【レビュー】ACアダプタとモバイルバッテリー一体型のAnker PowerCore III Fusion 5000を買ってみた。デカくて本体充電が長すぎるんじゃ | ニュー節約速報

logo

  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


【レビュー】ACアダプタとモバイルバッテリー一体型のAnker PowerCore III Fusion 5000を買ってみた。デカくて本体充電が長すぎるんじゃ

公開日: :   モバイルバッテリー・充電器

【レビュー】ACアダプタとモバイルバッテリー一体型のAnker PowerCore III Fusion 5000を買ってみた。デカくて本体充電が長すぎるんじゃ。

かつては名機と呼ばれたAnker PowerCore Fusion 5000mAhにUSB-C出力版が出たのでポチってみることにしました。
関連記事:【レビュー】不朽の名作、Anker PowerCore Fusion 5000mAh内蔵 USB充電器を買ってみた。今となっては時代遅れか。
| ニュー節約速報

公式スペック:

サイズ:約78 x 71.5 x 30mm
重さ:約176g
入力:100 – 240V~0.6A 50 – 60Hz
USB-A 出力:5V=2.4A
USB-C 出力:5V=3A, 9V=2A (USB-Cポートは出力専用です)
合計最大出力:
・18W (USB-Cポート単体充電時)
・15W (2ポート同時充電時)

容量:4850mAh

はい到着:


巾着袋、マニュアルが付属品となります。USBケーブルはなし。
しょーもない袋よりもUSB-C to Cケーブルを付けて欲しいところ。買うと結構お高いんだよね。


フェルト生地の一見高級そうな袋です。しかし、不要です。


重さは180g。


これ結構デカイですよ。片手ではそろそろ持ちづらい領域に入ってくるデカさです。

最近のモバイルバッテリーは5000-6700mAh程度だとかなりコンパクトに仕上がっているものも多く、
卵のようにすっと持てるのですが、こいつは別。
関連記事:【レビュー】「マツコの知らない世界」で紹介された最小最軽量モバイルバッテリー RAVPower 6700mAh RP-PB060を買ってみた。実測4148mAh。
| ニュー節約速報

ホールド性は悪め。


下部となります。注意書きがいっぱい。


プラグ部です。光沢あるデザインです。


ポート部分です。USB-AとUSB-Cがあります。USB-Cで高速充電だーと思いきや、こいつは出力専用とのこと。
糞すぎワロタ。

新旧比較:

ここで、旧型のFusion 5000mAhと比較してみましょう。

タイプ 旧型 新型
実売 2899円 3590円
サイズ 72 x 70 x 31mm 78 x 71.5 x 30mm
重さ 189g 176g
容量 5000mAH 4850mAH
ポート類 USB-A×2 USB-A×1
USB-C×1(9V=2A対応)

新型になったことで、若干大きくなり、軽くなり、150mAh容量が少なくなり、700円程度高くなり、USB-Cに変わりました。
PD対応のUSB-Cポートが出来たことは嬉しいですが、それ以外は微妙ですな・・・


左が新型で、右側が旧型です。新型のほうがよりつやつやしています。旧型はマットな質感です。


ボタンの配置が違いますね。


上が旧型です。ほんの僅かに旧型の方がコンパクト。

実測3030mAh:


いつも放電テスト用に使っているタブレットに5V出力を行い続け、実測容量は3030mAhとなりました。
効率は62.5%。まずまずの結果。よくあるあるな効率です。


USB-CとUSB-A同時出力で、5V=3A、合計15W出力も確認できました。
ちなみにUSB-C単体だと9V×2A=18W出力が出来るそうな。

バッテリー本体の充電はACプラグのみ:

ちなみにこのモバイルバッテリー、本体の充電にはACプラグのみが利用可能で、
前作のmicroUSBでの入力は省かれています。今回搭載されたUSB-Cは出力のみで、本体の充電には使用不可能です。

そして本体の充電に4.5時間程度かかります。流石に長すぎだろ・・・公式ページには次の記述がありますが、

本体の充電にケーブルは不要です。コンセントにさすだけで約2時間40分で満充電できます。(Anker自社調べ)

流石にそれはない。嘘800。4850mAhの充電に4.5時間ほどかかるって、非常にイライラしますよ。
かと言って、USB-Cが入力できたとしても、ACアダプタ直挿しで充電できるのがこいつの唯一の利点なので、
わざわざUSB-C充電器とUSB-C to Cケーブルを用意して充電しようとも思わないでしょう。

という訳で、正直こいつは存在価値が微妙です。最近のモバイルバッテリーは高密度化がじわじわと進んでおり、
1万mAh搭載でも180g程度の製品が多いため、かなり持ち運びやすい。
それプラス、小型のUSB-AC充電器を持ち運んだほうがだいぶ運用しやすいかも。

管理人的には本バッテリーの購入はおすすめできません。
ただ、USB-ACアダプタとモバイルバッテリーの両方を持ち運ばなくてはいけないんだけど、
持ち運びたくない人には便利かも。

ほとんどの人はどちらか一方、どちらかと言えばモバイルバッテリーを
持ち運べはほぼほぼ解決するとは思いますけどね。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

関連記事

楽天でAnker PowerCore III Fusion 5000(PD対応 18W USB-C モバイルバッテリー搭載USB充電器)が半額タイムセール。本日23時~。

記事を読む

【レビュー】「マツコの知らない世界」で紹介された最小最軽量モバイルバッテリー RAVPower 6700mAh RP-PB060を買ってみた。実測4148mAh。

記事を読む

【レビュー・セール】小さいだけのUSB充電器「Anker PowerPort Atom III 45W Slim」を買ってみた。Aukey Ominia 65W PA-B3との比較。

記事を読む

アマゾンでPoweraddのモバイルバッテリー 10000mAhが999円セール中。

記事を読む

【セール】【レビュー】Anker PowerCore Slim 10000 PDを買ってみた。実測6690mAhでそこそこ優秀。しかし、いきなり壊れた。

記事を読む

【管理人愛用】【レビュー】モバイルバッテリー Charmast 10400mAhを買ってみた。

記事を読む

【激安中華】【レビュー】モバイルバッテリー X-DRAGON 20100mAhを買ってみた。実測8730mAh。デカすぎ注意。【760円】

記事を読む

【レビュー15】Novoo PowerCube 10000mAh モバイルバッテリーを買ってみた。意外とまともでコスパ良すぎ。

記事を読む

【レビュー14】ベストセラーモバイルバッテリー、Anker PowerCore II 10000mAhを買ってみた。実測6030mAhで意外と効率悪い。

記事を読む

【レビュー13】Qoo10でゴミみたいなモバイルバッテリーを買ってみたらやっぱり容量詐欺だった。ひと目で詐欺と分かるゴミ。

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    充電時間がメーカー発表と違うってクレームしてみて欲しい

  2. 匿名 より:

    こんなサイズの小さいバッテリーじゃ不安でしょ

Message:投稿されたコメントは承認され次第表示されます。

PAGE TOP