ロジクールが7年ぶりにトラックボールの新作を販売へ。「MX ERGO Advanced Wireless Trackball」が13910円で販売予定。9/22~。

logo

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


ロジクールが7年ぶりにトラックボールの新作を販売へ。「MX ERGO Advanced Wireless Trackball」が13910円で販売予定。9/22~。

公開日: :   IT関連


ロジクールが7年ぶりにトラックボールの新作を販売へ。「MX ERGO Advanced Wireless Trackball」が13910円で販売予定。9/22~。

ロジクールが名作のM570tを7年ぶりに刷新し、新機種である「MX ERGO Advanced Wireless Trackball」を
発表しました。

発売日:2017/9/22
価格:13910円税込み
インターフェース:Unifying、Bluetooth LE

サイズ:

高さ x 幅 x 奥行き:
132.5mm × 51.4mm × 99.8mm
重量: 164g(メタルプレート/レシーバーなし)
重量: 259g(メタルプレートあり/レシーバーなし)

スペック:

公称値:380dpi
最小値と最大値:320dpi~440dpi
ボタン数: 8

バッテリー寿命 1回のフル充電で最長4ヶ月使用可能2
ボタン耐久性(左/右) 1,000万回クリック ←???え???

チルト機能として、傾斜角が20度ほど任意の角度に設定でき、
より手首の普段を減らすことが出来ます。

Logicool Flow対応※
※異なるPC2台に同時に接続し、PC間でシームレスにマウスポインターの移動やファイルのコピペ、
クリップボードのコピペをサポートする機能。

いや君のところのマウス、チャタリング発生しまくってるやんとツッコミたくなりますが、
スペック上は1000万回クリックとのこと。


価格がかなり高いですが、あくまでもロジクールストアの公式価格で、
実売価格は6-7割になる模様。そうすると1万円ちょうどぐらいでしょうか。


それでもM570tが4248円で買えることを考えると、M570tが2個買えちゃうんですよね。
それでもロジクールファンならば買うかと。

信者ならば、もしチャタリングが起きれば、分解して接点復活スプレーを吹いたり、
自分でスイッチ(たしかオムロン製)を交換したり、チャタリングキャンセラーアプリを入れて解決しましょう。

なお、配属当初はさっぱりパソコンができなかった後輩や部下にパソコン先生としてパソコンを
教えて数年後、ある日突然「先輩、まだマウスとか使ってるんですか?時代はトラックボールですよ、
手首の負担が少ないですし、マウスを動かすなんて時代遅れです」と言われると、
パソコン先生として少し悲しくなります。それと同時に、成長が感じられて、
なんとなく嬉しい気持ちになります。


とりあえず興味ある人は買ってみましょう。
アマゾンでは早速13910円にて予約受付中です。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

Comment

  1. 7743 より:

    M570は名作じゃないと思うし、一般グレードのマウスだとスイッチの耐久度は300万回なので「三倍強い」だよ。
    ※ゲーミングマウスだと2000万回当たり前で、5000万回のスイッチもあるけどね

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP