Huawei JapanがMate 10 Proを89800円、Mate 10 liteを42800円で販売へ。12/1,8~。 | ニュー節約速報

logo

  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧


スポンサーズドリンク
本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


Huawei JapanがMate 10 Proを89800円、Mate 10 liteを42800円で販売へ。12/1,8~。

公開日: :   携帯関連・料金プラン技


Huawei JapanがMate 10 Proを89800円、Mate 10 liteを42800円で販売へ。12/1,8~。

ミュンヘンの発表会でさんざん高すぎだの、長い割に中身が無いだの、Kirinオワタな、などと
ボコボコにされたHuawei Mate 10シリーズですが、ついに価格が発表されるとともに、
廉価版のMate 10 liteが発表されました。
関連記事:Huawei Mate10/10Proのスペックが明らかに。無印は日本発売なし、Proはイヤホンジャック/microSDなしの10万超え。オワタ。

予想されていたよりも価格は安く、Mate 10 Proは10万円を超えませんでした。少し安心です。

価格・発売日:


※画像はMate 10 lite。

Mate 10 Pro 89800円(発売日:12/1~)
Mate 10 lite 42800円(発売日:12/8~)

スペック:

Mate10 Pro Mate 10 lite
OS Android 8.0 Oreo, EMUI 8.0 Android™ 7.0 Nougat / Emotion UI 5.1
CPU HiSIlicon Kirin 970 12コア、NPU
Cortex A73 x4 + A53 x4
HUAWEI Kirin 659 オクタコアCPU
(4 x 2.36GHz A53 + 4 x 1.7GHz A53)
RAM 4 / 6 GB 4GB RAM / 64GB ROM
ストレージ 64 / 128GB
microSDスロットなし。オワタ。
micro SDスロット (最大256GB)
ディスプレイ 6インチ FHD+ (2160×1080)有機EL
FullView ディスプレイ、402ppi
NTSC比112%、コントラスト比70000:1。
2:1
約5.9インチ 18:9 IPS, 2160×1080ドット
407ppi, 1600万色
カメラ Leica デュアルカメラ ダブルレンズ: 1600万画素 + 200万画素
LEDフラッシュ, 像面位相差 + コントラスト AF
モノクロ20MP+カラー12MP
f/1.6、裏面CMOS、光学手ブレ補正
インカメラ 800万画素 f/2.0 ダブルレンズ: 1300万画素 + 200万画素
ソフトライトLEDフラッシュ, FF
バッテリー 4000mAh 3340mAh
寸法 154.2×74.5×7.9mm,?178g 約75.2 (W) x 156.2 (H) x 7.5 (D) mm 164g
防水 IP67防水防塵 無し
イヤホンジャック 無し 有り
その他 DSDSサポート(シングルSIMモデルもあり)
NFC搭載、USB-Cポート
FDD LTE: B1/3/5/7/8/19/28
TDD LTE: B38/40/41
WCDMA: B1/5/6/8/19
GSM: 850/900/1800/1900MHz
セカンダリーSIM: GSMの上記周波数(音声通話のみ)

指紋センサー, Bluetooth® 4.2 with BLE (aptX 対応)
USB 2.0 micro-B (OTG 対応), Nano SIM x 2, GPS

Mate 10 lite解説:


メインカメラとインカメラ、共にダブルレンズなのはしびれますね。
美しいボケやライティング、鮮やかなポートレート、自撮りが出来るそうな。

この辺はソフトウェアの出来栄えでだいぶ自然、不自然が変わってきます。
本当にボケた写真を取りたいなら一眼レフ一択です。
スマホ全体としてまだまだ遠く及ばない出来栄えかと。


アスペクト比2:1で美しい画面を実現、と言いたいところですが、
WikoのViewと同じで何の役に立つのかは不明。ブラウジングで縦スクロールが減るぐらいか。

肝心のHUAWEI Kirin 659のベンチマークは、AnTuTu Benchmark v6が63249、
Geekbench 4.1/4.2が916、PCMark for Android – Work 2.0 performance scoreが4834と、
HiSilicon Kirin 658 やQualcomm Snapdragon 625と同じぐらいかと。
参考:HiSilicon Kirin 659 SoC – Benchmarks and Specs – NotebookCheck.net Tech

スナドラ625搭載モデルとして、Huawei Nova、Fujitsu Arrows NX F-01J、Motorola Moto G5 Plus、
Samsung Galaxy J7 Vぐらいでしょうか。ちょうどミドルクラスのスマホとなります。

現状のHuawei novaがRAM3GBでスナドラ625で3万円ぐらいですので、
Mate 10 liteもせめて3.5万円程度まで値下がりしてほしいかも。

欲しい人は値下がり動向を見つつ、ポチってみましょう。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

関連記事

ヨドバシカメラ・ビックカメラが一部店舗でSIMフリーiPhoneを発売開始。11/22~。

記事を読む

アマゾンでLINEモバイルを申し込むと5000ポイント、新規事務手数料は280円ちょいへ。月額基本料5ヶ月間半額。11/14~。

記事を読む

日本通信、ドコモと紛争勃発。「音声定額値下げしろ」交渉で。

記事を読む

OCN モバイル ONE音声対応SIM限定、OCNでんわアプリを利用すると、もれなく50gooポイントが貰える。~11/30。

記事を読む

UQモバイルも学割開始。半年間500円~1000円/月。家族も対象。ただし大学生対象外。11/15~。

記事を読む

ドコモが学割を発表へ。1年間1500円引き。12/1~。25歳以下ならばニートでもOK。

記事を読む

総務省が動画見放題などのカウントフリーを規制へ。年内にも実施。ネットワークの中立性の観点から。

記事を読む

還元率20%の三井住友カードを申し込むと2営業日で審査が完了したぞ。11月申し込みでボーナス商戦、クリスマス、年末年始すべて20%バック。

記事を読む

dポイントスーパー還元プログラムが更に条件改悪。d払い時はdカード設定が必須へ。11/10~。

記事を読む

ソフトバンクがのりかえPayPayキャンペーンでMNPで2万円分のPayPayが貰える。「トクするサポート」と「ウルトラギガモンスター+」への加入が必須。

記事を読む

Comment

  1. Nitoriman より:

    Mate10proの紹介もしてあげて

Message:投稿されたコメントは承認され次第表示されます。

PAGE TOP