LGがスマホ事業を撤退。技術流出懸念で部門売却せず、解体へ。 | ニュー節約速報

logo

人気記事・今ホットな案件
  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧


スポンサーズドリンク
本日明日の締め切りキャンペーン


LGがスマホ事業を撤退。技術流出懸念で部門売却せず、解体へ。

公開日: :   携帯関連・料金プラン技


LGがスマホ事業を撤退。技術流出懸念で部門売却せず、解体へ。

あの日本を苦しめた韓国半導体・家電・液晶パネルメーカーのLGが、
今度は中国勢の追い上げをくらい、スマートフォン事業から撤退することを発表しました。

LG電子は北米や中南米、韓国中心に世界でスマホを販売。2020年12月期の販売台数は約2500万台で、売上高は5兆2171億ウォン(約5100億円)、営業損益は8412億ウォンの赤字だった。赤字は15年から6期連続で、この期間の累積赤字は5000億円規模に膨らんでいた。

なお、当初は外国企業に売却の交渉を行ったものの、LGが保有するAI関連や自動走行などの
特許技術に強烈な関心を示したことから、技術を自社で保有し、将来の産業に備える目的で
売却を断念し、従業員3700人は家電部門などに配置転換することで対応するそうな。

LG製品のNexus5あたりは結構出来栄えが良かったと記憶していますが、
Galaxyのようにハイエンド価格帯を維持するだけのブランドもなく、中国勢にコスパで負け、
ワールドワイドで利益が取れなくなって敗退、とのこと。

時代の移り変わりはなんと激しいことか。

という訳で、これからLG製スマートフォンを買おうと思っていた人は、少し考えたほうが良いかも。
ファームウェアのバージョンアップは来ないでしょうし、ぶっ壊れた時のサポートも
不透明感が増しています。


ドコモオンラインショップでLG V60 ThinQ 5G L-51Aは普通に売っていますが、

ドコモは今後どうするんだろうか・・・




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    ThinQ系の二画面スマホはすごく良くできたおもちゃだったから残念だなぁ

    重いけどパカパカ楽しいし、初対面の人と話のタネにもなった

  2. 匿名 より:

    LGは家電販売部門が伸びてるのにスマホ部門が足を引っ張ってるからこれが最も良きタイミングなのかも。

  3. 匿名 より:

    そういえば最近LGのスマホ話題にならないなぁと思っていたけど、あまり気にしてなかったわ。

  4. 匿名 より:

    技術流出懸念って、パクリ国家が何を言うw
    あ、自分たちがパクリまくってるから、余計に心配なのね!

  5. 匿名 より:

    わりと堅実なメーカーって印象だったけど解体かー
    そういえばPixel3はここで作ってたって噂があったような

  6. 匿名 より:

    いずれソニーも・・

    • 匿名 より:

      ソニーはVAIOの前科から考えると株式会社Xperiaにして追い出すとか・・・Xperia単体じゃとても勝負できないか

  7. ぱし より:

    Nexus5は良かったですよ。イーモバイル末期にMNP一括0円で貰って、月2,500円で通話付き5GBのプランでソフトバンク回線が使えました。

    メーカー保証期間中に壊れて修理に出しましたけどね・・・。

Message:投稿されたコメントは承認され次第表示されます。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)URLのみの場合、何か日本語で追記してください。

PAGE TOP