【本日更に+5%】楽天お買い物マラソンで買い回りの為だけにふるさと納税を最低金額でしまくって、「全ショップポイント10倍」を達成する方法。 | ニュー節約速報 【本日更に+5%】楽天お買い物マラソンで買い回りの為だけにふるさと納税を最低金額でしまくって、「全ショップポイント10倍」を達成する方法。 | ニュー節約速報

logo

  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン


【本日更に+5%】楽天お買い物マラソンで買い回りの為だけにふるさと納税を最低金額でしまくって、「全ショップポイント10倍」を達成する方法。

公開日: :   税金・確定申告


楽天お買い物マラソンで買い回りの為だけにふるさと納税を最低金額でしまくって、「全ショップポイント10倍」を達成する方法。

※12/25は楽天カード決済でポイント更に5%付与となります。
※今見たら1000円で寄付を受け付ける自治体が大量にあるので、
1000円×9件ほど寄付して、後は欲しいモノを買えばOKかと。

以下、2018年当時の記事:

割りとひど目のタイトルですが、そのまんまの方法を思いついたので考案します。

楽天のお買い物マラソンは1000円以上のショップを対象に、10ショップまで買い回りを行うと、
期間中に買ったすべてのお店(買い回りカウントを稼ぐために踏み台にしたショップも含む)が
ポイント10倍となります。

上限は1万ポイントとなります。

さて、楽天ふるさと納税も買い回りの対象ですので、色んな自治体に最低金額である1000円を寄付しまくり、
買いまわり数を稼ごうという裏技を紹介します。

名付けて「ふるさと納税買いまわり乞食技」です。

ふるさと納税の趣旨に反しているかもしれませんが、高額納税者がiPadやらJTBギフト券を転売して、
ウマウマしていることを思えば可愛いものです。

具体的な納税額とポイント付与額:

まず、楽天のふるさと納税の全商品安いもの順に並び替えたリストはこちらを参照してください。

熊本県菊池市、大分県日田市がそれぞれ1000円で返礼品なしの寄付を受け付けていますので、
これで2ショップ稼げます。

残念ながら残りは2000円以上のふるさと納税となります。
ただしうどんやそうめん、ジャム、飴が貰えます。別にいらないけど。
これで7ショップほど買い回りを稼ぎ、10ショップ目で本当に欲しい商品を買うことを想定しました。

必要な納税額は次の通り。

買いまわり数 対象 納税額
1 熊本県菊池市 1000
2 大分県日田市 1000
3 2000円の自治体 2000
4 2000
5 2000
6 2000
7 2000
8 2000
9 2000
10 本当に欲しいもの ?
合計 16000

よって、16000円ほどの寄付が必要です。

ふるさと納税買いまわり乞食技の収支は:

16000円のふるさと納税後に10ショップ目を買うと、既に納税した額である16000円分もポイント10倍になります。
よって1600ポイント還元となります。

一方ふるさと納税は制度上2000円の自己負担額がありますので、1600-2000=-400円。
このままでは赤が出てしまいます。

しかし、逆に考えると4000円以上の本当にほしいものを買い物をする場合、
本当にほしい商品も、もちろんポイント10倍ですので、黒が出る、というからくりです。
もっとも、本当に欲しい商品が4000円程度で、こんな面倒くさいことをする方はいないと思いますが・・・

なお、還元率1%の楽天カードを使用した場合、ふるさと納税16000円に対して160ポイントが付きますので、
差額は-240円。2400円以上の買い物が黒となります。

ふるさと納税買いまわり乞食技の注意点:

①上限は1万ポイント、つまり84000円の買い物まで。

楽天の買いまわりは、上限が1万ポイント付与までです。楽天ふるさと納税部分で1600ポイントを貰うため、
残りは8400ポイント、裏を返せば84000円分の買い物までがお得となり、それ以降は無効となります。

支出(円) 収入(税金還付) 収入(ポイント) 差し引き
楽天ふるさと納税買いまわり分 -16000 14000 1600 -400
本当に欲しい商品 -84000 8400 -75600
合計 -76000

上記の計算表はふるさと納税買いまわり乞食技を使い、84000円の商品を購入した場合、
実際の支出は76000円で済むことを示しています。

つまり、84000-76000=8000円のお得となります。
うーん、8000円お得になるために壮大な回り道をしてないか?と思った貴方、多分正解です。

②ふるさと納税の控除限度額が減る。

ふるさと納税の控除限度額は、年収によって決まります。この貴重な枠の中で、庶民があれこれ
通販の感覚で肉やら魚やらを選んで貰うと言うのがふるさと納税の醍醐味です。

この乞食技を使うと、16000円ほどの貴重な控除限度額が減ってしまいます。
確かに「うどんやそうめん、ジャム、飴」が貰えますが、どうせならばもうちょっと良い、
肉やら魚や酒を貰いたいところですよね。

そもそもふるさと納税のMAX還元率(現金化含む)は50%程度です。
16000円の枠を使って50%還元とすると、8000円。
あれ?乞食技のお得になる額と一致しました。偶然かな。

高額納税者が残った寄付額で、年末の買いまわりキャンペーンでやるぐらいならばちょうどいいかも。

③確定申告が必要になる。

ふるさと納税のワンストップ特例を利用すると、1年で5自治体までの寄附ですと、
書類を郵送する簡単な手続きで確定申告が不要となります。

一方、この乞食技は9自治体もの寄附を前提としており、もれなく確定申告が必要となります。
また、買いまわりキャンペーン毎に買いまわり件数がリセットされることから、
毎回ポイント10倍を目指そうとすると、9自治体×N回=27~54自治体への寄附が必要です。

よって、元々確定申告が必要な人以外は、この技はやめておいた方がいいかも。
もしくは、1000円で寄付できる2自治体のみ寄附とし、残りは通常の買い物で買いまわりを
考えたほうがいいかも。

色々壮絶な無駄を国・自治体・楽天を巻き込んでやっている気もしますが、
上手く使えば(多少は)お得になることがわかったこの乞食技、興味ある人はやってみましょう。
関連記事:ふるさと納税で日本旅行ギフト券、ピーチポイント、iPadを貰って高還元率3-5割を達成しよう。~12/31。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    同じ自治体に何回も寄付してカウントされるならワンストップ使えるからありかもしれない。それができないなら面倒すぎる。

  2. 匿名 より:

    自分で確定申告する人というのもそうだけど
    自分が欲しい物をもらわないと意味ないきがする
    特に得したいという人にとっては

  3. 匿名 より:

    自分はふるさと納税を数万払って残りを1000円の食品で埋めてるが、管理人は逆なんだな

  4. 匿名 より:

    楽天スーパーセールで5自治体にトイレットペーパーやら洗剤やら、水やらふるさと納税して、
    残りの5店舗で1000円ずつぐらい、日用品を1年分購入してる。こういうのとか、
    https://item.rakuten.co.jp/oralcare-dod/13124004/?s-id=ph_pc_itemname

    年間の日用品類の買い物をこれで完結させつつ、ポイント還元出来るのでちょうど良いよ。

    こういう人そこそこ居ると思ってたけど、他の人がどういう構成で買い物してるか知りたいわ。

  5. 匿名 より:

    寄付金額が2,000円以下の場合は、寄付金控除の適用外となります。って書いてあるやつは1000円のみの寄付だと損するのでは?

    • YutoriMan より:

      あ、たしかに。ただ、1000円寄付してもろくなものがもらえないから、実質的には1万円を一口とする納税になりますかね。

  6. クレクレ より:

    少額のやつだと返礼品がしょぼすぎ。
    コーヒー1杯とか。
    返礼率30%だがそれ以下と見受ける。
    無駄に納税枠を消費するのもどうかなと思う。

  7. クレクレ より:

    ふるさと納税で確定申告準備中。
    寄付金証明書だが、〇〇市という表示があるだけというのがあって困る。知名度の低いところだと、県名がわからない。
    申告するときは県の指定もいるので
    県名まで表記してもらえると助かる。

Message:投稿されたコメントは承認され次第表示されます。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)URLのみの場合、何か日本語で追記してください。

PAGE TOP