【本日限定】Fire 7inch、Fire HD 8が5000円引き。スペック比較とGooglePlayアプリの入れ方。

logo

  • GRADDでセレクトショップが安い。

  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


【本日限定】Fire 7inch、Fire HD 8が5000円引き。スペック比較とGooglePlayアプリの入れ方。

公開日: :   セール

【本日限定】Fire 7inch、Fire HD 8が5000円引き。スペック比較とGooglePlayアプリの入れ方。

本日限定でFireシリーズが5000円引きにて販売中です。

セール表:

種類 定価 セール価格
Fire 8GB 8980 3980
Fire 16GB 10980 5980
Fire HD 16GB 12980 7980
Fire HD 32GB 15980 10980

AmazonFireシリーズ比較表:

項目 Fire Fire HD 8 備考
ディスプレイサイズ 7インチ 8インチ HD
解像度 1024 x 600 (171 ppi) 1280 x 800 (189ppi) HDに軍配
プロセッサ クアッドコア最大1.3GHz クアッドコア最大1.3GHz 意外と変わらん
メモリ 1GBRAM 1.5GBRAM 差あり
オーディオ モノラルスピーカーマイク Dolby Atmos
デュアルステレオスピーカーマイク
HDに軍配
ストレージ 8/16GB 16/32GB
microSDスロット 200GBまで対応 200GBまで対応 microSDがあるので
容量の低い方でOK
カメラ フロントカメラ フロントカメラ
+2メガピクセルリアカメラ +2メガピクセルリアカメラ
Wi-Fi シングルバンド デュアルバンド a/b/g/n どうせ大したことしないので、
ついていればOK
バッテリー 7時間 12時間
サイズ 191 x 115 x 10.6mm 214 x 128 x 9.2mm
重量 313g 341g
Blue Shade
ブルーライトカット機能
両方あり

FireOSのアップデートで、いつの間にかKindle本・コミックがmicroSDカードに保存できるように、
発売当初から変更されています。よってストレージはFire、FireHD8どちらのモデルを買うにしても、
小さい方でOK。

FireHD8 16GBが買い:

という訳で、Fire、FireHD8で比較すると、解像度、メモリ、オーディオ、Wi-Fi、バッテリーで
FireHD8が有利ですね。

Fire8GBが3980円、FireHD16GBが7980円ですので、4000円の価値はFireHDにあるかと。

8インチサイズのタブレットを管理人も持っていますが、マルチメディアビューワーとしての
タブレットとして機能を果たす上で、1280 x 800 (189ppi)は最低限必要です。
またスピーカーがFireがモノラル、HDがステレオというのはデカイ差となります。

リビングやら自室で音楽や動画を鑑賞する際、モノラルスピーカーってあまりにも悲しいでしょう?
せめてイヤホン無くステレオで聞きたいでしょう?人間の耳は2つあるんですから。
今時モノラルスピーカーで事足りるのは、電話ぐらいです。


という訳で、買うならばFire HD 16GBを買えばOK。
ストレージはmicroSDXC64GBが2500円出せば買える時代です。
本体16GB差に3000円の価値はありません。
だってFireHD8 32GBをとりあえず買ってみて、飽きてしまう、壊れる、やっぱりいらない、
と言うのはよくあります。その場合、32GBに投資した10980円はまるまる無駄になります。

一方、16GBを7980円で購入し、とりあえず使ってみて、「ストレージ足りないな」ということで、
追加でmicroSDを購入後に飽きたとしましょう。
そうすると、無駄になるのは16GB本体代7980円のみであり、追加で購入したmicroSDは
他のデバイス、スマホなどに使いまわし出来ます。

そもそもFire HD 16GBに7980円の価値があるのか、タブレットは自分の生活に必要なのか、
という問題ですが、たかだか7980円、飲み会2回分のデバイスです。
買ってから、ポチってからとりあえず使ってみて悩みましょう。

やっぱりいらんわ、と思ったらヤフオクで売りましょう。
多少使ってもヤフオクで3000-5000円で売れるでしょう。

アマゾンFireにGooglePlayアプリは入るのか。

まぁ細部はググっていただくとして、概ね出来ます。

GoolePlayアプリのインストール:

下記apkを何処かから拾ってくるか、自分で用意する。

①Googleアカウントマネージャー.apk
②Google_Play開発者サービス.apk
③Googleサービスフレームワーク.apk
④Google_Playストア.apk

あとはGoogleアカウントの設定をGUI上で行えば、普通にインストールできるそうな。

AndroidOS化出来るのか、という点では本ブログの範疇を超えますが、
root化してXDA-Developersからカスタムrom(いわゆるカスロム)を拾ってきて焼く、
という作業が必要になります。

いずれにしてもスクリプトキディであれば簡単にできそう。

という訳で、欲しい人はポチってみましょう。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

Message:投稿されたコメントは承認され次第表示されます。

PAGE TOP