ソフトバンクのいわゆるゴミ(フォトビジョン、みまもりGPS、スマート体組成計)などの違約金・契約解除料が自動更新無く満了後は廃止へ。5/31~。

logo

  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


ソフトバンクのいわゆるゴミ(フォトビジョン、みまもりGPS、スマート体組成計)などの違約金・契約解除料が自動更新無く満了後は廃止へ。5/31~。

公開日: :   携帯関連・料金プラン技


ソフトバンクのいわゆるゴミ(フォトビジョン、みまもりGPS、スマート体組成計)などの違約金・契約解除料が自動更新無く満了後は廃止へ。5/31~。

これまでケータイ乞食に恐れられてきた、ショップが契約条件として持ち出してくる「ゴミ」と呼ばれる、
下記商品と料金サービスの契約解除料(違約金)が、2年または3年縛り終了後は、
自動更新無く廃止となります。

対象:

製品 料金サービス 年間契約
フォトビジョン フォトビジョンバリュープラン 2年(24ヵ月)
フォトビジョン半額割
フォトビジョンバリュープラン 長期割
フォトビジョン法人パック
スマート体組成計 スマート体組成計専用2年契約
みまもりGPS みまもりGPS専用2年契約
みまもりホームセキュリティ みまもりホームセキュリティ専用2年契約
モバイルシアター スマートデバイスプラン 3年(36ヵ月)

むしろよくこの違約金の自動更新を続けていたな、と思います。
廃止に踏み切ったということは、よほどトラブルが多かったのでしょうか。

なお、参考までにフォトビジョン専用料金プランのフォトビジョンバリュープランは、
基本料金848円(税抜)、2年間縛りの自動更新、違約金は9334円です。
自分で合意して契約したとは言え、割りとひど目のプランかと。
フォトビジョン | 料金プラン | モバイル | ソフトバンク

フォトビジョンなど「ゴミ」が生まれたきっかけ:

そもそもフォトビジョンに3GやLTEで通信する機能が必要だったのか、WiFiじゃなぜ駄目だったのか、
フォトビジョンなんてそもそも持ち歩かないだろうが、という疑問が沸いてきますね。

サービスと契約の成り立ちがそもそも不自然なフォトビジョンですが、
フォトビジョンなどのゴミのばら撒きの背景には、ソフトバンクの膨大な借金(当時)が挙げられます。

ソフトバンクは、当時の英国ボーダフォンからボーダフォン日本法人を買収する際にブリッジローンとして
1兆円ものお金をみずほコーポレート銀行(当時)などの銀行団から借りていました。

このブリッジローンにはトリガー条項(財務制限条項)というのがありまして、
その中に「四半期ごとの契約目標を下回らないこと」、つまり「毎月純増させること」が設定されていたそうな。
逆に言うと、「純減するとはいアウト」であり、アウトとは、銀行団が経営権に口を出してくるということ。
生粋の経営者の孫正義さんにはそれが耐えられなかったのでしょう。

そして3円や8円で携帯をばら撒いて純増数を稼ぎ始めたのが2006~2008年ぐらい、
純増に伸び悩みが目立ち始めると、iPhoneにフォトビジョンなどを生贄にして純増数を稼ぎ、
みずほコーポなどの銀行団からの介入を阻止していたそうな。

とは言うものの、よく分からずに契約したおじいちゃん・おばあちゃんからしてみると、
こんな糞の役にも経たないフォト盾なんて宝の持ち腐れ、解約しようと思うと25ヶ月目を除いて
違約金10080円というのは、なかなか厳しい。

管理人の友人もショップで怒鳴り散らして無料で解約してもらったそうですが、
下手すると友人が刑務所行きですし、恐らく消費者センター等にも相談が多かったのでしょう。

ソフトバンクが「しゃーなしやで」ということで、今回の処置になったのかと。

でも、そもそも契約者がはんこを押したのがこの災難の始まりです。
理解していなかった、は通用しません。分かりづらかった、というのは言い訳にもなりません。
よく理解せずに判子を押した人が悪いのです。
民法90条・91条を根拠とする契約自由の原則が、ここでも生きています。

高額品やローン、携帯電話はよくよく料金プランや契約約款を読み、納得の上で契約しましょう。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

関連記事

DMMモバイルがSNSカウントフリー無料、10分かけ放題開始、新規事務手数料無料、DMMポイント10%還元セールを開催中。~11/30。

記事を読む

モトローラが5.2型Androidスマートフォン「Moto G5S」を28800円で発売へ。10/20~。

記事を読む

ソフトバンクがAndroidもiPhone同様に半額となる「半額サポート for Android」を開始予定。ただし永遠に縛られて端末は没収。

記事を読む

ドコモがZTE製2画面搭載スマートフォン「M Z-01K」を発表へ。ただしディスプレイは折りたたみ時に外向き。2018年1月~。

記事を読む

Huawei Mate10/10Proのスペックが明らかに。無印は日本発売なし、Proはイヤホンジャック/microSDなしの10万超え。オワタ。

記事を読む

MVNOのmineoで音声通話SIMが月410円で維持できる「大・大盤振る舞い」キャンペーンを開始。12ヶ月900円引き、音声も違約金なし、アマゾンギフト券も貰える。~11/9。

記事を読む

ひかりTVショッピングでOCN モバイル ONEのMVNO SIMに申し込むと、5000円キャッシュバック。~10/31。

記事を読む

Huawei Mate10が今まさにミュンヘンで発表会中。Kirin970、5.9インチ液晶でiPhone8 Plusよりコンパクト。

記事を読む

DMMモバイルに申し込んでみた。テザリングでもバースト通信出来ると良いな。LINE Payカードで申し込みは可能。

記事を読む

au Design project 15周年展覧会開催記念出版物「ケータイの形態学」がWEBで無料公開中。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP