モトローラがmogo g6、g6 play、廉価版e5を発売へ。6/8~。LenovoのZ5は相変わらずのM字ハゲ液晶だけどAndroidP、RAM6GB、64GB、スナドラ636で2.4万円という超コスパ。

logo

最新記事一覧


スポンサーズドリンク
おすすめ記事


当サイトに記載のテキスト、画像、価格情報、キャンペーン情報、選択及び配列の無断転載・複製を固く禁じます。
Unauthorized duplication is a violation of applicable laws.


本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


モトローラがmogo g6、g6 play、廉価版e5を発売へ。6/8~。LenovoのZ5は相変わらずのM字ハゲ液晶だけどAndroidP、RAM6GB、64GB、スナドラ636で2.4万円という超コスパ。

公開日: :   携帯関連・料金プラン技


モトローラがmogo g6、g6 play、廉価版e5を発売へ。6/8~。LenovoのZ5は相変わらずのM字ハゲ液晶だけどAndroidP、RAM6GB、64GB、スナドラ636で2.4万円という超コスパ。

モトローラ・モビリティ・ジャパンが6/8より発売しているのに、ホームページ上に記載が全く無い上、
「新製品 Moto G5 Plus(2017年3月発売)」などと謳って販売しているモトローラですが、
レノボに買収されて腑抜けになったのでしょうか。
※よくよく探すとmotoストア側に情報がありました。

さて、モトローラがmogo g6、g6 play、廉価版e5を発売したのでご紹介。
発売日:2018/6/8

各モデル特徴:

・mogo g6:5.7インチ/18:9フルHD+液晶(2160×1080)/スナドラ450/RAM3GB/ROM32GB/DSDS
メインカメラが1200万画素(F1.7)+500万画素(F2.2)、サブカメラが1600万画素(F2.2)。USB-C。
USB-C
28800円

・mogo g6 plus:5.93インチ/18:9フルHD+液晶(2160×1080)/スナドラ630/RAM4GB/ROM64GB/DSDS
メインカメラが1200万画素(F1.7)+500万画素(F2.2)、サブカメラが1600万画素(F2.2)。USB-C。
38800円

・moto e8:5.7インチHD+液晶(1440×720ドット)/スナドラ425/RAM2GB/ROM16GB
microUSB
18500円。

moto g6:


プラットフォーム Android™ 8.0
プロセッサー Qualcomm® Snapdragon™ 450 (SDM450)
メモリ(内部RAM) 3GB
メモリ(内部ROM) 32GB
メモリ(外部メディア最大容量) 128GB
液晶ディスプレイ(サイズ・解像度) 5.7インチ、 2160×1080(FHD+、424ppi), CORNING® GORILLA® GLASS
カメラ(アウトカメラ) 1200万画素(f/2.0)+500万画素(f/2.2)デュアルカメラ、LEDフラッシュ
カメラ(インカメラ) 1600万画素(f/2.2)、LEDフラッシュ
動画録画 フルHD(60fps)、8倍デジタルズーム
サイズ 高さ約153.8mm x 幅約72.3mm x 厚さ約8.3mm(最薄部)
質量 約162.5g
バッテリー 3,000mAh
充電器 15W ターボパワー充電器同梱

ベンチマークソフトの「FutureMark、PCMark for Android Work 2.0」のスコアは4561とのこと。
ミドルクラス~そろそろローエンドモデルに格下げですね。


DSDS+microSDスロットが使えるトリプルスロットとのこと。
OSは出来る限りピュアAndroid8.0を搭載しコスト削減ユーザーのカスタム性を確保したそうな。

なお、モトローラのモーションコントロール機能「motoエクスペリエンス」を搭載し、
手首をひねってカメラ起動、振り下ろしてカメラのライトを点灯などが出来るそうな。
また、WindowsPC側に別途アプリを入れることで、WindowsHelloの指紋認証センサーとしても
利用することが可能とのこと。

なお、ハードウエアの機能面では、6も6Plusもほぼ同じで、画面サイズとCPU、メモリが違うのみ、
とのこと。

よって6plusの説明は割愛します。

moto e5:


今さらスナドラ425、メモリ2GBという発展途上国向けかと思うぐらいローエンドモデル。
とはいえ、高性能カメラ、DSDS、4000mAh、背面指紋認証センサと、必要なところは抑えています。
Huaweiに飽きた人におすすめ。


ベンチマークソフトの「FutureMark、PCMark for Android Work 2.0」のスコアは
3200程度が予測されます。うーん、流石に今更もっさりかも。

Lenovo Z5:


ちなみにLenovoのZ5がM字ハゲ液晶で最新版AndroidP、RAM6GB、64GB、スナドラ636(ミドルクラス)で
24000円という価格設定間違っているんじゃないか、と思うぐらいの低価格。
別の意味で驚いた。Lenovo Z5がスペックのわりに安すぎる… | ギズモード・ジャパン


事前に噂されていたM字ハゲなし、つるっぱげ液晶(ベゼル・ノッチレス)は実現されず、
相変わらずハゲていますし、電池持ち45日、ストレージ4TBはもちろん実現すること無く、
(ストレージはネットワークアクセス可能なストレージ4TB付帯という、ノジマ方式(笑)を採用)、
目新しいところは価格だけという結果になりました。

とはいえ、これまでこの価格帯といえばHuaweiの独壇場でしたが、これからレノボに制圧されるかも。
興味津々で見守りましょう。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

関連記事

ドコモでXperia XZ2 Compact SO-05Kが発売へ。一括7.9万円。5インチ/2160 x 1080/スナドラ845/RAM4GB/ROM64GB/19MP/5MP/2760mAh。6/22~。

記事を読む

docomo with対象のLG L-03Kが発売へ。5.5インチフルHD+/SDM450/RAM4GB/ROM64GB/おサイフケータイ/防水防塵。6/22~。

記事を読む

HuaweiがSIMフリー製品の認定修理店を全国7都市に拡大へ。6/20~。

記事を読む

【改悪】MNP弾として大活躍のイオンモバイルが転出手数料を8000円⇒15000円に大幅増額へ。3ヶ月維持すると1万円で発射可能。純解約は違約金無し。7/1~。

記事を読む

no image

Huaweiのコスパ抜群「Honor10」のグローバルモデルは既に5万円で販売中。P20 Proの半額。5.84インチ/Kirin970/6GB/128GB/16MP+24MP。

記事を読む

楽天モバイルがスーパーホーダイで通話料倍増、料金プラン新設、割引増加へ。3年縛りで25ヶ月目に脱獄するのが一番安いプラン。6/14 20時~。

記事を読む

ASUS JAPANが「ZenFone 5 ZE620KL」を52,800円、「ZenFone 5Z ZS620KL」を69,800円、「ZenFone 5Q ZC600KL」を39800円で発表へ。1ユーロ130円⇒145円で、またおま国価格。

記事を読む

ドコモでHuawei P20 Pro HW-01Kがおサイフケータイ対応へ。国産メーカー終わったな。ライカ製トリプルレンズ/6.1型/Android8.1/Kirin970/6GB/128GB。6月15日~。

記事を読む

Huawei P20(5.8型)が69800円で価格決定へ。Leicaのトリプルカメラを搭載、40MP、ISO102400、DxOMarkで109。M字ハゲ。6/15~。

記事を読む

ワイモバイルとUQモバイルでHUAWEI P20 liteを発売へ。ワイモバイルは価格不明、UQモバイルでは3.1万。6/15~。

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    は?
    価格マジ?どういうことなの…

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP