北海道胆振東部地震でナビアプリ「MapFan」が月額400円⇒無料配信中。 | ニュー節約速報

logo

最新記事一覧


スポンサーズドリンク
おすすめ記事
ここ、目立つ割にあんまり使ってないんだよね・・・なに書こうかな・・・(´・ω・`)

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


北海道胆振東部地震でナビアプリ「MapFan」が月額400円⇒無料配信中。

公開日: :   もれなく貰える


北海道胆振東部地震でナビアプリ「MapFan」が月額400円⇒無料配信中。~9/30。

※「平成30年北海道胆振東部地震」にて無料配信復活。

地図表示や検索、ルート探索、音声付きナビゲーションがオフラインで利用でき、
VICS受信に対応、渋滞回避ナビが出来る地図・カーナビアプリの決定版、「MapFan」ですが、
平成30年7月豪雨(西日本豪雨)における復興支援のため、月額400円のところ、期間限定で配信中です。

実施期間:2018年9月14日~2018年9月30日
必要空き容量]約6.5GB(データ容量 約5.8GB)

期間中無償となる機能:

・オフライン地図データのダウンロード
・VICS情報表示および渋滞考慮ルート検索
・オービス情報表示およびオービスアラート
・駐車場満空/ガソリンスタンド価格検索

なお、無料期間が終了しても、VICS、オービス、駐車場満空/ガソリンスタンド価格検索が使えなくなるだけで、
ルート検索と地図表示はそのまま利用できるそうな。

一度ダウンロードしておくと、通信環境の悪い場所(山間部、アンテナが水没したエリア、極地、
電波の届かない海上)でも場所・ルートを確認でき、バッテリーに優しく、
通信が途切れがちな災害地域においても十分に動作する設計となっております。

なお、地図ダウンロードにおいては5.8GBの容量が必要であるため、これからボランティアに行く人は、
予めWiFiなどでダウンロードしてから行くことをおすすめします。
被災地域で使う人は、出来るだけ皆さんの通信のじゃまにならない時間帯で、
固定回線から伸びているWiFiなどを利用してダウンロードしましょう。

地図データをダウンロードせず、その都度通信して地図表示することも可能です。

災害に関係のない地域に住んでいる人も、普通に使えますので、
興味ある人はダウンロードしてみましょう。サイクリング用や電波の届かない山間部にて使用する用の
白ロムにWiFiを使って地図データをダウンロードしておくと、地図上に現在地が表示できる
GPS専用機に早変わりです。WiFIをOFFにしてSIMも抜いておけば、電池は結構持ちます。

チャリダーのGPSルートナビとして、とりあえずダウンロートしておきましょう。


ちなみに管理人が普段スタンドアロンで使っているのはこれ。「MAPS.ME」
ナビアプリとしてはこれで十分ですが、無料なのでMapFanをもらっておこうと思います。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

Message:投稿されたコメントは承認され次第表示されます。

PAGE TOP