PayPayで静岡県浜松市が30%バック。日本一の餃子の街を宇都宮市から奪還へ。11/1~11/30。 | ニュー節約速報

logo

人気記事・今ホットな案件
  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧


スポンサーズドリンク
本日明日の締め切りキャンペーン


PayPayで静岡県浜松市が30%バック。日本一の餃子の街を宇都宮市から奪還へ。11/1~11/30。


PayPayで静岡県浜松市が30%バック。日本一の餃子の街を宇都宮市から奪還へ。11/1~11/30。

PayPayが各地方自治体と提携してぶちまけるキャンペーンが全国いたる所で開催されていますが、
11月より静岡県浜松市でも開催されることになりました。

条件:
・上限は1000円相当バック/回、5000円相当バック/期間
という訳で、3333円支払い/回、16666円支払い/期間。

期間:2021年11月1日(月曜日)から11月30日(火曜日)まで

キャンペーン対象店舗:
・キャンペーン対象ポスターがあるお店(中小企業に多い)
・PayPayアプリから確認可能。

条件:
・PayPay残高またはヤフーカードを紐付けたアカウント、PayPayあと払いが対象です。
・その他のクレジットカード紐付けは対象外です。

さて、うなぎパイや餃子でも食べに行ってみましょう。
ちなみに、日本で一番餃子を購入するのは2020年は浜松市とのこと。

総務省が5日発表した2020年の家計調査で、浜松市の1世帯当たりのギョーザ購入額が宇都宮市を抑えて2年ぶりに日本一となったことがわかった。浜松市は16年まで3年連続トップだったが、17年と19年は宇都宮市が首位。日本一の「ギョーザの街」の座をかけて両市が10年以上にわたり競い合っている。

家計調査によると、県庁所在地と政令市のギョーザの1世帯(2人以上)当たりの購入額は、浜松市が3766円、宇都宮市が3693円、宮崎市が3670円だった。3位の宮崎市が2位の宇都宮市に23円差と肉薄するなど、例年になく接戦となった。購入額は持ち帰り専門店や小売店の総菜などが対象で、冷凍ギョーザや外食は含まない。
浜松市、20年ギョーザ購入額で首位 宇都宮市から奪還: 日本経済新聞

すごくどうでもいいですね。

興味ある人は行ってみましょう。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :

スポンサーズドリンク

0 0 votes
この記事を評価する。
Subscribe
Notify of
3 コメント
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments

狭山の(大阪)payは、電気屋さん(ジョーシン)が行けたと思う。

浜松はどこまで行ってもうなぎのイメージだな
宇都宮がたとえ2位でも餃子のイメージは変わらない


3
0
なにか言いたいことがありましたら、コメントをどうぞ。x
()
x
PAGE TOP