モトローラが5.2型Androidスマートフォン「Moto G5S」を28800円で発売へ。10/20~。

logo

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


モトローラが5.2型Androidスマートフォン「Moto G5S」を28800円で発売へ。10/20~。

公開日: :   携帯関連・料金プラン技


モトローラが5.5型Androidスマートフォン「Moto G5S」を28800円で発売へ。10/20~。

レノボに買収され、100%子会社となったモトローラ・モビリティですが、
SIMフリースマートフォン「Moto G5S」を10月20日より発売します。

値段:28,800円


大きさは5.2型、Android7.1、CPU:Snapdragon 430、メモリ2GB(海外版は3GBもあり)、
のミドルレンジスマホとのこと。

オールメタルボディ採用でデザインと耐久性を両立し、3000mAhで長時間の運用を可能とするそうな。
DSDS対応です。
なお、auSIMでも動作するとのこと。VoLTE対応は不明。

Moto G5S Plus詳細スペック:

オペレーティングシステム Android 7.1, Nougat
ただしAndroid 8.0 Oreoへアップグレード予定。
プロセッサ Qualcomm MSM8937 Snapdragon 430
CPU:Octa-core 1.4 GHz Cortex-A53 GPU:Adreno 505
※2017/3/31発売のG5から特に進化なし。
メモリ (RAM) 2GB/3GB(海外版)
ストレージ (ROM) 32 GB 内部ストレージ、最大 128 GB microSD カード対応
寸法 約73.5×150×8.24mm
重量 約157g
ディスプレイ 5.2インチ 1920×1080 IPS液晶
Corning Gorilla Glass 3
バッテリー 3000 mAh
15 分の充電時間で最長 6 時間の駆動を実現する TurboPower
帯域 (モデル別) LTE:バンド1/3/5/7/8/18/19/20/26/28/38/40/41
W-CDMA:1/2/5/6/8/19
ドコモのバンドである1(主力)、3(東名阪エリア)、
19(LTEプラチナバンド)に対応しています。
21の北海道、東北、四国、北陸に整備されているバンドには未対応。
まぁこれはマイナーなバンドのため、対応機種のほうが少ないため、
そこまで問題ないかと。
28は現在整備中ですが、一応対応しているとのこと。
SIMカード NanoSIM×2
DSDS デュアルSIMデュアルスタンバイ対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n (2.4 GHz + 5 GHz)
Bluetooth 4.2, A2DP, LE, EDR, aptX
リアカメラ 1600万画素 LEDフラッシュ搭載
f/2.0 口径
FullHD ビデオキャプチャ (30 fps)
フロントカメラ 500万画素
f/2.0 口径
LEDフラッシュ
インターフェース microUSB
GPS GPS
A-GPS
GLONASS
センサー 指紋認証
加速度計
ジャイロスコープ
近接センサー
電子コンパス

正直、2017/3/31発売のG5から画面サイズ以外は進化していない(5⇒5.2インチ)ので、
そこまで物欲が湧くかは不明。

石のスナドラ430でベンチマークソフトの「FutureMark、PCMark for Android Work 2.0」のスコアは
G5が3549ですので、G5Sも同程度かと。

G5はアマゾンでSIMセット(捨ててよし)で19911円でセール中。

うーん、これで28800円(税別)、税込みで3万円を超えるのであれば、novaliteやP10liteに
コストパフォーマンスで大きく引き離され、G5Sの勝ち目はなさそう。
ただ、novaliteやP10liteにはないDSDSに対応しているので、そこが唯一の強みかも。

発売されたら、各種サイトで価格をウォッチしてみましょう。
関連記事:モトローラが5.5型Androidスマートフォン「Moto G5S Plus」を38800円で発売へ。10/6~。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP