FRONTIERで「Microsoft Office Home and Business 2013」DSP版が14800円。おまけでWindowsタブレット「FRT810」がついてくる。 | ニュー節約速報

logo

  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧


スポンサーズドリンク
本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


FRONTIERで「Microsoft Office Home and Business 2013」DSP版が14800円。おまけでWindowsタブレット「FRT810」がついてくる。

公開日: :   セール


FRONTIERで「Microsoft Office Home and Business 2013」DSP版が14800円。おまけでWindowsタブレット「FRT810」がついてくる。

フロンティアでFRT810 Windows Tabletが14800円税抜きにて販売中です。
Microsoft Office Home and Business 2013 ライセンスカード付属でこちらのほうがメインです。

純正オフィスのDSP/OEM版となりまして、他のPCにインストール出来なくもないですが、
アクティベーション出来なくもないですが、その場合はライセンス違反の恐れが高い商品となります。
本来は、この出来損ないのWindowsタブレットでの使用が前提とされている商品です。

このOfficeはヤフオクで概ね11000円~12000円。
よって、タブレットの価値は高くても4000円ぐらいですね。

Office Home and Business 2013に収録されたアプリケーション:

・Word 2013、Excel 2013、Outlook 2013、PowerPoint 2013、OneNote 2013
普通の人はこれだけあれば十分かと。

Office2016からエクセルのIFS関数がサポートされた。

Offce2013でも十分に動きますが、ただ一点補足説明したいのが、
エクセル2013ではIFS関数がサポートされていないこと。

エクセルで複雑な条件式で処理を分岐させようとすると、カッコ書きの中にIFが、その中にまたIFが、
そして最後に「)右括弧」の山が出来上がって、後から見直してもよくわからないし、
他人が書いたのはもっとよく分からないのですが、エクセル2016からIFS関数がサポートされて、
条件式を併記して書けるようになりました。
参考:IFS関数の使い方。複数の条件を順に調べた結果に応じて異なる値を返す | Excel関数 | できるネット

これなにげにすごく便利。慣れると2013には戻れません。

ただ、そんな機能使わねーよ、という人は2013でオッケーかも。

なお、このライセンスはOffice365とは違って年額課金サブスクリプションライセンスではなく、
一括払いライセンスですので、サポートが切れるまで永久に使えますし、
ネットに接続しないPCでスタンドアロン運用であれば、それこそ永久に使えます。

興味ある人はWindowsタブレットをポチってみましょう。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

Message:投稿されたコメントは承認され次第表示されます。

PAGE TOP