BUFFALO 無線LAN子機WLI-UC-GNM2とEye-Fi mobi8GBでWindows10で画像転送ができたぞ。

logo

  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧


スポンサーズドリンク
本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


BUFFALO 無線LAN子機WLI-UC-GNM2とEye-Fi mobi8GBでWindows10で画像転送ができたぞ。

公開日: :   IT関連


BUFFALO 無線LAN子機WLI-UC-GNM2とEye-Fi mobi8GBでWindows10で画像転送ができたぞ。

ちょっと前から管理人が当ブログで一人勝手にもめていたEye-Fi mobiですが、
ようやく無線LANアダプタを入手し、デスクトップPCに挿して無線LAN機能を付加し、
デスクトップPCにてEye-Fi mobi運用が出来るようになりました。

関連記事:Eye-Fi MobiでESETパーソナルファイアウォールを越えて通信する設定・ベンチマークスピードテストまとめ。

購入したのはこれ。

BUFFALO 11n対応 11g/b 無線LAN子機 親機-子機デュアルモード対応モデル WLI-UC-GNM2
アマゾンで882円。プライム会員で当日お急ぎ便で、8~10時間で届くというスグレモノ。

とりあえず接続して、公式ページからソフトウェアをダウンロードしてインストールします。
ソフトウェア ダウンロードサービス | BUFFALO バッファロー

あとは適当に次へを連打し、インストール完了。
Eye Fi側で適当に画像を撮り、EyeFi側でWiFiをONにすると、デスクトップPCから、
アクセスポイントとしてEye-Fiが見えるので、接続を押します。

一度設定すると、以降は勝手に繋がり、フォトストリームが流れ込んでくるので便利ですよ。

Windows10では親機モードが使えないとか、動作が安定しないとか、いろいろと口コミがありましたが、
意外とすんなり撮影⇒転送を行うことが出来ました。

そう言えば2-3日前に、Eyefi Mobiデスクトップアプリからアップデート通知が来ていましたが、
それを適用していない状態で転送が完了しています。

アップデートすると、「Keenai」というソフトウェアになるそうで、リコーの関連会社が開発したものに、
置き換わるそうな。まぁ初版は何やかんやでバグだらけでしょうから、落ち着いたら
アップデートしてみようと思います。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

関連記事

ヤフオクでの商品代金支払い方法が「Yahoo!かんたん決済のみ」へ。銀行振り込み、代引きはBAN。3/1~。

記事を読む

ドコモがQR式決済サービス「d払い」を提供開始。2018年4月~。

記事を読む

ロジクール マラソンマウス M705mが新発売。ボタンが1個減って4880円お値段据え置き。親指難民発生予定。1/25~

記事を読む

no image

AnkerがAmazon Alexa対応のスマートスピーカー「Eufy Genie」を4980円で年内に販売へ。12/21予約受付開始。

記事を読む

ヤフオクで複数アカウントでくじを引きまくる「ヤフオク!くじBot」をUWSCでスクリプト作ってみた。

記事を読む

【写真レビュー】Kindle Paperwhiteマンガモデルと無印Kindle new ver7 SY69JLを比較してみた。文庫本とマンガで読みやすさ比較

記事を読む

no image

やよいの青色確定申告・白色確定申告オンラインが1年間は無料で試せる。通常は年8640円。

記事を読む

PaddleがiPhoneをAmazon Alexa搭載のスマートスピーカーにできるアプリ『Apolo』が720円⇒360円の半額セール中。Android版は別途リリース。~12/14。

記事を読む

アマゾンで買った新規用ESETライセンスで更新(ぽく)する方法。

記事を読む

【悲報】ATOKが単体のパッケージ版の販売を終了。月額サブスクリプション形式(286円~)へ。2018/2/1~。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP