京セラが極地用スマートフォン「DURA FORCE PRO(デュラフォース プロ)」を発売へ。MIL-STD-810Gの16項目に準拠。3/14~。 | ニュー節約速報

logo

最新記事一覧


スポンサーズドリンク
おすすめ記事
ここ、目立つ割にあんまり使ってないんだよね・・・なに書こうかな・・・(´・ω・`)

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


京セラが極地用スマートフォン「DURA FORCE PRO(デュラフォース プロ)」を発売へ。MIL-STD-810Gの16項目に準拠。3/14~。

公開日: :   携帯関連・料金プラン技


京セラが極地用スマートフォン「DURA FORCE PRO(デュラフォース プロ)」を発売へ。MIL-STD-810Gの16項目に準拠。3/14~。

北米向けに出荷しており、既に米国4大キャリアに採用されているという高耐久スマートフォン、
DURA FORCE® PRO(KC-S702)が日本向けに発売となります。

ディスプレイ 約5.0インチFHD TFT液晶
サイズ(幅×高さ×厚さ)/重量 約73.4×148.4×12.9㎜/ 約230g
バッテリー容量 3,240mAh
連続通話時間 約1,030分(VoLTE)
連続待受時間 約690時間
充電時間 約190分(5V/1.5A), 約140分(9V/1.8A)
OS Android? 7.1.2
CPU Snapdragon 617
メモリ 内蔵:ROM:32GB/RAM:2GB
外部:microSDXC?(最大256GB)
対応SIM nanoSIM
カメラ メイン:約1,300万画素CMOS
ワイド:約200万画素CMOS
サブ(イン):約500万画素CMOS
通信対応規格 LTE:B1、B2、B3、B4、B5、B7、B8、B12、B19、B20、B29 
UMTS:B1、B2、B4、B5、B6、B8、B19
GSM:850/900/1800/1900MHz
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)
Wi-Fiサポート機能 IEEE802.11k/r(Wi-Fi高速ローミング)
Bluetooth? Ver.4.2
外部デバイス/その他 NFC、microUSB Type-B USB2.0(High-Speed)、
3.5mm ステレオイヤホンジャック

ちなみに米国アマゾンでは170ドル程度、日本円で2万円弱というところでしょうか。
Amazon.com: Kyocera DuraForce Pro E6820 4G LTE 32GB Military Grade Rugged
Smartphone Black for T-Mobile: Cell Phones & Accessories

CPUがSnapdragon 617、RAM2GBということで、今となってはローエンドの性能となります。


ただ、重要なのは耐環境性かと。

MIL-STD-810G準拠とは:

MIL-STD-810G準拠とは米国国防総省の調達基準のことで、この規格を認定やら満たす
という表記で商品がちょいちょい売られていますが、それは厳密には間違いです。

MIL-STD-810 – Wikipedia

MIL-STD-810はジャンルごと(衝撃や熱、水、温度)に試験が分かれており、企業は自分のプロダクトに、
どのテストを課すのか自らの意思で仕立て上げる(tailor)ことが出来るわけ。


よって、MIL-STD-810に準拠したテストをクリアした、と広告で謳うのが、間違っていない表記になります。
もっとも、同じ試験をするなよ、ユーザーが勝手に同じ試験をしても、壊れないとは限らないとのこと。

また、本当に試験をしたのか、どのような制約条件で行い、どのようなデータが出たのか、
確認しないとあまり意味がないかと。

企業によっては設計計算上で、試験を満たすことを確認したとし、実際の試験を実施することは
省略する場合もあります。試験の実施にはやたら金が掛かりますし、こんな試験設備を自社で
有するのは無駄以外に何物でもなく、大企業でも外部のテストサイトをレンタルして実施することが
ほとんどなわけです。


もちろん、試験を実際に実施して試験データを確認できると、人間は安心出来るわけですが、
その膨大な費用は結局製品コストとなり、消費者に転嫁されるわけです。
設計計算上で検証できるのであれば、コスト意識の高い消費者としては
それに越したことはないかと。

なお、MIL-STD-810末尾のGばリビジョンであり、最新版のMIL-STD-810Gは1000ページにも及ぶ
超大作ですが、ネット上でフリーに公開されていますので、興味がある人は見てみましょう。

電磁干渉試験から振動試験、耐衝撃試験、防水試験、防滴試験などなど、
項目数がとてつもなく多く、マニア心をくすぐられるかと。
www.atec.army.mil/publications/Mil-Std-810G/Mil-Std-810G.pdf

ちなみに、京セラは16項目を準拠した試験を実施した、と書いています。


一方、オンキョーが代理店の同じようなコンセプトのCAT S41 SMART PHONEを発売しますが、
耐衝撃性能規格“MIL-STD-810Gや防水・防塵規格“IP68に対応と書いています。

どの項目をどのように実施したのか、本当に実施したのかは記述なし。
そもそもMIL-STD-810Gは耐衝撃性能規格じゃないし。含まれてはいますけどね。

というわけで、興味ある人は米国アマゾンから輸入してみましょう。意外と安く買えますよ。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

関連記事

イオシスでキャリアよりも高い値段で買い取る「iPhone最低買い取り保証額UPキャンペーン」を開催中。AppleWatchも最大3000円アップ。10/12~10/27。

記事を読む

ドコモがネットの暴言やQRコード決済のトラブルを補償、対策してくれる「ネットトラブルあんしんサポート」を月500円で提供へ。12月~。

記事を読む

ドコモショップが各種サポートを有料化へ。ケータイショップ店員はボランティアではない。

記事を読む

楽天モバイルMNOが都会限定で抽選で5000名に無料サポータープログラムを募集中。毎月1000P、端末購入で1万Pが貰える。~10/7。

記事を読む

2015年9月発売のiPhone 6s や iPhone 6s Plusで電源が入らない問題を無償修理へ。今日はジョブスの命日。

記事を読む

dポイントスーパー還元プログラムが更に条件改悪。d払い時はdカード設定が必須へ。11/10~。

記事を読む

【悲報】Google無しのHuawei Mate30 Pro、やっぱりGoogle Playストアをインストールする裏技が速攻で閉鎖へ。

記事を読む

ソフトバンクが「半額サポートプラス」を「トクするサポート」へ名称変更。クレカ払いを条件に即日SIMロック解除へ。auは直営店でのみ対応。

記事を読む

消費者庁がau、ソフトバンクの半額サポートに注意喚起へ。ソフトバンクは名称変更へ。

記事を読む

【現地で使ってみた】AISのSIM2Flyはアジア16カ国、日本でも使えて4GB8日間1257円。Wi-FiルーターよりもGPSが正確でGrabが使いやすいぞ。SingTelもいい。

記事を読む

Message:投稿されたコメントは承認され次第表示されます。

PAGE TOP