中国製スマホOppo R11sが国内販売へ。2/9~。一方富士通は事業売却して撤退へ。 | ニュー節約速報

logo

  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


中国製スマホOppo R11sが国内販売へ。2/9~。一方富士通は事業売却して撤退へ。

公開日: : 最終更新日:2018/07/17   携帯関連・料金プラン技

中国製スマホOppo R11sが国内販売へ。2/9~。一方富士通は事業売却して撤退へ。

世界4位、アジアではNo1のシェアを誇るOppoですが、ついに日本市場に参戦することになりました。
一方、富士通の携帯電話部門は部門ごと売却されてドナドナ。これが国力の差というやつでしょうか。。。
悲しいなぁ。


さて、今回日本市場に投与されるフラッグシップモデルのR11sのスペックは次の通り。
6.01インチ(2160×1080)/Snapdragon 660/RAM4GB/ROM64GB/DualSIM/DualCamera(20MP+16MP)
ベンチマークソフトの「FutureMark、PCMark for Android Work 2.0」のスコアは5800前後と、
そこそこのハイスペックモデルとなります。


指紋センサーも搭載されています。


画面解像度は18:9で、画面占有率は85.8%の挟縁液晶を搭載。
フランスのWikoを思い出させる端末です。
関連記事:楽天のgooSIMsellerでフランス産アスペクト比18:9のミドルレンジスマホ「Wiko VIEW」を25272円で発売へ。


端子はmicroUSBとのこと。

なお、OSがAndroid 7.1ベースのColor OS 3.2を搭載しており、なんでそんな余計なことをするんじゃ、
と突っ込みたくなります。ただ、全般的にiOS/iPhoneを意識したGUIが採用されており、
アップルユーザーを取り込もうとする強い意志が感じられます。

GmailやGoogleMapなどの純正アプリはインストール済みで、GooglePlayストアも普通に使えるため、
少しホームアプリが違うAndroid、という印象かと。

値段は6万円台ということで、Asus ZenFone 4 ZE554KLとほぼ同じスペックながら、
少しお値段高めかも。

興味ある人は発売されたらポチッてみましょう。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

Message:投稿されたコメントは承認され次第表示されます。

PAGE TOP