ギャラクシーA8/A8+(2018)が発表へ。Exynos 7885(スナドラ820程度)搭載のミッドレンジモデル。2018年1月発売~ | ニュー節約速報

logo

  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧


スポンサーズドリンク
本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


ギャラクシーA8/A8+(2018)が発表へ。Exynos 7885(スナドラ820程度)搭載のミッドレンジモデル。2018年1月発売~

公開日: :   携帯関連・料金プラン技


ギャラクシーA8/A8+(2018)が発表へ。Exynos 7885(スナドラ820程度)搭載のミッドレンジモデル。2018年1月発売~

挟縁液晶となるInfinity Displayを搭載し、ホームボタンレスで大画面表示が売りのGalaxy A8/A8+(2018)が
発表されました。

なお、ギャラクシーシリーズはAシリーズがミッドレンジ、Sシリーズがハイエンドモデルとなります。

発売日:2018年1月初旬~

スペック:

項目 Galaxy A8 Galaxy A8+
サイズ 149.2 x 70.6 x 8.4 mm
5.6インチ
159.9 x 75.7 x 8.3 mm
6.0インチ
重さ 172g 191g
ディスプレイ 5.6" FHD+ Super AMOLED (1080×2220)
440 ppi
6.0" FHD+ Super AMOLED (1080×2220)
410 ppi
カメラ デュアルカメラ搭載:フロント
①8Mピクセル
F1.9 Aperture
Pixel size: 1.12µm
Sensor size: 1/4.0”
FOV: 85°
Sensor Ratio: 4:3

②16Mピクセル
F1.9 Aperture
Pixel size: 1.0µm
Sensor size: 1/3.1”
FOV: 76°
Sensor Ratio: 4:3

リアカメラ:
16MP PDAFF1.7
AperturePixel size: 1.12µm
Sensor size: 1/2.8”
FOV: 78°
Sensor Ratio: 4:3

ムービー フルHD/30fps動画撮影対応
CPU S.LSI Lassen (Exynos 7885) Octa-core (2.2GHz Dual + 1.6GHz Hexa)
RAM/ROM RAM: 4GB (Galaxy A8/A8+) / 6GB (Galaxy A8+)
ROM: 32/64GB
各種無線 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4/5GHz), VHT80, 256QAM
Bluetooth® v 5.0 (LE up to 2Mbps), ANT+, USB Type-C,
NFC, Location (GPS, Glonass, BeiDou)
SIM Dual-SIM(microSDXCスロットとは別にあるそうな)
OS Android 7.1.1 (Nougat)
防水防滴 IP68等級適合
センサー 加速度センサー、気圧計、指紋センサー、ジャイロセンサー、地磁気センサー、
照度センサー、近接センサー


カメラを売りにしているようですが、ちょっと前(今もそうですが)の安物のコンデジの1/2.3型センサーに
及ばないセンサーサイズで高画質とか謳われても失笑モノですが、最近はこの解像感で高画質とか
いっちゃうご時世でしょうか。


iPhoneもそうですが、やはり大きなサイズのセンサーを積んだ一眼レフカメラと、
小さなセンサーサイズで画像エンジンが頑張ったiPhone、結果は歴然で一眼レフカメラの圧勝ですよ。
解像感が違います。小さなサイズのセンサーは光の波長が光学限界で物理的にボケてしまうのだから、
それはそれでしょうがない。


さて、CPUはExynos 7885ということで、サムスンのミッドレンジモデルを搭載との事。
ベンチマークスコアははっきりしませんが、Geekbench4.1.3でシングルコア1490、マルチコア4172とのこと。
Samsung Galaxy A7 (2018) with Exynos 7885 14nm SoC, 6GB RAM surfaces in benchmarks

とは言っても、同じGeekbenchでSnapdragon 820 搭載のLenovo ZUK Z2 ProやSamsung Galaxy S7
edgeが
1470前後ですので、スナドラ820程度の性能はあるかと。感覚的には性能は十分な気もします。

後は日本でどの程度の価格で販売されるかでしょうね。Xperia X Performance(2016年6月発売)にも
採用されているSnapdragon 820搭載モデルですので、売値は4万円ぐらいでしょうか。

日本のキャリアを通すと、何故か一括7万、月々サポート5万ぐらいで実質2万ぐらいの、
高いのかやすいのか評価しづらい価格帯に変換されますが、あくまでもミッドレンジ。

期待しすぎずに、入手しやすいAシリーズのミッドレンジモデルとして、実際に発売されたら
情報を追ってみましょう。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

関連記事

ヨドバシカメラ・ビックカメラが一部店舗でSIMフリーiPhoneを発売開始。11/22~。

記事を読む

アマゾンでLINEモバイルを申し込むと5000ポイント、新規事務手数料は280円ちょいへ。月額基本料5ヶ月間半額。11/14~。

記事を読む

日本通信、ドコモと紛争勃発。「音声定額値下げしろ」交渉で。

記事を読む

OCN モバイル ONE音声対応SIM限定、OCNでんわアプリを利用すると、もれなく50gooポイントが貰える。~11/30。

記事を読む

UQモバイルも学割開始。半年間500円~1000円/月。家族も対象。ただし大学生対象外。11/15~。

記事を読む

ドコモが学割を発表へ。1年間1500円引き。12/1~。25歳以下ならばニートでもOK。

記事を読む

総務省が動画見放題などのカウントフリーを規制へ。年内にも実施。ネットワークの中立性の観点から。

記事を読む

還元率20%の三井住友カードを申し込むと2営業日で審査が完了したぞ。11月申し込みでボーナス商戦、クリスマス、年末年始すべて20%バック。

記事を読む

dポイントスーパー還元プログラムが更に条件改悪。d払い時はdカード設定が必須へ。11/10~。

記事を読む

ソフトバンクがのりかえPayPayキャンペーンでMNPで2万円分のPayPayが貰える。「トクするサポート」と「ウルトラギガモンスター+」への加入が必須。

記事を読む

Message:投稿されたコメントは承認され次第表示されます。

PAGE TOP