キンドル アンリミテッドで月980円で12万冊以上の本、コミック、雑誌、120万冊以上の洋書が読み放題。初回一ヶ月無料。落ち着けまだお試しする段階じゃない。8/3~。 | ニュー節約速報

logo

最新記事一覧


スポンサーズドリンク
おすすめ記事
ここ、目立つ割にあんまり使ってないんだよね・・・なに書こうかな・・・(´・ω・`)

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


キンドル アンリミテッドで月980円で12万冊以上の本、コミック、雑誌、120万冊以上の洋書が読み放題。初回一ヶ月無料。落ち着けまだお試しする段階じゃない。8/3~。

公開日: :   IT関連


キンドル アンリミテッドで月980円で12万冊以上の本、コミック、雑誌、120万冊以上の洋書が読み放題。初回一ヶ月無料。落ち着けまだお試しする段階じゃない。2016/8/3~。

※そろそろ開始から1.5年経過
読者が殺到した本が早々に対象から外れるという悲劇も。
これはアマゾンが出版社に購読数に応じて支払うインセンティブが極大化したのが原因。
結果として有名で面白い本ほどコンテンツ対象外となる矛盾。

出版業界の革命になるかもしれない本読み放題サービス、Kindle Unlimitedがサービスインしています。

サービス期間:2016/8/3~

月980円でキンドル本が一部読み放題になるというもの。初月一ヶ月は無料です。
詳しい使い方などは省略しますが、概ね下記のような感じとのこと。

・連載コミックは1冊目のみ無料対象が多い。2冊目以降は有料で買えとのこと。
・PCやプログラミングなどの雑誌や技術書はかなり充実しているとのこと。
・参加出版社が結構限られている。
・例えば「東野圭吾」は対象0冊、「池井戸潤」は対象2冊、「横山秀夫」は対象3冊。
・Mac Fan、文藝春秋、MONOQLO (モノクロ)、JELLY(ジェリー) 、Tarzan (ターザン) など
雑誌系はそこそこ充実している模様。大人の雑誌にも対応しているようです。

という訳で、現在のメインはまだまだ洋書で、和書についてはこれから、という段階かと。
初月980円は、初回のみ適用されますので、加入してお試しするのはもうちょっと
ラインナップが揃うのを待っても良いかもしれません。

ただ、コミックなどは1冊目などをとりあえず無料で読み漁り、好みのタイトルや作家を見つけ、
そこから有料で2巻、3巻と買っていくのが便利かも。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

関連記事

ヤフーのショッピングサイトのPayPayモールが登場。Yahoo!ショッピングとの違いは不明。

記事を読む

【最後の休み】アマゾンでd払い20倍でポイント100%バックのKindleコミックを買いまくって、実質0円で3000dポイントをせしめる方法。~10/14。

記事を読む

アマゾンとGoogleの映像サービスが相互に利用可能へ。YouTubeがFire TVで、Amazonプライム・ビデオがChromecastで視聴可能に。10/1より「YouTube TV」がアマゾン「Fire」で提供開始。

記事を読む

米国アマゾン.comで革靴のコールハーンを買ったら関税であんまり安くなかった話。

記事を読む

アマゾンEchoシリーズにEcho Studio、New Echo、New Echo Dot、Echo Flexが新登場へ。すぐに安売りされそう。

記事を読む

Amazonフレッシュが単なるプライム会員でも4000円以上で注文可能へ。ただし1万円未満は送料390円が必要。

記事を読む

アマゾンタイムセール祭りでページを見るだけでプライム会員5%ポイントバック。AmazonMastercardで最大8.5%バック。

記事を読む

iPhone11 Proでは本体がLightning、充電器がUSB-Cという変態仕様へ。ケーブルが付属。

記事を読む

米国でロジテックがハイエンドマウスの「MX Master 3」とキーボードを「MX Keys」発表へ。発売は9月中。

記事を読む

アマゾン、Fire TV Cubeを予約開始。Amazon Alexaでハンズフリー。最大60fpsの4K UHDメディアに対応。発売は11/5~、14980円。

記事を読む

Message:投稿されたコメントは承認され次第表示されます。

PAGE TOP