サムスンがGalaxy Note9を発表へ。Bluetooth対応Sペン搭載。6.4インチ/スナドラ845/RAM6GB・8GB/ROM128GBor512GB/デュアルカメラ。 | ニュー節約速報

logo

  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


サムスンがGalaxy Note9を発表へ。Bluetooth対応Sペン搭載。6.4インチ/スナドラ845/RAM6GB・8GB/ROM128GBor512GB/デュアルカメラ。

公開日: : 最終更新日:2018/08/11   携帯関連・料金プラン技


(エクスパンシス)サムスンがGalaxy Note9を発表へ。Bluetooth対応Sペン搭載。6.4インチ/スナドラ845/RAM6GB・8GB/ROM128GBor512GB/デュアルカメラ。 icon

サムスンが日本時間の8/10に開催したGalaxy Unpackedイベントにて、最新鋭のギャラクシーノート9を
発表しました。

ちなみにサムスンのギャラクシーシリーズの2018年第1四半期の出荷台数は7856万台で世界NO1。
2位がアップルで5405万、3位がHuaweiで4043万。既に世界最大のスマホメーカーです。

さて、今回のGalaxy Note9の特徴を見ていきましょう。


今回はCPU冷却用のカーボンを内部部品として追加し、発熱を抑えてゲームを安定して遊べる
「ゲーミングスマホ」として売りに出すそうな。


Bluetooth対応Sペン搭載。


ほぼ縁無しのInfinity Displayを搭載。上部の虹彩認証用カメラを出来る限り目立たぬよう設計したとのこと。


結構カクカクしたデザイン。


Sペンはこんな感じで格納可能。先端0.7mm、筆圧レベル4096段階を検知可能で、
紙にペンで書くような感覚を味わえるそうな。


4000mAhのバッテリー搭載でワイヤレス充電可能とのこと。

NOTE9とNOTE8のスペック比較:

GALAXY NOTE9 GALAXY NOTE8
OS Android 8.1 (Oreo) Android 7.1.1(Nougat)
画面サイズ 6.4インチ 6.3インチ
解像度 2960 x 1440(516ppi)
18.5:9
2960 x 1440 (521ppi)
ディスプレイ Quad HD+ Super AMOLED
ゴリラガラス
Quad HD+ Super AMOLED
プロセッサ Snapdragon 845 or Samsung Exynos 9810 Snapdragon 835
RAM 6GB or 8GB
※日本語ページには6GB
6GB
内蔵ストレージ 128GB or 512GB
※日本語ページには128GB
64GB
microSD 最大512GB 最大256GB
前面カメラ 8 MP, f/1.7, 25mm, 1/3.6", 1.22μm, AF 8 MP, f/1.7, 25mm, 1/3.6", 1.22μm, AF
背面カメラ 12 MP, f/1.5-2.4, 26mm, 1/2.55", PDAF, OIS
12 MP, f/2.4, 52mm, 1/3.6", AF, OIS, 2x光学ズーム
12 MP, f/1.7, 26mm, 1/2.5", PDAF, OIS
12 MP, f/2.4, 52mm, 1/3.6", AF, OIS, 2x光学ズーム
LTE Cat.18 Enhanced 4×4 MIMO, 5CA Cat.16 4×4 MIMO, 4CA
WiFi 802.11ac 802.11ac
Bluetooth 5.0, A2DP, LE, aptX v5.0
認証センサー 虹彩認証、顔認証、指紋認証 虹彩認証、指紋
バッテリー容量 4000mAh 3300mAh
寸法 161.9 x 76.4 x 8.8mm 162.5 x 74.8 x 8.6mm
重さ 201g 195g
S-Pen 106.37 x 5.7 x 4.35mm、3.1g 106.4 x 5.8 x 4.2mm、2.8g
その他 イヤホンジャックあり。
IP68防水防塵
※30分の水没に耐える防水対応
DSDS対応(のタイプも有る)
イヤホンジャックあり。
IP68防水防塵
※30分の水没に耐える防水対応
DSDS対応(のタイプも有る)

サイズが0.1インチ大きくなり、CPUが若干進化、その他微妙なアップグレードというところでしょうか。
現状ではSamsung Galaxy S9+ (SDM845/6GB)がベンチマークソフトの「FutureMark、PCMark for Android
Work 2.0」の
スコアで6168と2位ですので、おそらくその前後のスコアを叩き出すことになるかと。

発売日・価格:

国内発表は未定です。
グローバルは2018年8月10日に予約受付開始で、8月24日に発売とのこと。
日本に来る際にはキャリアが絡むので数ヶ月は遅くなります。

グローバル価格は6GB・128GBモデルが999.99ドル(約11万円)、
8GB・512GBは1,249.99ドル(約13.8万円)とのこと。

という訳で、国内キャリアからは秋冬モデルとして投入される可能性もあります。
早く欲しい人はEXPANSYSやETORENで漁って見るのみ良いですし(技適注意)、
国内の毎月の割引(月々サポート)を満載で買いたい人は、もう少し待ってみましょう。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

関連記事

SIMフリー端末のOppoが「R17 Pro」「AX7」を無料貸出サービスを開始。保険料1000円で14泊15日が利用可能。

記事を読む

MVNOのmineoが「mineoスイッチ増速ウィーク」で通信制限を200kbps⇒500kbps~1Mbpsに引き上げ。6/10~6/23。

記事を読む

BIC SIMとビック光がビックポイントで支払い可能へ。新規申し込みで3000ポイント付与。6/21~。

記事を読む

ドコモ口座残高でドコモ料金を相殺した結果、請求が0円へ。

記事を読む

イオンモバイルが音声/データの30GB以上のプランを値下げへ。既存ユーザーも対象。7/1~。

記事を読む

【完全勝利】UQコミュニケーションズに賠償命令。ギガ放題は嘘だった。実際には速度制限が実施。賠償金は2万円。【最高裁受理せず2019/6/7】

記事を読む

Apple 仙台一番町店舗跡地に「楽天モバイル 仙台一番町店」が進出へ。ワロタ。聖地の跡地が汚される。7/12~。

記事を読む

SONY Xperia 1が正式発表へ。6.5型有機EL・4K/SD855/RAM6GB/ROM64GB/IP65防水/おサイフケータイ対応。ついにミラーレスのα技術がXperiaに移転。ドコモ版が10.3万、発売が6/14~。

記事を読む

楽天モバイルでau回線が事務手数料3406円⇒無料キャンペーンを実施中。維持費はドコモと同じ。~9/30 10時。

記事を読む

総務省が携帯電話の2年縛り違約金を上限1000円とする方針へ。総務省は常に無能。

記事を読む

Message:投稿されたコメントは承認され次第表示されます。

PAGE TOP