当サイトは全て記事に広告を含みます。 Twitterで@setusokuをフォローする

IIJmioでXiaomi 14 Ultraが15000円引きセール。ライカ共同開発のクアッドカメラ搭載。5/16 10時~。

スポンサーリンク

IIJmioでXiaomi 14 Ultraが15000円引きセール。ライカ共同開発のクアッドカメラ搭載。5/16 10時~。

Xiaomiのハイエンドスマートフォン、そしてカメラはライカとの共同開発となる
Xiaomi 14 Ultraが194800円、そこから新発売セールでMNP15000円引き、
179,800円にてセールとなります。


ちょっとレンズデザインの自己主張、激しくないですか?と思えるデザインです。
しかし、1インチセンサー搭載で画質にも期待できそう、


もはやここまで行くと、ダイヤルかと思えるレベル。


Xiaomiナノテクノロジーヴィーガンレザーを採用し、摩耗と汚れに強く、さらに耐久性を強化しました。


SoCはQualcomm®Snapdragon™ 8 Gen 3、RAM16GB、ROM512GBで、
基本的なスペックはしっかりとコストがかけられています。そりゃこれだけ金を払いますからね。

ただしおサイフケータイは未搭載です。

サイズ(幅×高さ×厚さ) 約75.3(W)x161.4(H)x9.2(D)?(mm)
重さ 約219.8g
カラー ●ブラック
●ホワイト
対応OS Android? 14ベースのXiaomi HyperOS
CPU Snapdragon 8 Gen 3 オクタコア最大3.3GHz
メモリ RAM:16GB / ROM:512GB
バッテリー 5000mAh
急速充電対応
90W ハイパーチャージ 33分で1~100%(ブーストモード)
ディスプレイ 約6.73インチ3200×1440(WQHD+)、リフレッシュレート 120Hz、有機EL(AMOLED)
5G
eSIM
カメラ アウトカメラ:5000万画素
(メインカメラ:5000万画素、ライカ23mm(f/1.63~f/4.0無段階可変絞り)、
光学式手ブレ補正(OIS)、1インチセンサーサイズ
+望遠カメラ:5000万画素、ライカ75mmフローティング(f/1.8)、
学式手ブレ補正(OIS
)+ペリスコープカメラ:5000万画素、ライカ120mm(f/2.5)、光学式手ブレ補正(OIS)
+超広角カメラ:5000万画素、ライカ12mm(f/1.8))
インカメラ:3200万画素(f/2.0)
サウンド機能 Hi-Res
通信速度 下り(受信時)最大4.14Gbps(5G)
上り(送信時)最大0.9Gbps(5G)
下り(受信時)最大1.6Gbps(LTE)
上り(送信時)最大200Mbps(LTE)
通信方式 5G: n1/2/3/5/7/8/20/28/38/40/41/48/66/77/78/79
LTE:1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28/38/40/41/42/48/66
3G:B1/2/4/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900MHz
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax/be (周波数帯域:2.4GHz/5GHz/6GHz)
Bluetooth? Bluetooth? 5.4
テザリング機能 対応最大接続台数:10台
対応SIM nanoSIM?/?nanoSIM
SIMカードスロット 2枚
DSDV機能
連続待受時間 LTE:約420.78時間 / 3G:約347.16時間
連続通話時間 LTE:約37.37時間 / 3G:約30.89時間
その他 GPS(Galileo/GLONASS/Beidou/NavIC) / NFC / 防水(IPX8) / 防塵(IP6X)
/ 近接センサー / 環境光センサー / 加速度計 / ジャイロスコープ /
電子コンパス / 赤外線ブラスター / 気圧計 / フリッカーセンサー /
X軸リニア振動モーター / レーザーオートフォーカス /
ワイヤレス充電(Qi規格互換 最大15W) / 顔認証 / 指紋認証
付属品 ACアダプタ(試供品) / USB Type-Cケーブル(試供品) /
SIM取り出し用ピン (試供品) / ソフトケース(試供品) /
クイックスタートガイド

スマホスペックは問題ありませんが、問題は価格。20万円弱の価格に見合う価値があるかどうか。
しかもNFC搭載とは言え、おサイフケータイなし。
これだけ金を払ってメインスマホとして使えないのは流石にギャグかな。

結局メインスマホを持ち運ぶ必要があるのならば、メインスマホ+大型イメージセンサ搭載の
高級コンデジを持ち運んだほうが、画質的には満足できる気もします。

ただ、A/Iでの塗り絵は、当然高級コンデジではなく、Xiaomiスマホに軍配が上がるでしょう。
どこを優先するか、ですね。

興味ある人はポチってみましょう。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
0 0 votes
この記事を評価する。
Subscribe
Notify of
5 コメント
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments

>おサケーなし
原爆プロモのシャオミさんだし、小日本の都合なんか知らんわwww ってとこでしょ

もはやカメラに携帯が付いてるみたいになってきたな

でもクソみたいな写真なんでしょう?

ライカ監修なら写真の品質は高い(はず)
これで写真ダメだったらライカが信用失うし

ソフバンあたりで投げ売りしたら検討かな

ヤフーショッピングで18万ポイント約1.2万還元。2万のカメラキットもついてくる。このクラスは値段が下がらないからプラス案件(為替考慮すると世界で一番安い価格設定)

5
0
なにか言いたいことがありましたら、コメントをどうぞ。x
()
x