「メガドライブ ミニ」が2018年発売決定へ。メガドライブ生誕30周年記念で名作ソフト内蔵。

logo

  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


「メガドライブ ミニ」が2018年発売決定へ。メガドライブ生誕30周年記念で名作ソフト内蔵。

公開日: :   IT関連


「メガドライブ ミニ」が2018年発売決定へ。メガドライブ生誕30周年記念で名作ソフト内蔵。

1988年に発売されたメガドライブですが、全世界で3074万台(日本で358万台)とセガ市場最大の
売れ行きだったそうな。

とは言え、名作のソフトが特に移植されず、気がつくとスーパーファミコン
(発売1990年、世界で4910万台、日本で1717万台)にその座を奪われ、
後発のセガサターンも今ひとつパッとせず、気がついたらセガそのものがハード事業から
撤退する憂き目にあいました。

さて時代は流れて2018年、メガドライブ生誕30周年ということで、
当時のデザインを踏襲しつつ、1/4サイズで最新技術を盛り込み、かつての名作ソフトを収録して、
テレビに繋ぐだけで楽しめるという「メガドライブ ミニ」が発表されました。


発売日:2018年中
価格:未定
収録ソフト:別途公開

情報は無い無い尽くしですが、代表取締役会長 CEO 里見治紀がしっかりとプレゼンをしているので、
そのうち正式にプレスリリースが打たれるでしょう。

それにしても里見氏、やたら若いですな。。。ちなみに初代創業者である里見治(はじめ)氏の
長男であり、跡継ぎとのこと。

年齢は39歳であり、明治学院大国際学部卒後に国際証券(現三菱UFJモルガン・スタンレー証券)に
入社したそうな。単なるボンボンではなさそう。

さてはて、2代目社長の経営手腕は如何ほどでしょうか、
是非ともメガドライブ ミニにて発揮して欲しいところです。

とは言いつつ、ミニスーファミやミニファミコンで味をしめたニンテンドーの隣の芝生は青く見える状態で、
同じようなビジネスモデルを展開するのではなく、セガらしい独自の展望を持って
ビジネス展開をして欲しいところではあります。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

関連記事

ソニーがAPS-Cのミラーレス一眼カメラ「α6400」を発表へ。世界最速0.02秒高速AF、自撮り液晶。手ぶれ補正なし。発売当初から2万円キャッシュバックへ。予約は1/22 10時~。

記事を読む

Microsoft Office 2019が2019/1/22より発売へ。割としょうもない機能が追加へ。

記事を読む

ライオンの洗濯用スマートデバイス、スマートハレタが抽選で1000名に当たる。~2/28。

記事を読む

ヤフオクで複数アカウントでくじを引きまくる「ヤフオク!くじBot」をUWSCでスクリプト作ってみた。

記事を読む

Amazon Studentに加入すると2000アマゾンクーポンがもれなく貰える。年会費は1900円で6ヶ月間無料でお試し可能。

記事を読む

【リベンジ】アマゾンタイムセール祭りでページを見るだけでプライム会員4%ポイントバック。AmazonMastercardで最大7.5%バック。

記事を読む

アマゾンで買った新規用ESETライセンスで更新(ぽく)する方法。

記事を読む

サムスンのSSDの1TBに買えたらWriteの速度が224MB/s⇒519MB/sの2倍速になった話。ブログを書くだけなので体感速度は変化なし。

記事を読む

アマゾンプライム会員がクレカ登録不要でアマゾンギフト券のみで登録可能へ。自動更新をキャンセルし忘れても大丈夫。

記事を読む

アマゾンが10.1インチディスプレイ付き「Echo Show」を予約受付開始。「Dot」はメッシュ化、「Plus」は温度計追加、ずんぐりむっくりへ。「sub」でステレオ化。

記事を読む

Message:投稿されたコメントは承認され次第表示されます。

PAGE TOP