格安MVNOのDMMモバイルで音声800円、データ500円×3ヶ月が割引される「月額基本料割引き!節約応援キャンペーン」が開催中。~2/6。

logo

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


格安MVNOのDMMモバイルで音声800円、データ500円×3ヶ月が割引される「月額基本料割引き!節約応援キャンペーン」が開催中。~2/6。

公開日: :   携帯関連・料金プラン技


格安MVNOのDMMモバイルで音声800円、データ500円×3ヶ月が割引される「月額基本料割引き!節約応援キャンペーン」が開催中。~2/6。

DMM mobileにおいて、音声回線で最大800円×3ヶ月、データ回線で最大500円×3ヶ月が
割引となるキャンペーンを開催中です。

MVNOとして最安値クラスのSIMですので、冬休み~春休みから使う通信回線を探している人は、
ちょっと検討してみましょう。

関連記事:DMMモバイルに申し込んでみた。テザリングでもバースト通信出来ると良いな。LINE Payカードで申し込みは可能。

キャンペーン期間
2017年12月4日(月)~2018年2月6日(火)

なお、利用開始日翌月分より割引ですので、初月は何時申し込んでも無駄になりません。

DMM mobile料金プラン解説:

なお、DMM mobileのMVNE(Mobile Virtual Network Enabler)はIIJmioらしく、
IIJmioのOEM回線みたいな位置づけとなります。

なお、利用金額の10%がDMMポイントにて還元されます。そういうのいらないから、
現金で5%OFFにしてほしいと思うのは管理人だけでしょうか。

ただ、DMMポイントで自己啓発動画を視聴するのもありですね。。。夢が膨らみます。

バースト通信機能で、ネットサーフィンは低速通信時も快適。

DMMmobileの特徴として、通信容量に関係なく、通信し初めの最初の数秒間は高速通信できる、
「バースト転送機能」があります。

動画とかを見る時は役に立ちませんが、普通のネットサーフィンをする場合は、
その間に転送が大体済むので、最初のファーストビューぐらいをバースト転送機能で読み込むことが出来、
下の方のページは、人が読んでいる間に通信するので、通信容量を使い切った低速通信時にも、
他のSIMとくらべてサクサク通信できるそうな。

なお、この機能はライトプランのデータSIM440円/月にも搭載されているので、
とりあえずこのプランを契約するのもありかも。

初期費用:
3000円。SIM発行手数料となります。また、MNP転出手数料も3000円です。
これが今回のキャンペーンで無料となります。

月額料金:
下り最大150Mbps/上り最大50MbpsのLTE速度で制限値まで通信でき、それを超えると通信速度200kbpsまで
叩き落とされるサービスです。

DMMモバイル料金プラン:

高速データ通信容量 データSIM(税抜) 通話SIM(税抜)
ライトプラン 常に低速 440円 1,140円
高速データ
通信プラン
1GB 480円 1,260円
2GB 770円 1,380円
3GB 850円 1,500円
5GB 1,210円 1,910円
7GB 1,860円 2,560円
8GB 1,980円 2,680円
10GB 2,190円 2,890円
15GB 3,280円 3,980円
20GB 3,980円 4,680円

データSIMが3GBで850円は最安値クラスかと。まぁこの価格帯で100円200円をケチっても、
通信速度が遅ければ意味が無いのですが、各種比較サイトを適当にググった感じでは、
DMMモバイルはそこそこ速度が出るとのこと。

2015年夏頃~2016年12月頃~現在まで、他のMVNOとくらべてもそこそこ速いそうな。

なお、このDMM・SIM独自のシェアコースというものがあり、
家族や端末ごとにSIMを増やすことが出来るという柔軟性の高いプランとなっています。

シェアコース料金表:

8GB 10GB 15GB 20GB
データSIMプラン(3枚まで) 1,980円 2,190円 3,280円 3,980円
通話SIM1枚プラン 2,680円 2,890円 3,980円 4,680円
通話SIM2枚プラン 3,380円 3,590円 4,680円 5,380円
通話SIM3枚プラン 4,080円 4,290円 5,380円 6,080円

これ、家族で3枚のSIMを分けあい、かつ10GBですと4080円、1人あたり1360円で
1人実質3.33GB通信可能って、キャリア泣かせなプランですね。

まぁキャリアは基本的にMVNO業者の利用申請を断れないという法律が
あったはずですが、これは料金面でキャリア側が折れまくった料金設定かも。
というよりは、キャリアの現行プランがぼったくり過ぎなのか・・・

自分一人でスマホやらタブレットを複数枚運用している人も、通話SIM1枚プランに、
データSIMを増設すれば、共用で使えます。

通話料:20円/30秒
まぁ普通です。電話しまくる人は最初からキャリアのカケホーダイなどに契約しましょう。

縛り:
通話SIMプランのみ、12カ月以内に解約すると9,000円(税抜)の違約金が発生します。
MVNOで12ヶ月縛りで9000円も取られるとは・・・これはなかなかきつい縛りですね。
MVNOはもっと自由度に富んだものかと思いきや、これはそうでもないみたいです。

3GBぐらいまでは値段も大して変わらないので、とりあえず3GB行っとけ、というのはありかも。
既存プランも大幅値下げされ、更に使いやすくなりました。あとはどのぐらい速度が出るか、
というところですね。

その辺はMVNO業者がどの程度ドコモから帯域を買って、どの程度のユーザー数でシェアしているのか、
使ってみないと分からないところもあるので、気になったらデータプランならば違約金もないですし、
とりあえず1枚契約してみるのもありかも。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

Comment

  1. sage より:

    これ、手数料無料ではありませんね。
    DMMの中の人に聞いたら、初期費用として3,000円かかるそうな。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP