アマゾンでHUAWEI Band 4 Proがセール中。GPS対応のフィットネスチェッカー。 | ニュー節約速報

logo

  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン


アマゾンでHUAWEI Band 4 Proがセール中。GPS対応のフィットネスチェッカー。

公開日: :   激安速報

アマゾンでHUAWEI Band 4 Proがセール中。GPS対応のフィットネスチェッカー。

この手のスマートバンドと、いわゆるアップルウォッチやHuawei Watchなどのスマートウォッチの違いは
主に電池もちと後からアプリを入れられるかどうか。

スマートバンドは1-2週間電池が持ちますが、スマートウォッチは1-2日が限度。

管理人もHuawei Watchを持っていますが、なにかフィットネスを図るたびに充電が必要で、
正直使い勝手がいいとは言えない。バッテリー充電回数が多すぎて、
常に身につけっぱなしにするのも辛い。

一方、スマートバンドのHUAWEI Band 4 Proは1週間程度の電池持ちが実現できます。
対抗馬のXiaomi Mi Band 4は2週間程度持つそうな。

とは言え、スマートバンドはGPSがついていない機種も多く(このHuawei BAND4 Proは珍しく搭載)、
後からアプリも入れられず、Stravaなどと連携もできず、心拍計+高級万歩計程度にしか
役に立たないという現状もあります。

結局この分野はバッテリーがネックになっており、何事も中途半端で、
できることが「通知を受ける」「心拍計」「万歩計」「決済」程度という現状です。

管理人も今まさにポチるHUAWEI Band 4 Proとは:

なんだかんだいいながら、管理人はHUAWEI Band 4 Proを購入予定です。

なぜその思考過程に至ったのか、表で示します。

用途 運動時や普段の筋トレ時など、比較的長時間つけてみて、消費カロリーなどを図る。
図ってどうするの?それで強くなれるの?という疑問もありますが、
まぁ買ってみようかな、と。
現状のHuawei Watchとの比較 ・Huawei Watchは比較的常時は大きくつけづらい。
・時計としては電池が持たなさすぎ。
・ジョギング時に使おうとすると概ね電池が切れている。ムカつく。
・通知機能、結局あんまり使ってない。
・アプリで機能拡張とか言うけど、もっさり過ぎて使ってるとムカつく。
HUAWEI Band 4との比較 ・半額程度(5000円弱)だけど、GPSがついてない。
やっぱりジョギング結果はは地図で見ないとね。
Xiaomi Mi Band 4との比較 ・3000円ちょいだけどやっぱりGPSがないのは辛い。
なお、ジョギング中はリアルタイムでカロリーが見れるのは、
こいつだけらしい。
・Stravaと連携可能。
Garmin vívosmart 4との比較 ・16500円程度で流石に高い。
・Strava連携可能
・安心のガーミン(だけどボッタクリ面もある)
・海外輸入すると海外版では血中酸素飽和度(SpO2)の測定も可能。

HUAWEI Band 4 Proの仕様検証:

用途
Stravaと連携できるか? 海外情報を探っても結局できないらしい。
Ant+が利用できるか? 出来ない。
Ant+はロードバイク自転車などのサイクルコンピューターと連携する規格で、
ロードバイク分野ではBluetoothより普及している。
Bluetoothは使えるが、サイコンと接続して心拍数表示は難しいみたい。
サイコンと連動できるか? 出来ないっぽい

あれ?記事を書いているうちに、これ買うべきじゃないんじゃね?と思い始めました。

うーん、単体で使う分にはいいデバイスでしょうけど、自転車や他のサービスと連携するのは難しいかも。

ただ、Huawei Healthと呼ばれるヘルスケアアプリを使うのはありかも。

興味ある人はポチってみましょう。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

Message:投稿されたコメントは承認され次第表示されます。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)URLのみの場合、何か日本語で追記してください。

PAGE TOP