楽天で無調整豆乳 SOY BEVERAGEが96本で1本実質43円だけど、そもそも200mlはコスパは悪い。 | ニュー節約速報

logo

最新記事一覧


スポンサーズドリンク
本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


楽天で無調整豆乳 SOY BEVERAGEが96本で1本実質43円だけど、そもそも200mlはコスパは悪い。

公開日: :   激安速報

楽天で無調整豆乳 SOY BEVERAGEが96本で1本実質43円だけど、そもそも200mlはコスパは悪い。

無調整豆乳 SOY BEVERAGE [ソイ ビバレッジ] 200ml紙パック×48本、2セットで
5184円、更にポイント20%で、1本あたりの実質は43.2円となります。

タンパク質含有量は豆乳の中では普通:

100mlあたりのタンパク質含有量は4.1gで、そのへんに売っている豆乳とほぼ同等。
ただ、最高100mlあたり4.6gまで含有する成分無調整豆乳を管理人は見たことがある
(普通にコンビニに売っている)ので、この豆乳は豆乳が持つポテンシャルを全て引き出したものではありません。

そもそも200mlがコスパが悪い:

問題は200mlあたり43.2円なこと。もちろん、コンビニで買うと110円ぐらいしますので圧倒的コスパですが、
そもそもコンビニで豆乳を小分けパッケージで買うことが問題。
出先でふと豆乳が飲みたくなる?その機会は人によりますが、概ね少ないかと。

1Lあたり豆乳は200円、普通にスーパーに売っています。200ml換算で40円。
そりゃ1Lと200ml比較したら1Lの方がコスパが良いのは当たり前ですが、
だったら1Lを家で飲めばいいじゃん、となります。

ジムに持っていくプロテイン代わりにはめんどくさい:

例えばジムにプロテイン代わりに持っていくにしても、1本あたりタンパク質8.2gなので、
3-5本は必要。そんなめんどくさいことをするのであれば、最初から粉末プロテインとシェイカーを
持っていったほうが手間が大分省けるのは自明の理。

そしてこの商品、賞味期限:2020年1月14日。うーん、期日までに飲みきれるか不明。

というわけで、この商品を買うべきは、「出先でふと豆乳が常温でもいいのでしょっちゅう飲みたくなる人が、
家に買いだめしておき、毎日出かける時はかばんの中に豆乳を1-2本入れて外出する向け」となります。

そんな稀有な例or人、そうそう無いかと。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

Message:投稿されたコメントは承認され次第表示されます。

PAGE TOP