日本生命の女性職員、客120名の30万円分のポイントを勝手にアマゾンギフト券などに引き換えて不正取得、無事バレる。 | ニュー節約速報

logo

人気記事・今ホットな案件
  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン


日本生命の女性職員、客120名の30万円分のポイントを勝手にアマゾンギフト券などに引き換えて不正取得、無事バレる。

公開日: :   逮捕速報


日本生命の女性職員、客120名の30万円分のポイントを勝手にアマゾンギフト券などに引き換えて不正取得、無事バレる。

※すいません、誤記です。まだ逮捕はされていません。

日本生命の神奈川県で勤務する30代女性職員が、顧客の訪問時に暗証番号を不正に聞き出したり、
顧客が入力しているのを盗み見て記憶し、その後同社のポイントサイト「サンクスマイルメニュー」にて、
勝手にアマゾンギフト券やカタログギフトに引き換えて着服していた件について、
顧客が「勝手にポイントが減ってるぞ」と問い合わせたところ、敢え無くバレました。

この職員は、顧客を訪問し、契約内容の確認や各種手続きを行う際、同社の携帯情報端末「TASKALL(タスカル)」に契約者が入力する数字4ケタの暗証番号を盗み見たり、数字をつぶやいたりしているのを聞いて、暗証番号を覚えたという。その後、同社の「ご契約者さま専用サービス」(マイページ)にログインし、契約者のマイルをAmazonギフト券や電子カタログギフトと交換していた。

中略

同社の説明によると、120人の被害者のうち、すでに日本生命の保険を解約した顧客数人を除き、すべてのポイントを復元した。

日本生命で発覚「客のポイント使い込み」の唖然 | 保険 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

被害額は30万円相当、被害にあった人は120人程度とのこと。

それにしてもなんでこんなバレそうなことを、そしてたかだか30万円で人生を棒に振り、
あとは石を投げられながら元罪人として生きていく道を歩みますかね・・・
割りに合わない犯罪です。

という訳で、保険会社の職員や外交員相手に対しても、通知するべき内容、
しないべき内容(パスワード)などは確認の上、よくわからないことがあれば、
職員や外交員相手ではなく、支店の別の担当者や、コールセンターに確認しましょう。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    元記事みましたが、「現在もこの営業職員は同社に在籍しているという。」と書かれていたので、まだ逮捕されていないのでは?
    実名報道もされていないし。
    事件が発覚したのが今年の1月のようですが、他に同様の案件がないか、まだ調査中なのでしょうね。

    そもそも日生から年1回送られてくる「契約内容のお知らせ」を見ない人が多いんじゃないかな。
    「契約内容のお知らせ」の中に直近のポイント履歴が書かれているから、まずはそれで確認するべきでは?

  2. 匿名 より:

    女性だから許される風潮になりそうで怖いですね。

  3. 匿名 より:

    タスカル端末から不正に得たデータを使用したのですが、やっぱり助かりませんでした。

  4. デブオ夕 より:

    余談だが、昔ニッセイのおばちゃんに「名義貸し」してた。
    「生命保険会社がボロ儲け」するドル箱看板商品に、保険料を全額支払ってもらって2年間加入してた。
    オレも生命保険料控除を受けれるなどのメリットあるし、おばちゃんも保険料全額支払ってもプラスになるだけのインセンティブをもらってた。
    みんなマネすんなよ(笑

Message:投稿されたコメントは承認され次第表示されます。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)URLのみの場合、何か日本語で追記してください。

PAGE TOP