ドコモで富士通arrows NX F-01Kが発売へ。5.2インチ、スナドラ660、RAM4GB、Android7.1、8.8万、実質3.8万。12/8~。 | ニュー節約速報

logo

人気記事・今ホットな案件
  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


ドコモで富士通arrows NX F-01Kが発売へ。5.2インチ、スナドラ660、RAM4GB、Android7.1、8.8万、実質3.8万。12/8~。

公開日: :   携帯関連・料金プラン技


ドコモで富士通arrows NX F-01Kが発売へ。5.2インチ、スナドラ660、RAM4GB、Android7.1、8.8万、実質3.8万。12/8~。

富士通のガラケーが乗りに乗っていた時は栃木県大田原市の那須工場にて生産していましたが、
スマホ時代になってだんだん雲行きが怪しくなり、iPhoneがとどめを刺し、ついに2014年1月30日、
モバイルフォン端末製造子会社の統合し、今では富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社の名義で、
兵庫にてスマホを細々と生産しているそうな。

さて、何時完全な撤退が行われてもおかしくない富士通のケータイ電話事業ですが、
それはともかくとして、新たに画面割れに強いarrows NX F-01Kがドコモから新発売です。

発売日:2017年12月8日発売

なぜ割れないを推すのか、割れないと売れると思ったのかは謎。

確かにやたらiPhoneを画面割れの状態で使っている人を電車で見ますが、
あれは割れても使えるからそのまま使っているだけであって、iPhoneが弱い、とは限らないかと。

スペック:

サイズ(H×W×D) 約149mm×72mm×8.1mm
質量 約154g
ディスプレイ 約5.2インチ フルHD IPS-NEO?液晶 第2世代 Pixel Eyes?
OS Android? 7.1
CPU Snapdragon 660(2.2GHz 4-Core+1.8GHz 4-Core)
メモリ RAM4GB/ROM32GB
ストレージ 最大256GB(microSD/microSDHC/microSDXC)
バッテリー容量 2580mAh(着脱不可)
連続待受時間 LTE約400時間
3G約450時間
GSM約340時間
連続通話時間 LTE約850分
3G約770分
GSM約700分
ディスプレイ 約5.2インチ フルHD IPS-NEO?液晶 第2世代 Pixel Eyes?
カメラ アウトカメラ 有効画素数 約2300万画素 CMOS 高速ハイブリッドAF
インカメラ 有効画素数 約500万画素 CMOS
通信 受信時 最大450Mbps
送信時 最大50Mbps
VoLTE対応 HD+対応
PREMIUM 4G対応 対応
Wi-Fi(対応通信規格) IEEE802.11a/b/g/n/ac
docomo Wi-Fi 対応
テザリング同時接続数 Wi-Fi 10台、Bluetooth 4台、USB 1台
Bluetooth(対応バージョン) 5.0
赤外線通信 無し
防水/防塵 IPX5、IPX8/IP6X
ワンセグ/フルセグ 共に対応
非常用節電機能 非常用節電モード
生体認証(ログイン・決済) 虹彩認証&指紋認証
GPS/GLONASS 共に対応
おサイフケータイ NFC(FeliCa搭載)対応
エリアメール 対応
外部ポート Type-C USB2.0

5.2インチ、スナドラ660、RAM4GB、Android7.1でそこそこええやん!Type-C USB2.0っておせーよ!

さて、Zenfone 4 5.5 ZE554KLと同じようなCPUとメモリ容量なので、Zenfone4が4.2万円とすると、
アローズは5万円後半ぐらいかな?と思いきや、価格は次のとおりです。

arrows NX F-01Kの価格:

arrows NX F-01K 参考:Xperia XZ1 SO-01K
スナドラ835、RAM4GB、Android8.0
USB3.1(Type-C)
本体一括 88,128円
(3,672円/月)
86,184円
(3,591円/月)
月々サポート 49,896円
(2,079円/月)
49,896円
(2,079円/月)
実質価格 38,232円
(1,593円/月)
36,288円
(1,512円/月)

うーん、参考として挙げた同サイズのXperia XZ1 SO-01K、スナドラ835、RAM4GB、Android8.0、
USB3.1(Type-C)という、アローズが勝っているところは何一つ無いのに、価格や実質価格は
全てアローズのほうが高いという。

あ、アローズのほうが勝っている点が1つありました。「画面が割れにくい」(笑)。

なんだろうこの圧倒的コスパの悪さは。

Huawei P10 liteが2万5000円ぐらいで買える時代に、
なぜ8.8万円、実質3.8万円でこのスペックなんだろう。

色々首を傾げるしかないスマホですが、画面割れに会いたくない人は、ポチッてみましょう。
確かにデザインはソニーの極太ベゼルより、ちょっとだけアローズのほうがカッコイイかも。


ただ、画面が割れたとしても、アローズ代でP10 liteが数台買えそうです。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

関連記事

楽天モバイルMNOは都心のサラリーマンの昼休みにダウンロード30Mbps出るぞ。テレワークにも使えそう。

記事を読む

スマホコストパフォーマンスグラフを書いてみた。国産品はXperia 1あたりがコスパ最強か。

記事を読む

LINEモバイル料金が20%還元へ、Visa LINE Payクレジットカードの支払で。初月プラン水増し作戦で6ヶ月実質1000円で維持可能。~7/31。

記事を読む

UQ mobileが楽天モバイル対抗でスマホプランRを新設へ。月10GBで2980円、低速時でも1Mbps、SIMのみ契約で3000円~1万円キャッシュバック。5/27~。

記事を読む

GooglePlayでドコモキャリア決済で10%還元、最大1万ポイントバック。~5/25。

記事を読む

高速格安スマホ、UQ mobileで「SIMのみ」契約で3000円、MNPで1万円キャッシュバック。iPhoneSE(2020)にも使えるぞ。3/13~。

記事を読む

BIGLOBE SIMが音声通話SIM半年間無料へ。新規事務手数料もポイント還元、月額も無料。4/1~。

記事を読む

【追記】そろそろ楽天モバイルの無料サポータープログラムからUN-LIMITプランに移行しておこう。5/31サービス終了。

記事を読む

IIJmioでiPhoneSEで使えるeSIMが新規事務手数料1円。維持費150円、違約金なしのデータ回線。~5/31。

記事を読む

LINEモバイル新規契約で1万円相当LINEPayが貰える。4/1~。

記事を読む

Message:投稿されたコメントは承認され次第表示されます。

PAGE TOP