ローソンでハーゲンダッツを買うと50ポンタが貰える。溜め込んだハーゲンダッツギフト券を消費しよう。ローソンお試し引換券の改悪の歴史。~5/31。

logo

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


ローソンでハーゲンダッツを買うと50ポンタが貰える。溜め込んだハーゲンダッツギフト券を消費しよう。ローソンお試し引換券の改悪の歴史。~5/31。

公開日: :   セール


ローソンでハーゲンダッツを買うと50ポンタが貰える。溜め込んだハーゲンダッツギフト券を消費しよう。ローソンお試し引換券の改悪の歴史。~5/31。

ローソンにてボーナスポンタキャンペーンで、ハーゲンダッツミニカップを買うと定価294円、
そこから50ポンタポイントがもらえます。

対象の味:
ミニカップ バニラ/ストロベリー/グリーンティー/クッキー&クリーム/マカデミアナッツ/チョコレートブラウニー
など

貰ったポンタポイントはローソンで1ポンタ=1円として使えるだけでなく、1ポンタ=3円ぐらいとして、
お試し引換券に交換可能です。

お試し引換券とは:
お試し引換券 | ポンタ | ローソン

ローソンお試し引換券とは

ローソンでは「お試し引換券」という無料で商品が貰える方法があります。
ローソン店頭にあるロッピーというATMに似た端末にPontaカードをスキャンさせ、ほしい商品を選び、
ボタンを押すとPontaポイントが消費されて、引換券が発券されます。

引換券と商品をレジに持って行くと、お金を支払うこと無く商品が貰えるというもの。
対象商品は日替わりで、主に火・木・金に更新されます。

対象商品はコーヒー・カップ麺・デザート・雑貨何でもありです。
新商品が対象になることが多く、メーカーの宣伝とユーザーの試したい気持ちがマッチしているわけですね。

なお、130円ぐらいの商品が40Pontaで引き換え可能ですので、1Ponta=3円程度となります。
予めローソンPontaカードに会員登録しておくと、130円ぐらいの商品が20Pontaで優先的に交換可能な
メニューが表示されるので、1Pontaの価値が上昇するという裏技もありますので、登録しておきましょう。

ローソンお試し引換券の改悪の歴史

なお、2005~2006年頃は、楽天ポイントを100ポイント単位ぐらいでローソンポイント(当時はPontaではなく、
ローソンポイントという今は消滅したポイント制度)に変換出来ました。

しかも当時は楽天のクリックしたら20ポイントキャンペーンなどで、ローソンポイントに変換できる
楽天通常ポイントを山のように配っていたので、楽天側を大量に複垢して楽天ポイントをもらいまくり、
ローソンポイントに変換して、ハーゲンダッツやプレミアムモルツを貰いまくるという、鬼畜な裏ワザが存在していました。
しかも当時は1日の発行制限枚数無し、しかも20-30ポイントで250円ぐらいのハーゲンダッツや
プレミアムモルツが際限なく貰えるという、まさに知る人ぞ知る裏ワザ状態でした。

段々とこの方法が有名になり、ロッピーの回線が混みだして、ロッピーの本業であるチケット販売にも
影響が出だしたので、1日1枚1店舗限定制限、1ローソンポイントの価値の切り下げ、
ローソンポイントをPontaへの統合、アルコールは17時配布開始(社畜さんも参戦しやすいようにする配慮)、
Web予約サービスなどが開始されました。

それと平行して楽天側では、配布するポイントは期間限定ポイントとし、ローソンポイントへの変換を封じ、
配布するポイントを減らし、また最終的には楽天⇒ローソンポイントへの変換は通常ポイントでも全面禁止され、
ローソンポイントがPontaへ統合されたのもあり、楽天⇒Pontaへの移行は完全に閉鎖され、
その歴史に幕を下ろしたのです。

今ではロッピー側の回線とスペックも増強され、かつてのハーゲンダッツ・プレモル祭りの時のように、
「0時前後からロッピーが全国的にビジー状態になる」という問題は回避され、1Ponta=2~3円ぐらいの価値で
落ち着き、乞食さんもそれほど殺到すること無く、企業とユーザーがお互いWin-Winなマーケティング活動を
行っているようです。

上記歴史を振り返りますと、やはり企業とユーザーがお互いWin-Winでないと、ウマウマな制度は長続きしないことが
分かります。その意味で、ウマウマな制度を見つけたら、規制される前にやりまくるべきですね。
「主婦が見るワイドショーで紹介され始めたらその制度の終わり」という言葉にもあります通り、
MNPキャッシュバックは有名になりすぎてもはや下火になりましたし、そろそろふるさと納税も
貰える優待などが減り、規制されそうな気がしています。

その意味で、漢方スタイルクラブカードの1.75%などはよく継続してあの還元率を実施できているな、と関心しますね。
企業努力でmarginを減らし、その利益をユーザーに還元することでユーザーが集まり、最終的には企業利益に
繋がるという、良質的な企業経営の鏡ですね。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

関連記事

no image

楽天で訳あり屋の「超訳あり1ケース」(謎)が1円で販売予定。

記事を読む

no image

アマゾンタイムセールでAukey モバイルバッテリー 20000mAh Micro / Lightning入力2ポート装備 PB-N36が1599円。

記事を読む

no image

アマゾンで味の素 毎日栄養オイル ビタミンK2&ビタミンD 250gが1058円⇒580円

記事を読む

魚べい・元気寿司アプリで30%オフか30円引きとなるクーポンを配信中。〜10/27。

記事を読む

アマゾンでQuick Charge 3.0対応 Tronsmart Presto(入出力 QC3.0 & Huawei FCP対応 5.4A出力 10000mAhが2389円⇒1890円。

記事を読む

アマゾン特選タイムセールでJIGGYS SHOPのカーディガンやスキニージーンズが投げ売り中。

記事を読む

ひかりTVショッピングでPlayStataion4、PSVita、ZenFone、HuaweiMediaPad、Mate9,VAIOPhoneやSIMフリースマホ、家電などがポイント数千ポイントバラマキ中。実質価格はかなり割安。高額領収書メーカーとして大活躍。

記事を読む

アマゾンタイムセールでAnker USB-C & Micro USB 2個セットが投げ売り中。

記事を読む

アマゾンタイムセールでAUKEY スマホUSB充電器 10台同時急速充電可能 Quick Charge 3.0対応 PA-T8が4299円⇒1999円となる割引クーポンコードを配信中。

記事を読む

アマゾンタイムセールで「Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード」が1899円⇒1449円。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP