Huaweiの過去のスマホも米政府のライセンスTGL期限切れでアップデート不可能になる可能性。 | ニュー節約速報

logo

  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


Huaweiの過去のスマホも米政府のライセンスTGL期限切れでアップデート不可能になる可能性。

公開日: :   携帯関連・料金プラン技


Huaweiの過去のスマホも米政府のライセンスTGL期限切れでアップデート不可能になる可能性。

現行のHuaweiの新モデル、P40 lite以降などはGMS(Google Mobile Service)が使えず、
中華圏以外では単なる文鎮やフリスビーの役割しか果たせませんが、いや流石にそれは言い過ぎとして、
これまでは旧機種であるP30 lite以前などはGMS及びセキュリティアップデートなどが
利用可能でした。

これは米国政府の一般許可証(TGL)の有効期限が繰り返し延長されていたためであり、
GoogleもTGLがあったからアップデートを提供していた、とのことです。

さて、このTGLが8月13日にて失効し、これ以上のアップデートは不可能となる可能性が
報道されています。

これは現行のHuaweiユーザーにはとてもまずい結果に、OSのアップデートが来ないという話ではなく、
GmailやらChromeやらのセキュリティアップデートが受け取れない可能性があります。

今回確認が取れたのは「TGLが期限切れ」という事実と、Googleが「TGLがある限りアップデート配信を許可する」大原則のみ。後日、商務省があらためて延長を発表する可能性もあり、Googleサービス入りファーウェイ端末愛好者は希望を繋ぎたいところです。

from engadget

という訳で、日本のユーザーは続報を待ちたいところ。

流石にGMSが使えないP40 lite以降は買う気がしないので、できればP30 lite世代が陳腐化する、
あと1年ぐらいは待ってほしかった、そうすれば買い替えのタイミングで非中華製メーカーに移動することが
現実的だったのですが・・・間に合わないかも。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    AndroidそのもののアップデートはZenfoneでも2回くらいしかありません。
    アプリについては、ブラウザはFirefox、メールはSparkを使えばいいのではと思います。

    • YutoriMan より:

      うーん、意地でもHuaweiを使いたい意志でもないとな。。
      マイナンバー系アプリも動かないとか。これは機種依存かも。

  2. 匿名 より:

    初めて買ったスマホがP9Lite
    konozamaで買ったの今も使ってます(´;ω;`)

  3. 匿名 より:

    各種更新不可だけならまだ時間的猶予があるが、11月のアメリカ大統領選挙ではトランプが圧勝するだろうから、次の一手はGMS遮断だろうな。そしたらHuawei端末は即文鎮化する。文鎮化したHuawei端末に対して国内キャリアがどう対応するのかが見ものだ。

  4. 匿名 より:

    うちのファーウェイ機。
    昨日は2件、本日は9件のアプリアップデートが来ていました。もちろん全件更新しておきました。
    すぐにBANと言う事ではなさそうな雰囲気。

  5. 匿名 より:

    banはないだろうけど、今後googleによるディベロッパーキットなどの動作検証はすべて外れるわけだから、推して図るべし。
    osはもちろん各種アプリのアップデートも保障されなくなるだろうよ。

  6. 匿名 より:

    これから先、HUAWEI機がどのような挙動を示すか楽しみだなあ。

Message:投稿されたコメントは承認され次第表示されます。

PAGE TOP