【悲報】総務省がAnkerとAUKEYのFMトランスミッターを電波法違反として認定。電波法おじさんが湧いてくるぞ。 | ニュー節約速報

logo

人気記事・今ホットな案件
  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン


【悲報】総務省がAnkerとAUKEYのFMトランスミッターを電波法違反として認定。電波法おじさんが湧いてくるぞ。

公開日: : 最終更新日:2021/02/11   改悪・値上げ・不祥事


【悲報】総務省がAnkerとAUKEYのFMトランスミッターを電波法違反として認定。電波法おじさんが湧いてくるぞ。

総務省は、「著しい微弱な電波ならばまぁOK」としている無線設備について、
実際に購入した試験した結果、「微弱じゃねーじゃん!はい、アウト!」という製品を公表しています。

総務省、Anker、AUKEYのFMトランスミッターを電波法違反認定 – ITmedia NEWS

なお、総務省の原文はこちら。
総務省 電波利用ホームページ|電波監視|無線設備試買テストの結果について

たまたまAnkerとAukeyがやり玉に挙がっていますが、原文を読むと、
「MUSON」「Shenzhen」「WouXun」「Fujian」「ROAV」など、どこかで見たメーカーも電波法に基づく
免許が必要な無線設備、つまり違反品として上げられています。

電波法おじさんがアップをし始めそうな案件ですね。

という訳で、これらの製品を持っている人は、大真面目に生きるならば廃棄するか、
免許を取るしか無いかも。現実問題は知らぬ間にそのまま使ってそう。

ちなみにアマゾンでは概ねの商品が在庫切れになっています。
総務省から「お前ら程々にしとけよ(ガチギレ)」と通知が行ったのか、
元々終売なのかは不明。

という訳で、これから買う人は電波法適合品かちょっと気にしたほうが良いかも。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

Message:投稿されたコメントは承認され次第表示されます。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)URLのみの場合、何か日本語で追記してください。

PAGE TOP