ワイモバイルが料金据え置きで低速時128kbps⇒最大1Mbpsに増速、更に1GBプラスへ。7/1~。 | ニュー節約速報

logo

人気記事・今ホットな案件
  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


ワイモバイルが料金据え置きで低速時128kbps⇒最大1Mbpsに増速、更に1GBプラスへ。7/1~。

公開日: :   携帯関連・料金プラン技



ワイモバイルが料金据え置きで低速時128kbps⇒最大1Mbpsに増速、更に1GBプラスへ。7/1~。

ワイモバイルが2020/7/1からスマホベーシックプランM/Lを改定し、
データ通信容量を使い切った際に従来の128kbpsから最大1Mbpsに増速し
更にお値段据え置きで1GBプラスとすることを発表しました。

スマホベーシック スマホベーシック スマホベーシック
プランS プランM プランR
高速データ通信容量 3GB 9GB→10GB 14GB
「データ増量オプション」適用時
(月額500円)
4GB 12GB→13GB 17GB
低速時 最大128kbps
⇒変更なし
最大128kbps
→最大1Mbps
通話料 10分以内の国内通話は無料
基本使用料 2,680円 3,680円 4,680円
新規割(6ヶ月間のみ) -700円

・プランSは最大速度変更なし。
・プランMのみお値段据え置き1GB追加。

というわけでプランMが一番コスパが高い結果に。

UQモバイルとワイモバイルの比較:

ここでUQモバイルの料金と比較してみます。
UQモバイルも2020/5/27より楽天モバイル対抗のスマホプランRを新設していますからね。


UQモバイルは月10GBで2980円、低速時でも1Mbps:

スマホプランS(既設) スマホプランR(新設)
料金 1980円 2980円。
容量 3GB  10GB 
低速時 最大300kbps 最大1Mbps

ちなみにUQモバイルは通話料が有料ですが、通話オプションをつけると+2GBが貰え、
更に通話料が割引となります。

UQの選べる通話オプション:

通話オプションは3つから選べます。
・月額500円で60分の無料通話が付与。
・月額700円で1回10分までの国内通話がかけ放題。
・月額1700円で国内通話がかけ放題。
ちなみに通常の電話代は、30秒20円税別となります。

10分かけ放題で2年間で比較すると:

月額料金
ワイモバイル(10GB) UQモバイル(12GB) ワイモバイル(13GB)
基本料金 3,680 2,980 3680
オプション 0 700 500
合計 3,680 3,680 4,180
24ヶ月の料金
基本料金 84,120 71,520 84,120
オプション 0 16,800 6,000
合計 84,120 88,320 90,120

※UQモバイルは通話オプションをつけるので+2GB、合計12GB通信可能。
※ワイモバイルは6ヶ月間700円引きなので、24ヶ月料金に割引を反映。
※ワイモバイルは「データ増量オプション」が1年間500円引きなので24ヶ月料金に割引を反映。

というわけで、自分がどれだけ通信するかでキャリアとプランを選べばいいかと。
言うほど大差ないので、auが好きかソフトバンクが好きか、どちらかで選んでもいいかと。

iPhoneSEを利用したい人は、アップルストアやビックカメラなどで買ってきて、
UQモバイル/ワイモバイルを挿すのが、現状で最安値近く、
速度もそこそこで一番満足度が高い運用となります。





スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

関連記事

楽天モバイルUN-LIMITでiOS版「Rakuten Link」アプリがリリースへ。これで電話が無料。7/8~。

記事を読む

楽天モバイルのUN-LIMIT申込みでポイント10倍。~7/11 2時。

記事を読む

LINEモバイル料金が20%還元へ、Visa LINE Payクレジットカードの支払で。初月プラン水増し作戦で6ヶ月実質1000円で維持可能。~7/31。

記事を読む

UQ mobileが楽天モバイル対抗でスマホプランRを新設へ。月10GBで2980円、低速時でも1Mbps、SIMのみ契約で3000円~1万円キャッシュバック。5/27~。

記事を読む

【再開】ヤマダ電機とU-NEXTが新MVNOサービスとして「y.u mobile」を提供開始へ。13ヶ月契約で15000円キャッシュバック。7/1~11/30 12時。

記事を読む

Ponta⇔dポイント交換が終了へ。auポイントとの交換ルートが塞がれる。リクルートカードに影響が出る。~9/30 23:30。

記事を読む

【今日まで】BIGLOBE SIMが音声通話SIM半年間無料へ。新規事務手数料もポイント還元、月額も無料。4/1~6/30。

記事を読む

【最終日】楽天モバイルでダイヤモンド+1500P、プラチナ+1000P、ゴールド+500Pが契約で貰える。~6/30。

記事を読む

【7/1 朝9時まで】楽天モバイルでウマウマ出来るキャンペーンまとめ。

記事を読む

LINEモバイル新規契約で15000円相当LINEPayが貰える。6/19~。

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    両者とも大して変わんない値段ですね。
    パズルのようにアレコレ組み合わせを変えて、如何に安く見せ掛けるか 苦労しているようですね。
    電話は待ち受けが多く、たまにしか掛けない人はuqの方が安くなりますかね?
    ワイモバイルも、通話10分かけ放題はオプション扱いなら面白い事になるやも。

  2. 匿名 より:

    UQは低速スイッチ機能がありその場合でも1Mbps、溢れた分は翌月持ち越しというアドバンテージも大きい気がしますね
    ワイモバイルのRプランは見直した方がいい気がします。

  3. 匿名 より:

    UQは3日6GB制限があって、「制限することがあります」ではなく「制限します」と断言しているのがちょっと気になるかな。
    https://www.uqwimax.jp/mobile/newplan/

    どれくらいの速度になるのか公表していないし。

  4. 匿名 より:

    KDDIのネットワークは3日で6GB制限があるんだ。
    これが曲者で、一度制限が掛かると3日連続で解除されないという。
    使いにくいインフラだよな。
    それを思えば、ドコモ、ソフバンの方が多少はマシかな?

    • YutoriMan より:

      ワイモバイルは特に通信制限はないんでしょうかね。。特にググっても現行プランでは出てこないですね。
      https://www.ymobile.jp/service/info/tsushin.html

      • 匿名 より:

        ワイモバはソフバンと同じ仕組みですので、コンテンツの種類に応じて速度制御を行っているようですね。
        っていうか、実際に制御してるのか体感できない(汗)
        速度規制は契約容量を超過した時だけで、KDDIのように、3日で6GB等の懲罰的なものはありません。

        • 匿名 より:

          「コンテンツの種類に応じて速度制御」ってことはパケット分析してるわけだから通信の秘密を侵害するのでは?
          利用者の同意があれば問題ないのかな?

Message:投稿されたコメントは承認され次第表示されます。

PAGE TOP