2015年9月発売のiPhone 6s や iPhone 6s Plusで電源が入らない問題を無償修理へ。今日はジョブスの命日。 | ニュー節約速報

logo

  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


2015年9月発売のiPhone 6s や iPhone 6s Plusで電源が入らない問題を無償修理へ。今日はジョブスの命日。

公開日: :   携帯関連・料金プラン技


2015年9月発売のiPhone 6s や iPhone 6s Plusで電源が入らない問題を無償修理へ。

4年前に発売されたiPhone 6s や iPhone 6s Plusですが、一部の内部部品の故障により電源が入らない問題が確認されており、
Appleは無償修理を実施する旨の報道発表を行いました。

自分のiPhoneが対象かどうか:
上記リンク先よりシリアル番号を入力することで判定可能です。

問題となる端末の発売時期:
2018年10 月から2019年8月まで
つまり、全部が全部ではない模様。そしてiPhone 6s や iPhone 6s Plusってこの夏まで売っていたのかよ・・・

なお、修理はビックカメラなどのApple 正規サービスプロバイダか、Apple Store 直営店にて受付、とのこと。

Android端末だと、流石に4年前の機種だと有償修理でしょうね。
ただ、「既に有償修理した場合は返金するよ」とのことなので、相当数の修理件数が上がってきて、
アップル側も「これなにかおかしいぞ」と原因を調査し、報道発表に至ったのでしょうね。

奇しくも10月5日はスティーブ・ジョブズ氏の命日です。
この無償修理プログラムは、顧客に素晴らしい体験を、というジョブスの座右の銘?を体現したものになりそう。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

関連記事

Message:投稿されたコメントは承認され次第表示されます。

PAGE TOP