ドコモ/au/ソフトバンクがSMSを拡張したLINEパクリサービス「+メッセージ」を提供へ。7年遅れの車輪の再発明、乙。5/9~。

logo

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


ドコモ/au/ソフトバンクがSMSを拡張したLINEパクリサービス「+メッセージ」を提供へ。7年遅れの車輪の再発明、乙。5/9~。

公開日: :   携帯関連・料金プラン技


ドコモ/au/ソフトバンクがSMSを拡張したLINEパクリサービス「+メッセージ」を提供へ。7年遅れの車輪の再発明、乙。5/9~。

※サービス開始でソフトバンクが早速やらかす。サービス一時中断へ。再開は未定。
ソフトバンク、「+メッセージ」アプリ提供中断 「メールが消えた」ユーザーから報告受け – ITmedia NEWS
こんなもん、個人法人向けに流行るわけもなく。仮に導入しても流行ってからでOK.

国内大手3大キャリアであるNTTドコモ社、KDDI社、ソフトバンク社が共同で携帯電話番号だけで
メッセージがやり取りできるSMS(ショートメッセージサービス)の機能を進化させた
新サービス「+メッセージ(プラスメッセージ)」を発表しました。

サービス開始日:2018/5/9~

+メッセージ概要:

簡単に言ってしまうと、携帯電話番号だけでメッセージのやり取りが行えるLINEのパクリ、です。
元々は全角70文字宣言があるSMSを拡張し、文字数を気にすることなく携帯電話番号宛てに
チャット形式でメッセージや写真、動画を送受信出来るそうな。

なお、SMSの送受信料は有料の場合が多いですが、これはパケット使い放題の範疇で
送受信が可能とのこと。

目新しいことは何もなく、いたずらに資源と開発リソースを浪費し、同じようなものを無駄に作る、
これを車輪の再発明と言います。

国内キャリアはこんなしょーもないサービスに投資するお金が余っていて羨ましいですね。

MVNOは現時点では使えない。

現時点で利用者は「携帯3社のお客さま間」に限定であり、将来的には「MVNOへの開放も検討する」とのこと。
ワイモバイルやUQモバイルも現時点ではサービスを利用できません。

このご時世、通信する相手がMVNOかどうかを想定または調査した上でコミュニケーションを図らなくては
行けないのでしょうか?時代に逆行していませんか?アプリケーションさえ揃っていれば、その下の土管は
何でもいいと言うのが時代の流れではないでしょうか?

2018年2月にMVNOシェアは10.1%

ケータイウォッチの2018/3/12の記事によると、MMD研究所が15歳~69歳の男女44,541人を対象に
2018年2月16日~2月22日に行った調査結果では、MVNOシェアは10.1%とのこと。
MVNO利用率は10.1%に増加、楽天モバイルがシェア1位に – ケータイ Watch

昨年度より3ポイント近くアップしております。これは15歳~69歳の平均ですので、
このアプリのターゲット層である10-20代においては、特にMVNO比率が高いことが予想されます。

このご時世に相手がMVNOかどうか、そして相手のMVNOが「+メッセージ」に対応しているか、
考慮した上で通信しろと?

この手のメッセージアプリを一番使いそうな人たちはこう言うでしょう。「LINEでいいじゃん」、と。

逆に、社内からは「LINEに対する付加価値を顧客に提供できているか?」の声は上がらなかったのでしょうか。

iOS版は後回しか:

また、サービス開始日は2018年5月9日(水曜)となっていますが、
「※iPhoneとiPadについては準備ができ次第、提供する予定です」とのことです。


この一文がiOS端末は準備でき次第5/9より前倒しで提供するよ、なのか、
iOSはアップルの審査とかで対応に時間がかかって5/9より後になるよ、の意味、どちらになるのかは不明。
多分後になるよ、の方でしょうか。

仮にiOSが後回しだと、キャリアは一体何のためにこのメッセージアプリを開発しているのでしょうか。
日本におけるiOSのシェアは68.6%です。これを後回しにする、だと?
【iPhone VS Android】日本と世界におけるスマホOSのシェア率分析 | XERA

LINEのサービスインは2011/6/23(7年前)

LINEは2011/6/23から初版をリリースし、最初はiMessageの模倣疑惑やら使い物にならないやら韓国製やらで、
ボコボコに言われていましたが、今では日本における圧倒的メッセージングアプリのシェアを確立しています。

日本もこの1年前、つまり2010年6月、iPhone3GSぐらいの時代に初版をリリースできていれば、
市場で確固たるシェアを確立出来たかも。この手のアプリは最初にリリースしてユーザーを集めて、
シェアをぶんどったもの勝ちですからね。今更ユーザーがLINEからこの+メッセージアプリに移行するには、
スイッチングコストが掛かりすぎます。

という訳で、日本企業はやることなすこと遅すぎます。7年前の車輪の再発明をしてる場合じゃない。
管理人もドコモユーザーですが、ユーザーとして流石にこの動きは嘆かわしいところ。

キャリアにはインフラ業という土管に徹するか、何か独創的なサービスを展開して欲しい所です。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

関連記事

ソフトバンクANA Phoneとして「Xperia XZ3」が登場へ。月々510マイル、2年で5回飛行機に乗ると1回5000、合計32240マイルが貯まる。11/29 10時~。

記事を読む

シャープがダブルM字ハゲ液晶のスマートフォン「AQUOS R2 compact」を2019年1月中旬から発売へ。5.2型/SD845/RAM4GB/64GB/Android9.0。

記事を読む

アマゾン公式でiPhoneやiPadが正式に販売開始予定。日本含む全世界で数週間以内に販売開始。

記事を読む

mineoがソフトバンク回線を利用したSプランを業界最高値で提供予定。半年間基本料無料。auプランでもテザイングが可能へ。~11/6。

記事を読む

中華メーカーのRoyoleが世界初、折り畳めるスマホ「FlexPai」を発売へ。ただし実用性はあまりない。

記事を読む

UQモバイル解約して、ドコモのパケットパックM(5GB)⇒L(20GB)にした話。20円差で12GB上昇。

記事を読む

Huawei Mate 20シリーズが一挙に4機種発表へ。20 Pro、Porsche Design Mate 20 RS、20 X。20無印とXは豆粒ハゲ。

記事を読む

ドコモ・au・ソフトバンクのiPhoneXS/XS Max/XRの一括端末代、分割価格、実質価格、値段、月々サポート・毎月割・月月割、維持費比較まとめ。

記事を読む

手のひらサイズの3.3インチ小型スマートフォン「Palm Phone」が発表へ。Android8.1/62.5g/SD435/RAM3GB/ROM32GB/12MP/8MP/800mAh。

記事を読む

ドコモが世界最薄5.3mm・最軽量47gのカードサイズケータイ「KY-01L」を発表へ。一括3.1万、実質1万円。テザリングサポート。

記事を読む

Message:投稿されたコメントは承認され次第表示されます。

PAGE TOP