ワイモバイル、うっかりiPhoneSEをSIMフリー版より8320円もお高く販売してしまう。オンラインストアだと1.8万円の割引あり。8/27~。 | ニュー節約速報

logo

人気記事・今ホットな案件
  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


ワイモバイル、うっかりiPhoneSEをSIMフリー版より8320円もお高く販売してしまう。オンラインストアだと1.8万円の割引あり。8/27~。

公開日: :   携帯一括情報


ワイモバイル、iPhoneSEをSIMフリー版より8320円もお高く販売してしまう。オンラインストアだと1.8万円の割引あり。8/27~。

ワイモバイルがiPhoneSEの2世代目について販売を開始する旨を発表しました。
“ワイモバイル”、Appleの最新のiPhoneである「iPhone SE」を発売 | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク

発売日:8/27~。

取り扱いは64GBのみで、価格は57600円税込みとのこと。
いやいや、SIMフリー版より8320円もお高いってどういうことよ。

なお、オンラインストア限定、新規契約または他社からの乗り換え(ソフトバンクからの番号移行を除く)で、
スマホプランMまたはRに申込すると18000円割引が適用されます。


また、新規事務手数料も無料となります。

参考:SIMフリー版iPhoneSE(2020)との比較:

64GB 128GB 256GB
SIMフリー 49,280 54,780 66,880
ワイモバイル(リアルストア) 57,600
ワイモバイル(オンラインストア) 39,600

もうこんな商売しか出来ないなんて、リアルストアなんて閉めてしまえと思いますが、
運営側も「どうせリアルストアなんて年寄りか情弱しか来ないし、iPhoneSEのSIMフリー版の定価とか
知らないだろ、もしくは算数出来ないだろ」、と馬鹿にしているのかも。

という訳で、オンラインストアでスマホプランMかRにするならば購入を検討してみましょう。
ただ、スマホプランSは対象外ですけどね。

スマホベーシック スマホベーシック スマホベーシック
プランS プランM プランR
高速データ通信容量 3GB 9GB→10GB 14GB
「データ増量オプション」適用時
(月額500円)
4GB 12GB→13GB 17GB
低速時 最大128kbps
⇒変更なし
最大128kbps
→最大1Mbps
通話料 10分以内の国内通話は無料
基本使用料 2,680円 3,680円 4,680円
新規割(6ヶ月間のみ) -700円

Mがいらない人も初月のみMで申し込み、そして即座に翌月からSに変更を申し込みすればOK。

ちなみに新規割で毎月700円引きとなりますが、6ヶ月で適用が終了されます。
という訳で、どうせ事務手数料で違約金1000円ですので、ワイモバイル⇔UQモバイルを行ったり来たりするのが
一番お買い得かも。
関連記事:ワイモバイルが料金据え置きで低速時128kbps⇒最大1Mbpsに増速、更に1GBプラスへ。7/1~。 | ニュー節約速報

興味ある人は利用してみましょう。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    なおUQモバイルでは64GB版が税込4万円弱とのこと

    • 匿名 より:

      ↑の者ですが、UQの35640円は税別と思い込んでたけど税込でした
      よって「4万弱」というより3万円台半ばくらい
      こりゃ安いわ

Message:投稿されたコメントは承認され次第表示されます。

PAGE TOP