ドコモのMONO MO-01J(650円)の毎月維持費を考える。SIMフリーiPhone7+MVNO運用の方が毎月1000円安いぞ。

logo

  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


ドコモのMONO MO-01J(650円)の毎月維持費を考える。SIMフリーiPhone7+MVNO運用の方が毎月1000円安いぞ。

公開日: : 最終更新日:2016/10/23   携帯関連・料金プラン技


ドコモのMONO MO-01J(650円)の毎月維持費を考える。SIMフリーiPhone7+MVNO運用の方が毎月1000円安いぞ。

未だに月々サポートなどが明かされていないドコモオリジナルスマホ「MONO MO-01J」ですが、
一括650円という価格が先行しているので、ちょっと考察してみます。

2016年12月上旬発売予定、中身はZTEとなります。

MONO MO-01J(650円)の条件:

・端末購入サポート(1年)
・違約金は15,876円
・具体的な月々サポートの明記は無し。

MONO MO-01Jの運用コスト:

一括650円ということで、月27円として計算します。

ドコモで通常の料金プランで契約すると、最安値は
カケホーダイプラン(スマホ/タブ) 2700円+データSパック2GBで3500円。
※カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)は1700円と1000円安いですが、
データMパックorシェアパック5以上の契約が必要です。

実際問題、特に動画を見なくても移動中にスマホでまとめサイトなどを見るだけで、
最近は3GB程度まで到達するほどWEBのリッチコンテンツ化が進んでいるので、
データMパック(標準)(5GB)5000円を採用しましょう。
そうなると、カケホーダイライトプラン1700円が採用できます。

基本プラン パケットパック 合計
カケホーダイプラン(スマホ/タブ) 2700円 データSパック2GB 3500 6200
カケホーダイプラン(スマホ/タブ) 2700円 データMパック5GB 5000 7700
カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ) 1700円 データMパック5GB 5000 6700

※カケホーダイライトプラン+データSパック2GBは契約不可能。

そうなると、カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ) 1700円+データMパック5GBで5000円、
更にSPモードが必要なので、+300円=7000円。
そこにMONO MO-01J月27円を加えて7027円税抜きとなります。たっけーなおい。

なお、月々サポートは0か、もしくは月々サポートと端末分割が同等の実質0円と想定しています。

一方、iPhone6Sは新規機種変更で実質月432円、MNPだと端末購入サポートで実際月432円、
合計10368円となります。こう考えると、ドコモ回線で運用すると仮定しても、
2年間で1万円の差であれば、ZTEのよく分からない端末よりもiPhone6Sを買ったほうが良いかも。

SIMフリーiPhone7+MVNOと運用コストを比較する:

では、比較対象として、SIMフリーiPhone7+MVNOの運用コストを考えてみましょう。
フェリカや防水に対応した4.7型のiPhone7(32GB)SIMフリーは72800円。

楽天モバイルの通話SIM5GBが2150円、ドコモのカケホーダイライトプラン(スマホ/タブ) と
条件を同じにするために、「楽天でんわ 5分かけ放題オプション」を加算すると、月850円。
楽天モバイルの合計は2150+850=3000円となります。

2年間の総額で考えると、iPhone7端末代72800+3000(月)*24(回)=72800+72000=144800円となります。

一方、ドコモのMONO MO-01Jの2年間の運用コストは、7027(円/月)*24ヶ月=168648円となります。
差額は23848円、ドコモのZTEのよく分からない端末を選んだほうが、2年間で23848円、
月あたり1000円ほど高くなります。

そう考えると、(どう考えても)、iPhone7+MVNOの方がユーザーエクスペリエンスは楽しそうですね。

という訳で、ドコモのMONO MO-01J(650円)はあくまで話題先行型の商品で、
維持費を考えるとiPhone7の方が2年で2.4万円、1ヶ月あたり1000円も安いことが分かりました。

管理人がどっちか選べと言われたら、iPhone7を選びますね。

Androidがよっぽど好きな人はMONO MO-01Jでも良いかもしれませんが、
それだったらハイエンドなZenfone3が3.3万円も出せば余裕で買えるので、
どう考えてもZenfone3+MVNOのほうが安く済みますね。

関連記事:ASUS ZenFone 3 ZE520KLの並行輸入品はアマゾンで32900円、ETORENで31419円でセール中。国内版は42984円。台湾版で特に問題なし。


関連記事:楽天モバイルで「honor6 Plus」が9800円。「ZenFone Go」が7800円、 ZenFone2 ZE551ML、ZenFone
Selfie、arrows M02が9800円データSIMで即解OK。10/21 10時~。


格安SIMのU-mobileで「データ通信5GBプラン」が2ヶ月無料。事務手数料も無料。そのまま解約してもOK。無料のデータSIMとしてどうぞ。


スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

関連記事

【本日終了】LINEモバイルで音声通話SIMを契約すると月額基本料金最大3ヶ月分が無料となるキャンペーンを開催中。3ヶ月間3GB増量キャンペーンも併用可能。2/1~4/30。

記事を読む

ソフトバンクユーザーはYahooプレミアム月額料金499円が無料へ。6/1~。

記事を読む

無料のDTI SIMが「通信速度制限の緩和」と「データ容量繰り越しサービス」で更に使いやすくなったぞ。

記事を読む

格安SIMのU-mobileで「データ通信5GBプラン」が2ヶ月無料。事務手数料も無料。そのまま解約してもOK。春休み無料のデータSIMとしてどうぞ。

記事を読む

【フォトレビュー】NifmoでHuawei nova liteを申し込んだら2日で到着したぞ。

記事を読む

【申し込んでみた】NifmoでHuawei nova lite申し込みでキャッシュバックを貰って半年無料データ回線(3GB)を製造可能。~5/31。

記事を読む

【後編】NifmoでデータSIMでも8200円キャッシュバックのHuawei nova liteに申し込んでみた。データ回線・3GBが実質半年無料。~5/31。

記事を読む

UQ-mobileのチラシ広告で家電批判2017年1月号で「格安SIMランキング2017」が公開中。時間帯別の格安MVNO・SIMのベンチマーク結果を計測。

記事を読む

IIJmioでスマホと音声SIMセット申込みでAmazonギフト券最大1万円キャッシュバック。VAIO PhoneA/Moto G5 Plus/NOVA/Zenfone3などが対象。~5/8。

記事を読む

家電批判2017年5月号で「格安SIMランキング2017」を公開中。時間帯別の格安MVNO・SIMのベンチマーク結果を計測。

記事を読む

Comment

  1. ウォシュレット より:

    すみませんiPhone6Sの合計一万いくらというのはどういう計算でしょうか

    • YutoriMan より:

      新規機種変更の2年間合計の実質価格です。2年間完走を前提としているので、実質価格採用で問題ないかと。

  2. ななし より:

    >>ドコモで通常の料金プランで契約すると、最安値は
    カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ) 1700円+データSパック2GBで3500円。

    カケホーダイライトプランだとデータSパックは適用不可(5GBのMパック以上)のはずなので、この部分は誤解を招くのでないでしょうか。

    • YutoriMan より:

      やっぱり招くかなぁ・・結果的にMパック適用だから計算結果間違ってねーわと思ってスルーしましたが、
      一応書いときますね。

  3. ウォシュレット より:

    ありがとうございます。結局その月432円に1700円+データMパック5GB5000円が月々かかるってことですよね

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


PAGE TOP