総務省の覆面調査でケータイショップが白ロム販売を「在庫なし」と嘘をついて販売拒否しているのがバレる。 | ニュー節約速報

logo

  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧


スポンサーズドリンク
本日明日の締め切りキャンペーン


総務省の覆面調査でケータイショップが白ロム販売を「在庫なし」と嘘をついて販売拒否しているのがバレる。

公開日: :   生活ネタ, 携帯関連・料金プラン技


総務省の覆面調査でケータイショップが白ロム販売を「在庫なし」と嘘をついて販売拒否しているのがバレる。

総務省が携帯ショップに対して覆面調査を行った結果、回線契約がない客への
販売を拒否している事象が発生していることが明らかになりました。

代理店によっては「在庫がないから」と嘘をついてまで販売を拒否しているとのこと。

 端末のみの販売状況についての覆面調査は初めて。実施期間は2020年12月から21年2月。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク代理店の各店舗に対して調査した結果、回線契約がない客への端末販売を拒否した代理店の割合はそれぞれ22.2%、29.9%、9.3%に上った。「(販売拒否は)キャリアそのものの方針」「端末購入には回線契約が付随することがルール」などの証言が販売員から得られたという。

では、なぜ代理店は嘘をついてまで回線契約がない、端末単体購入客をないがしろにするのでしょうか。

代理店の評価は高額プランの加入数による:

現状、携帯ショップが端末のみを販売しても、ほとんど利益が出ません。
理由は通信キャリアの端末の卸値が、ほぼ携帯ショップの売値と同じであるため、
売っても売っても端末販売では利益が出ない状態です。

売値を上げる訳にはいきません。だって各キャリアが概ね参考となる「市場想定価格」を
発表していますから、仮に3000円お高い値段を付けても、誰も買わないでしょう。

また、これまで代理店の小遣いになっていた「頭金」と称した手数料も、
最近はキャリア側の締め付けにより満足に顧客に請求することが出来ない状態です。
そりゃいわゆる割賦販売の「頭金」とは意味が異なり、単なる代理店の手数料ですから、
客にはまっとうに請求しづらいのも当たり前かと。

代理店の残りの食い扶持は、キャリアからのインセンティブ(奨励金)です。
顧客が必要だろうが必要なかろうが、とにかく高額なプランにさえはめ込めば、
キャリアからお小遣いが貰えるわけ。

そんなご時世に客が「端末だけ売ってくれ」と言われても相手にしたくないのです。
ましてやiPhone12などの新型端末が出たばっかりの時は、そういう新機種が貴重な弾になりますので、
金を落とさない端末だけ販売して欲しい客に売って、肝心な回線契約を伴う客の時に売り切れでは
商売にならないのです。

だから「在庫がない」とか「回線契約を伴うのがルール」と言って、ゴミ客を追い払うわけですね。
携帯ショップで「スマホ販売拒否」多発のなぜ | 通信 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

こうしてみると、もはや携帯ショップ代理店というのは社会的な役割を終えたのかも。
これからの客はahamoを代表とするオンライン専用の格安プランに流れるでしょうから、
代理店の食い扶持はますます減っていきます。

ショップに来るのは年寄りや情弱、もしくは毎月20GB以上通信しまくるパワーユーザーと
故障や解約対応ぐらいでしょう。そういった客は時間を取られる割にはあまり金を落とさない。

これからの時代、携帯ショップ代理店は社会的役割を終え、淘汰されていくでしょう。
かつては携帯MNPキャッシュバックで稼がせてもらった身としては少し悲しく、
申し訳ない気持ちになりますが、これも時代の流れですね。しょうがないかと。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    携帯ショップの店員とか人生終わってる奴しか居ないからセーフ

  2. 匿名 より:

    情弱から養分吸い上げて代理店にインセじゃぶじゃぶ流して、さらに情弱嵌めてぐるぐる回してたのが3大キャリアですしね
    養分が減っても同じことやってたら代理店は枯れるわな

  3. 匿名 より:

    「定価でいいから購入したい」
    ではなく
    「回線契約はしないけれど割引を適用させた額で購入させろ」
    って話だからなぁ

  4. 匿名 より:

    高齢者に騙して高級布団売ってるところと、そんなに差がなくなっているイメージ
    自分も15年前は携帯ショップに行って買ったけど

  5. 匿名 より:

    あんだけ高いもん売って利益でないなんて悲しくなるね

  6. ぽろたん より:

    携帯ショップへの覆面調査員のお誘いがあったけど、総務省委託事業だったのかも知れない。芝居したりしなきゃいけないようで、面倒なのでお断りしたけど。
    総務省の有識者会議の議事録とか読んでると、はっきりとは書いていないけど「携帯販売代理店なんてまともな連中じゃないな」という雰囲気がにじみ出ていたし、当局も淘汰は見込んでいるかと。業界団体もあんまり政治力ない模様。

    • 匿名 より:

      電話加入権を扱っていた会社の中には怪しいところもいっぱいあった
      インセンティブ獲得のために大量に寝かせて大問題になった光通信
      昔からまともじゃない業界です
      早く滅びるべき

  7. デブオ夕 より:

    「携帯ショップ代理店は社会的役割」を終えたに一票。
    かつて流行った「即解約白ロム転売」や「MNP高額キャッシュバック」もできなくなり、情弱から金を巻き上げるだけの存在は不要。
    キャリアも携帯ショップは少数の直営店(グループ会社による運営店含む)のみにすりゃよいのにね。
    携帯ショップ代理店勤務なのに「NTT DoCoMo勤務」「au勤務」「ソフトバンクモバイル勤務」と盛る輩も無くなるし。

  8. 匿名 より:

    未だにお年寄りが
    オープン前に行列してたりする・・・

  9. 匿名 より:

    もはや教会みたいなもの…ゴールデンウィークも結構空いてるとのこと笑 ところで総務省への覆面調査は募集しないのか?そっちの方が釣れると思うぜ笑

  10. 匿名 より:

    ケータイ代理店も保険代理店もコンビニも脱サラ者のなれの果てっすね
    大抵は元締めに使い捨てられて、店長の人生とともに終了かと

  11. 匿名 より:

    わずかな直営店のみにして、解約をわざわざ直営店に行かないとできないようになったら滑稽だよね。

    解約対策になるよwww

Message:投稿されたコメントは承認され次第表示されます。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)URLのみの場合、何か日本語で追記してください。

PAGE TOP