HuaweiとZTEが日本における政府調達から排除がほぼ決定へ。 | ニュー節約速報

logo

  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


HuaweiとZTEが日本における政府調達から排除がほぼ決定へ。

公開日: :   生活ネタ, 携帯関連・料金プラン技


HuaweiとZTEが日本における政府調達から排除がほぼ決定へ。

米国においてはトランプ大統領が署名した国防権限法により排除が決定し、
日本国内における政府調達においても、ほぼ排除が決定しました。
ファーウェイとZTEの製品、政府調達から排除|ニフティニュース

なお、日本の与党政府関係者がスマホを分解したところ「ハードウェアに“余計なもの”が見つかった」
とのことで、波紋を呼んでいます。
このままHuaweiを排除すると日米にとって嫌な事態が:一刻も早く解明を(遠藤誉) – 個人 – Yahoo!ニュース

そんなバレやすそうなチップでも内蔵してたのか?流石に手抜きじゃないか?
与党政府関係者ってどんな技術力orハッキング力を有しているのだ?
USBすらわかっていない大臣がいるのに?
とも思いますが、とりあえず日本の国防的には少し一歩前進でしょうか。

ただ、アメリカと違って法的根拠が無いのがちょっと玉に瑕。モリカケ問題とかで勝手に盛り上がり、
国民生活の安全に資することはあんまりやらないのがこの国の特徴です。

さてはて、12月10日にも日本の各府省が申し合わせ、政府機関の調達の内規を改めるそうな。
年間2兆円もの調達予算を執行する防衛省、防衛装備庁の内規も変わるのでしょう。

ただ、問題は内規を変えるのにもそれなりに時間がかかりそう。対策が間に合えばいいですけどね。

また、NECや富士通にもLenovoの資本が入っており、それらのパソコンも政府系調達から
次第に遠ざけられているそうな。当然といえば当然でしょうね。お互い仮想敵国ですから。

とは言っても、平和が一番です。平和じゃないとPayPay祭りとかも楽しめないですし、
ビックカメラで爆買いを楽しむ中国人もいなくなってしまいます。


参考:5G商用化を前に本番を迎えるインフラベンダーの競争構図 – ケータイ Watch

なお、ソフトバンクが4GLTEや5Gの基地局などにファーウェイ、ZTE製品を採用または予定しており、
これらはどう対応するのかちょっと見ものですね。
ドコモだったら、お上をなんとなく忖度して計画を修正しそうですが、ソフトバンクが大人しく従うかどうか・・・

なお、先日ソフトバンクとイギリスで発生した大規模な通信障害はエリクソン製のソフトウェアの認証が
切れていたそうな。

その時は、意図せぬ障害だったわけですが、いざ大戦勃発という時には、相手国に同様のことを
仕掛けられる可能性もある、ということです。用心するに越したことはないでしょう。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

関連記事

no image

2020年5月末締めのキャンペーンをまとめました。ご活用の程よろしくお願い致します。

記事を読む

mineoが月額基本料金6カ月800円割引+データ容量1GB増量キャンペーン。音声4GBが980円/月。他社キャンペーンに完全敗北か。6/1~8/2。

記事を読む

【在庫あり】【買ってみた】結局FireTVとChromecast、どっちが良いんだよ⇒FireTV。

記事を読む

アマゾンで雑誌のsmart(スマート) 2020年 8 月号を買うとポケットモンスターのレジ袋がついてくる。6/25~。

記事を読む

航空自衛隊「ブルーインパルス」が本日昼休み、都心上空を航過飛行予定。12:40~13:00。

記事を読む

ソフトバンクの新スーパーボーナスがついに終了へ。2006年からの歴史に幕を閉じる。~6/9。

記事を読む

LINEモバイル料金が20%還元へ、Visa LINE Payクレジットカードの支払で。初月プラン水増し作戦で6ヶ月実質1000円で維持可能。~7/31。

記事を読む

楽天モバイルMNOは都心のサラリーマンの昼休みにダウンロード30Mbps出るぞ。テレワークにも使えそう。

記事を読む

スマホコストパフォーマンスグラフを書いてみた。国産品はXperia 1あたりがコスパ最強か。

記事を読む

東京ディズニーリゾート・アプリでオンライングッズ販売が販売へ。送料1000円、1万円以上の買い物で無料。5/26~。

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    オーストラリア、ニュージーランドでも排除が決定
    ブリティッシュテレコムで排除が決定
    英国MI 6長官が最初を主張

    アメリカと上記に、ファーウェイCFO を逮捕したカナダを加えた五か国は、ファイブアイズの構成国であり、エシュロンやPRISM のようなシギントシステムの情報がそのまま中国に漏れるような事態はなんとしても避けなければならない。
    そして日本とドイツは今年からファイブアイズの情報共有に与っている。最初から排除以外の選択はなかった。

    余計なチップがあるという話は欧州委員会の副委員長も同じことを言っている。
    事実か、それとも単に西側の情報工作のソースが同じなのか、だ。

Message:投稿されたコメントは承認され次第表示されます。

PAGE TOP