電力比較サイト「エネチェンジ」で電力会社比較をしたら、思ったほど安くならなかった。HISは5%OFF保証。 | ニュー節約速報

logo

  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧


スポンサーズドリンク
おすすめ記事
ここ、目立つ割にあんまり使ってないんだよね・・・なに書こうかな・・・(´・ω・`)

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


電力比較サイト「エネチェンジ」で電力会社比較をしたら、思ったほど安くならなかった。HISは5%OFF保証。

公開日: :   気になるサービス

電力比較サイト「エネチェンジ」で電力会社比較をしたら、思ったほど安くならなかった。HISは5%OFF保証。

最近やたら電力自由化の宣伝が気合が入っており、東急の駅で降りると、
やたら「東急でんき」の宣伝チラシがばら撒かれまくっているので、ちょっと気になって
電力比較サイト「エネチェンジ」にて比較してみました。

エネチェンジとは、電気代の明細があれば、契約種別・契約アンペア・今月の使用量(kWh)を
入力することで、住んでいる地域と電気の利用状況を元に料金シミュレーションを行い、
自分に最適な電気料金プランを安くなる順にランキング形式で紹介、
さらに提携電力会社への契約切り替えをワンストップで行えるスイッチングサービスを
提供してくれるそうな。

なお、個人情報や会員登録はいらないので、さくっと診断できます。
まぁ実際に申し込みの段階になれば、もちろん会員登録が必要でしょうけどね。

ちなみに関東一人暮らしで月電気代3000円で入力してみると、
どうやら東急パワーサプライの「東急でんき」にすることで、年間4873円ほど節約になるそうな。
そんなに安くなるの?嘘だろ?と思って検索してみると、うん、やっぱり嘘ですね。

条件:
・TOKYUカードで電気代を支払うこと。

まぁこれは許容範囲。

・イッツコム イッツコムでんき割を使用すること。なにそれ?
「インターネット、TVなどイッツコムのサービス加入内容によって、最大で毎月350円が
サービス利用料から割引になります」とのこと。待て待て、そんなサービス利用しないし、
勝手にプロパイダ変える前提で話進めんなや、と突っ込みたくなりましたが、
よーく割引プランを読むと、純粋な電気代は年673円(2%)割引、その他は東急のインターネット料金が
毎月350円安くなるとのこと。うーん、これはいらない。

その他、東急線のPASMO定期券購入やPASMOオートチャージサービス等で付与される
「電車とバスで貯まるTOKYU POINT」が2倍になるキャンペーンも開催中とのこと。
まぁこれもキャンペーンですので、知らぬ間に無くなってるんだろうなぁ。

HISは5%OFF保証

ちょっと気になったのが、H.I.S.グループのHTBエナジーが行う電力提供です。
「情報明示・料金明示を徹底した旅行商品で長年の実績を持つH.I.S.が電力販売をサポートいたします。」
とのことで、既存の電力会社より5%ほど安い値段が提示されています。
H.I.S.は電力販売店にもなります – エイチ・アイ・エスで電気にいいチェンジ

家族ぐらしの電気代5%OFFはまぁまぁデカイかも。管理人も申し込むならばHISかな。
どうやらHISは、変なポイント還元や光ファイバーセット販売は力入れておらず、
単純に5%OFFにしてやるぜ、とのこと。うむ、わかりやすい。

とりあえずエネチェンジで比較してみて、よくよく割引条件を確認して、申し込んでみましょう。


なお、東京電力の比較サイトはこれ。電力自由化に合わせて、東京電力もいろんなプランを
提供しており、利用状況によっては多少安くなるので、まずは診断してみましょう。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

Comment

  1. 通りすがり より:

    でもHISは縛りがありますから躊躇しますよね。

    • YutoriMan より:

      まー1年以内に解約すると9000円ですが、携帯電話と違って流石に自宅住所をほいほい変える人は少ないでしょう。

Message:投稿されたコメントは承認され次第表示されます。

PAGE TOP