DTI SIMのベンチマーク結果は東京23区内で下り2.5Mbps,上り12Mbpsぐらい。LINE、Edy、モバイルSuicaはそのまま使えたぞ。

logo

  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


DTI SIMのベンチマーク結果は東京23区内で下り2.5Mbps,上り12Mbpsぐらい。LINE、Edy、モバイルSuicaはそのまま使えたぞ。

公開日: :   携帯関連・料金プラン技


DTI SIM
のベンチマーク結果は東京23区内で下り2.5Mbps,上り12Mbpsぐらい。LINE、Edy、モバイルSuicaはそのまま使えたぞ。

データ通信3GBまで6ヶ月間無料で通信でき、6ヶ月後に解約するとお金がかからない無料キャンペーンを
開催中のDTISIMですが、管理人の手元に届いたのでご報告。

九州からメール便ではるばる到着しました。申し込みから土日含めて4-5日で到着という、
なかなかのクイックレスポンスです。なお、身分証明証は不要でした。
このSIMで犯罪予告とかしちゃあダメですよ。

申し込みはこちら。
DTI SIM 半年間無料キャンペーン

開封の儀:


こんな感じでSIMパッケージが到着。左側の切り抜かれた部分に、SIMカードの台紙がついています。


これだDTI SIMカード台紙。コストダウンなのか、何も印刷なし。
裏側にはシリアルIDみたいなのがついていますが、特に不要なので捨てましょう。


管理人はnanoSIMを申し込みましたので、アマゾンで買ったSIMアダプタを使用してドコモスマホに突っ込みます。
ハマり具合は上々です。


こんな感じでドコモのAndroidスマホにて使用してみました。

DTI SIMの設定:

①まず、電源を切って今入っているSIMを取り出します。
②DTI SIMをSIMアダプタをかましてスマートフォンに挿入します。
③設定⇒無線とネットワーク⇒その他⇒モバイルネットワーク設定⇒アクセスポイント名を選択し、
メニューボタン⇒新しいAPNを選択します。
※ここでドコモユーザーはspmodeが既に登録されているかも。
※無視して、新規登録しましょう。

で、各項目を入力します。

名前 任意(例:DTI)
APN:dti.jp
ユーザー名: dti
パスワード: dti
認証タイプ: CHAP または PAP
PDPタイプ: IP ※Android4.4.2では設定不要。
ダイヤル番号: *99***1#※Android4.4.2では設定不要。
その他よく分からない、プロキシ、MMSCやMMSプロキシ、MCCは未設定でOKです。

これであっけなくMVNOがデータ通信を開始します。なお、管理人は最初はLTEを掴まず、
HSDPAしか掴みませんでしたが、再起動したらあっさりLTEを掴みました。
SIM設定を行ったらとりあえず再起動、元のドコモSIMに戻しても再起動と覚えておきましょう。

DTI SIMの速度計測結果:


DTI SIMのRBB TODAY SPEED TEST結果となります。

計測場所は東京23区内、朝の11時半ごろに測定し、3回の平均を取りました。
なお、スマートフォンを起動して、他のアプリが起動していないメモリクリアな状態で計測しています。
平均してダウンロード2.5Mbps、アップロード10Mbpsぐらいという、何故かアップロードの方が早い結果に。


対して、ドコモ純正XiSIM。下り平均18Mbps、上り平均12Mbps。
うーん、上りはだいたいSIMに限らず12Mbps程度がスマートフォンの限界なのでしょうか。

LINE、Edy、モバイルSuicaなどのおサイフケータイは?

まず、普通にChromeブラウザやメーラー、マップなどは使えますし、GPS衛星も普通に掴んで、
位置表示ができます。

問題となりそうなのは、LINEなど電話番号に紐づく?サービスと、SIMに紐づくおサイフケータイサービスです。
結果として両方共問題なく使えました。
LINEは特に過去ログなども含めてリセットされることもなく、Edyは普通に残高参照、
そして楽天ポイントからEdyへの交換もOK、モバイルSuicaは残高参照及び利用履歴照会が
普通にできましたので、特に障害なくMVNOに移行できそうです。

ここまでさっくり設定できるのであれば、もうキャリア回線に用はないかも。
簡単すぎるわ。。。管理人はSony Ericsson時代の初代WindowsMobile6搭載のXperia(日本未発売)を
英国expansysから輸入して、ソフトバンクの銀SIMで誰かが解析したapnやらpassで
open.softbank.ne.jpやらozRt8n29Ra1Psd07やらmailwebservice.vodafone.ne.jpやらで接続し、
UA偽装したりして必死にMMSを受信して、翌日の請求が確定してパケット定額の対象になるのか、
ならないのかという賭けをしていた頃が懐かしいな。。。

申し込みはこちら。
DTI SIM 半年間無料キャンペーン

関連記事:
無料のDTI SIMが「通信速度制限の緩和」と「データ容量繰り越しサービス」で更に使いやすくなったぞ。~6/30。

DTIのデータ通信3GB無料SIMに申し込んだぞ。1日で発送、身分証明証不要なクイックレスポンス。クレカさえあれば3GB無料。

DTIの3GB無料SIMに申し込むと、法人専用割引サービス「クラブオフ」に無料で入会可能。ジェフグルメカードが485円でクレカ決済可能。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

関連記事

DMMモバイルがSNSカウントフリー無料、10分かけ放題開始、新規事務手数料無料、DMMポイント10%還元セールを開催中。~11/30。

記事を読む

モトローラが5.2型Androidスマートフォン「Moto G5S」を28800円で発売へ。10/20~。

記事を読む

ソフトバンクがAndroidもiPhone同様に半額となる「半額サポート for Android」を開始予定。ただし永遠に縛られて端末は没収。

記事を読む

ドコモがZTE製2画面搭載スマートフォン「M Z-01K」を発表へ。ただしディスプレイは折りたたみ時に外向き。2018年1月~。

記事を読む

Huawei Mate10/10Proのスペックが明らかに。無印は日本発売なし、Proはイヤホンジャック/microSDなしの10万超え。オワタ。

記事を読む

MVNOのmineoで音声通話SIMが月410円で維持できる「大・大盤振る舞い」キャンペーンを開始。12ヶ月900円引き、音声も違約金なし、アマゾンギフト券も貰える。~11/9。

記事を読む

ひかりTVショッピングでOCN モバイル ONEのMVNO SIMに申し込むと、5000円キャッシュバック。~10/31。

記事を読む

Huawei Mate10が今まさにミュンヘンで発表会中。Kirin970、5.9インチ液晶でiPhone8 Plusよりコンパクト。

記事を読む

DMMモバイルに申し込んでみた。テザリングでもバースト通信出来ると良いな。LINE Payカードで申し込みは可能。

記事を読む

au Design project 15周年展覧会開催記念出版物「ケータイの形態学」がWEBで無料公開中。

記事を読む

Comment

  1. みかんたろう より:

    私も測ってみました。
    2月11日夜9時40分〜、東京23区内某駅前。
    上り:2.57, 1.14, 1.22 Mbps
    下り:0.37, 0.39, 0.39 Mbps
    ちなみに、他のキャリアは、こんな感じです。
    au 上り:82.45, 31.16, 37.09
    docomo 上り:8.23, 15.30, 21.62
    mineo(A) 上り:39.96, 36.54, 30.17
    mineoは本家と同程度で、思ったより頑張ってます。比べてDTIは、速度からしたらかなり割高で、あまりオススメできる回線ではなさそうです。
    ※ 駅前なので、電車待ちの人と回線の奪い合いになるのか、ばらつきが大きいかもです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP