようなもので、貧弱中の貧弱、ジョジョのDio様にタコ殴りされそうな勢いですが、
今ならmicroSDXC128GBが2000円も出せば買えるのであまり問題はないかと。

というわけで、メディアプレイヤーとして結構活躍するMediaPad T5ですので、興味ある人はポチってみましょう。
なお、ゲームは出来ません(スペック的に)のでご注意を。

実は防水機能が一番大事:

管理人もMediaPad M3を買いました。調子乗ってLTEモデルをポチってみましたが、
実際に使ってみたら、別にWi-Fiモデルでも全く問題なかった模様。
だってタブレット持ち歩く時は普通スマホ持ち歩いているので、テザリングでOKという問題。
関連記事:管理人がSIMフリーのHuaweiタブレット MediaPad M3プレミアムモデルを買った理由。機種選定基準。ZenPad 3 8.0との比較。 | ニュー節約速報

タブレットがLTE対応ならMVNO・SIMを挿して遊べるやん!と思うでしょう?管理人も思っていました。
ですが、普通の人がタブレットを取り出すのは、「概ね10-15分以上いじれる時間が確保できた場合」です。
電車で1-2駅のみ乗り継ぐようなせわしない時は、スマホで十分なんです。
そして10-15分以上タブレットを弄れる時は、スマホのテザリングをONにできるのです。

本当に重要なのは防水機能です。タブレットって寝モバやら電車内での使用が想定されていますが、
その次に使用が多いのが風呂場。また、台所でも結構使われるそうな。このときに重要なのは防水機能。

確かに世の中にはタブレット用防水ケースが存在しており、これに入れて使うから関係ないべ、
と管理人も思っていましたが・・・

現実問題、これに入れながら充電できないのですよ。当たり前ですけど。
充電するには、いちいちこの防水ケースから出さなきゃならない。そしてこの防水ケースは、幾重にも重ねられた
防水パッキンやらマジックテープから成り立っており、着脱がものすごくめんどくさい(とは言っても1-2分で済むけど)。

この手間が猛烈にめんどくさいので、実のところ、タブレットに一番必要なのは防水機能です。
タブレットそのものに防水機能があれば、流石に水没はダメですけど、風呂場や台所で使うぐらいならばOK。
防水タブレットならば、むき出しで運用して、電池が切れそうならば即座に充電できます。


というわけで、本当に買うべきは、MediaPad M3 Lite 10 wp、という末尾にwp(ウォータープルーフ)が付いたモデル。
PayPayモールで31800円でポイント20%程度付与。

ただ、wpモデルはファーウェイもあまりやる気がなくて、しかもベゼルがデカくて昔の富士通アローズタブレットのような、
ちょっと前時代的なダサいモデルなので、あまり買う気もしません。

防水機能を省略したTないしMシリーズを買うか、防水機能を持つwpモデルを買うか、ちょっと悩みどころ。
ただ、1枚あると2-3人で旅行の画像を見たり、結構役に立つかと。

興味ある人はポチってみましょう。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

Message:投稿されたコメントは承認され次第表示されます。

PAGE TOP