【biglobeも安い】nifmoでHUAWEI P10 lite、P10 Plusがデータ回線で8100円、音声で12100円~21100円キャッシュバックでMVNO業界最安値。3ヶ月無料データ回線(3GB)を製造可能かも。~6/30。

logo

  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


【biglobeも安い】nifmoでHUAWEI P10 lite、P10 Plusがデータ回線で8100円、音声で12100円~21100円キャッシュバックでMVNO業界最安値。3ヶ月無料データ回線(3GB)を製造可能かも。~6/30。

公開日: :   携帯一括情報


nifmoでHUAWEI P10 lite、P10 Plusがデータ回線で8100円、音声で12100円~21100円キャッシュバックでMVNO業界最安値。3ヶ月無料データ回線(3GB)を製造可能かも。~6/30。

※追記:バナー広告と内容によって、20,100円CBと21,100円CBの2パターンあります。
なんとなく低いほうが適用されそうですが、今のうちにスクリーンショットを撮って、
さっさと契約を締結してしまうのが吉かも。

上記バナーは21,100円のCBが高い方のバナーですので、ご安心下さい。

特に今後、3GB音声だと12,100円のCBが10,100円に減額される恐れあり。

追記:ビッグローブでも本体代3000円引き+1万円キャッシュバック:


こっちもありかも。端末代1240*24=29760円から3000円引きの26760円、
そこから1万円キャッシュバック(データも対象)、実質1.67万円。うん、nifmoより安いぞ。


2017/6/6に発表されたされた「HUAWEI P10 lite」「HUAWEI P10」「HUAWEI P10 Plus」ですが、
例によって例のごとく、MVNOのnimoでキャッシュバックばら撒きキャンペーンを開催中です。

これはgooSimsellerなどの2000円OFFクーポンを差し置いて、最安値ですね。

キャンペーン期間
2017年6月1日~2017年6月30日

なお、P10無印のみキャッシュバックというより、nifmo取扱対象外とのこと。

Nifmoのプランとキャッシュバック表:

プラン名 データ通信専用タイプ
SMS対応タイプ
音声通話対応タイプ
3GBプラン 8,100円 12,100円
7GBプラン 8,100円 13,100円
13GBプラン 8,100円 21,100円

データSIMだとどうせサブ回線ですし、とりあえず繋がればいいので、
早急にMNP弾にしようかななどと不埒な事を考えることなく、気長にキャッシュバックを待つことが出来ます。

キャッシュバックの条件は、6カ月目まで回線を維持し、かつデータ通信プランを契約時より
容量の少ないプランに変更しない場合です。その場合、キャッシュバックは9ヶ月後に
口座に現金にて振り込まれます。

まぁ普通に考えて、口座に入金されるまでは回線を解約するのは止めておきましょう。

Nifmoの端末代金

一括払い 24回分割時の月額 8100円CB時
実質価格
12,100円CB時
実質価格
21,100円CB時
実質価格
P10 lite 26,667 1,1112/月 18,567 14,567 5,567
P10 Plus 64,445 2686/月 56,345 52,345 43,345

なんと、データ回線でも8100円のキャッシュバックが貰えるため、
P10 Liteが実質18,567円で買えてしまいます。
これはぶっちぎりのコスパ&MVNO最安値かと。

※追記:BIGLOBEの方が安かったんや。

なお、既にnifmoを利用している人が、新たに@niftyIDを別に作成して申し込めば、
キャッシュバック対象とのこと。(管理人確認済み)
関連記事:【申し込んでみた】NifmoでHuawei nova lite申し込みでキャッシュバックを貰って半年無料データ回線(3GB)を製造可能。~6/30。

という訳で、例によって例のごとく、端末は即時売却して回線維持費に充てるプランで、
Nifmo全体の維持費を考えてみます。

想定キャッシュフローは下記の通り。なお、キャッシュバックは3GB・データSIMを想定しています。
端末売却は、25000円ぐらいを想定。

項目 金額(税込み)
Huawei nova lite本体代金 -26667
新規事務手数料 -3240
Huawei nova lite売却益 25000
キャッシュバック 8100
合計 3193円

という訳で、合計で3193円が儲かります。

なお、Nifmoはプランの設計上、初月料金が無料となっているため、月初でも月末でも、
結果は同じです。そうであるならば、P10 Liteがヤフオクで高値で売れる内に、
さっさと契約してしまいましょう。

もっとも、キャッシュバックを貰うために、回線は半年は維持しなくてはいけません。

データSIM3GBの維持費は972円税込みですので、3193/972=3.2
よって3ヶ月ちょいほどデータSIM(3GB)の回線を製造できることが分かります。

うーん、3ヶ月のために端末転がしはちょっとめんどくさいですね。
前回のnova liteは半年無料だっただけに、ちょっと悲しい。

まぁそもそもCB目的にMVNOを契約して端末を売り飛ばして、回線だけ維持するというのも、
本来の目的にそぐわない気もしますが。

HuaweiP10 lite、P10、P10Plusスペック比較:

Huawei P10 Plus Huawei P10 lite
OS Android? 7.0 Nougat / Emotion UI 5.1
ディスプレイ 5.5インチ WQHD(2560×1440) 5.2インチ フルHD(1920×1080)
SoC HiSilicon 64-bit オクタコア Kirin 960
(2.4GHz A73×4、1.8GHz A53×4)
Huawei Kirin658 オクタコア
(4×2.1GHz+4×1.7GHz)
RAM 4GB
ストレージ 64GB 32GB
メインカメラ メインカメラ( ダブルレンズ):
1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー
開口部F1.8(P10はF2.2) / 光学手振れ補正 / 2色フラッシュ /
2倍ハイブリッドズーム
4-in-1 ハイブリッドフォーカス
(像面位相差 + コントラスト + レーザー + デプスAF)/
4K動画撮影対応
約1,200万画素
フロントカメラ 800万画素 (開口部F1.9 / FF)
バッテリー 3,750mAh 3,000mAh
microSD対応 microSDXCカードスロット(最大256GB)
コネクタ Type-Cコネクタ microUSBコネクタ
指紋認証 対応
SIMスロット NanoSIM×2
対応バンド帯 [SIM 1]
FDD-LTE : B1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19/20/25/26/28/29
TDD-LTE : B38/39/40/41
キャリアアグリゲーション:2CA/3CA対応
WCDMA : B1/2/4/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900MHz
[SIM 2] WCDMA, GSMの上記周波数(音声通話のみ)
※KDDI不可
FDD-LTE : B1/3/5/7/8/18/19/26
TDD-LTE : B41
2CA対応
W-CDMA : B1/5/6/8/19
GSM : 850/900/1800/1900MHz
セカンダリーSIM : GSMの上記周波数
※ソフトウェアアップデートで、
au VoLTE対応予定
外形寸法 153.5×74.2×6.98mm 146.5×7 ×7.2mm
本体重量 165g 146g
市場価格 64800円 24800円

なお、楽天店、Yahoo店、アマゾン店でも白ロムのみ販売中です。
ポイント付与やらを考えると、そっちで買いたい人は、それぞれの店でポチってみましょう。

楽天店:
【6/9?順次出荷】SIMフリースマホ HUAWEI P10 lite + 選べるOCNモバイルONEセット【送料無料】

Yahoo!ショッピング店:
https://store.shopping.yahoo.co.jp/goo-simseller/p10lite-simset.html

Amazon店:
NTTコムストア by gooSimsellerのストア(未だ取扱なし。)

という訳で、実効速度もかなり早めで管理人も愛用中のNifmoです。
最近は富士通グループからノジマ電気に事業ごと売られてしまいましたが、
そのおかげで獲得数を稼ごうと焦っているのか、身軽になった分キャッシュバックに気合いを入れているのか
ちょっと分かりませんが、何にせよ一番安く、在庫ありで申し込み受付中ですので、
興味ある人は申し込んでみましょう。

Huawei P10 Liteのパフォーマンスは:

Kirin658を搭載したP10 Liteの情報はあまり国内には内容ですが、海外サイトから拾ってきた
ベンチスコアは下記の通り。

Geekbench 4.0 – 64 Bit Multi-Core Score: 3348
Geekbench 4.0 – 64 Bit Single-Core Score: 874
PCMark for Android – Work 2.0 performance score: 4464
PCMark for Android – Work performance score: 5794
Octane V2 – Total Score:4589
3DMark – Sling Shot Extreme (ES 3.1) Unlimited Physics 2560×1440: 1608
3DMark – Sling Shot OpenGL ES 3.0 Unlimited Physics 2560×1440: 1554
3DMark – Ice Storm Unlimited Physics 1280×720 offscreen: 13510
AnTuTu Benchmark v6 – Total Score: 60438

P10 Liteは、その名の通り廉価版となりますが、2万円中盤でこのスコア、十分に戦える高コスパ機種かと。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP