ドコモがZTE製2画面搭載スマートフォン「M Z-01K」を発表へ。ただしディスプレイは折りたたみ時に外向き。2018年1月~。

logo

  • GRADDでセレクトショップが安い。

  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


ドコモがZTE製2画面搭載スマートフォン「M Z-01K」を発表へ。ただしディスプレイは折りたたみ時に外向き。2018年1月~。

公開日: :   携帯関連・料金プラン技


ドコモがZTE製2画面搭載スマートフォン「M Z-01K」を発表へ。ただしディスプレイは折りたたみ時に外向き。2/9~。

※2/9発売決定へ。本体92,664円(3,861円×24回)、月々サポート49,896円(2,079円×24回)、
実質42,768円(1,782円×24回)円。うーん、いる?これ。一括3万ぐらいだったらシャレで買うのもありかと。

ドコモは2013年4月18日にNECカシオ モバイルコミュニケーションズの製品である、
MEDIAS W N-05Eを発売しました。

アマゾンでも白ロムで販売中。


一応ドコモURLはこちら。
MEDIAS W N-05E サポート情報 | お客様サポート | NTTドコモ

2画面表示しても、当時のAndroidでは特にやることもなく、NEC製という事もあってか、
さっぱり流行ることもなく、最後は一括販売で投げ売りされ市場から姿を消しましたが、
ドコモが改めてこの変態端末の系譜であるZTE製M Z-01Kを発売するそうな。

ZTE製M Z-01Kとは:


5.2インチの2画面搭載のスマホとなります。


折りたたんだ時(右側)も、1台のスマホのようにスタイリッシュ。
この画像であれ?っと思った方、勘が鋭い。そう、この端末は折りたたむとディスプレイが外側になります。
ちょうどニンテンドー3DSの逆の折り方ですね。


こんな感じで折りたたんで表示可能。ミラーリング機能で、向こう側に座っている人と画面を共有し、
動画などを観ることも出来るそうな。
通常モード(どっちかはOFF?)、ミラーモード(2画面共有)、2画面モード(別々にアプリを起動?
もしくは片方をキーボード化?)、大画面モード(1つのアプリを大画面表示?)を搭載とのこと。

片方の画面をキーボード化出来るならば、どう考えてもディスプレイは内側に折れるほうがいいよね・・・
画面の保護にもなりますし。

2画面搭載して、こんな使い方しか提案できないのか、と絶望的になります。

その他画像はこちら。
2画面スマホ「M」登場、Androidのマルチウィンドウ機能を活用 – ケータイ Watch

M Z-01K:スペック

メーカー ZTE
OS Android 7.1
ディスプレイ 5.2型液晶×2
1080×1920ドット×2
CPU Snapdragon 820 2.2GHz+1.6GHz(クアッドコア)
RAM/ROM 4GB/64GB
サイズ 約72×151×12.1mm
重量 約230g
VoLTE 対応
無線LAN IEEE802.11ac
(2.4/5GHz対応)
カメラ画素 2030万画素
バッテリー 2930mAh
生体認証 指紋認証
ポート Type-C
FeliCa/NFC ×/×
ワンセグ/フルセグ ×/×

なお、M Z-01Kはドコモ主導でZTEに作らせたものであり、「Axon M」として10/17に米国で発表されています。
2画面スマホ「Axon M」登場、日本ではドコモから アプリの大画面化やマルチタスクが可能 – ねとらぼ

さて、文句ばっかり言っても建設的ではないので、使いみちを考えましょう。
初代のMEDIAS W N-05Eの頃と比べ、一応Android7.0からOSレベルでマルチ画面が実装されていますので、
GoogleChromeブラウザでブラウジングしつつ、GoogleMapsで地図を観ることも可能です。

残念ながらLINEアプリはマルチ画面をサポートしていませんので、現状では2画面表示出来ないかも。
ただ、リリースまでにはZTE側が作り込んできて、上手く表示できる仕組みを整えるかもしれません。

動画を見つつ、LINEを返す、Twitterをつぶやくと言うのがシームレスに行える環境が
もうすぐそこに来るかもしれません。

ただ、Xperia X Compactでマルチウィンドウを操作したことがありますが、画面はもっさり、
発熱もすごく、対応してないアプリ多すぎで実際のところほとんど使い物になりません。

また、パソコンなどで作業をする場合は、マルチディスプレイは作業効率をアップさせてくれますが、
スマホでコンテンツを見る場合は、マルチディスプレイでもそうそう変わらないかも。

動画とSNSを同時に起動しても、結局どっち付かずになり、大画面表示⇒あれ、真ん中のディスプレイの
継ぎ目が気になる⇒あれ?タブレットを買えばよくね?となりそうな予感。


ZTEまたはドコモがもっとユーザーをワクワクさせてくれるような使い方を魅せてくれれば、
ユーザーも乗り気になってくるかもしれませんが、現状では未知数ですね。

とりあえず発売されてしばらく様子見が適切かと。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

関連記事

中華メーカーのOPPOがおサイフケータイ搭載の「R15 Pro」と廉価版M字ハゲの「R15 Neo」を国内発表へ。

記事を読む

auで毎月3が付く日は三太郎の日でミスタードーナツのドーナツ216円分、2個相当がもれなく貰える。純正⇒MVNO化で年10万節約可能。

記事を読む

ソフトバンク下取りプログラムで相場が格安の中古ゴミAndroidの白ロム端末を拾ってきて投げつけて割引を得よう。

記事を読む

サムスンがGalaxy Note9を発表へ。Bluetooth対応Sペン搭載。6.4インチ/スナドラ845/RAM6GB・8GB/ROM128GBor512GB/デュアルカメラ。

記事を読む

mineoがソフトバンク回線を利用したSプランを業界最高値で提供予定。半年間基本料無料。auプランでもテザイングが可能へ。

記事を読む

JR東日本が訪日外国人向けプリペイド型SIMカード「Prepaid LTE SIM JR-EAST ver.」リニューアル発売へ。中身はソニー。8/1~。

記事を読む

IIJmioが新規手数料無料、月額300円OFF、1年間3GB増額へ。~7/31。

記事を読む

ドコモ純正とMVNOでHuawei P20 Proの料金・価格比較。10GB超え運用+MNPでドコモ純正回線がコスパが良い。

記事を読む

日本通信が月190円からドコモ版で月100MBまで通信可能なb-mobile S 190PadSIMを発売へ。IoTに使えるかも。7/25~。

記事を読む

ドコモの1GB1000円を自動で買い続けるスピードモードを契約すると1000dポイントがもれなく貰える。4/1~。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP