デモ活動で本当に国会議事堂前に10万人が集合できるかの検証。面積計測と人口密度からのアプローチ。

logo

  • 本サイトについて

    旧サイトより移転しました。
    follow us in feedly

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


デモ活動で本当に国会議事堂前に10万人が集合できるかの検証。面積計測と人口密度からのアプローチ。

公開日: : 最終更新日:2015/08/29   イベント


デモ活動で本当に国会議事堂前に10万人が集合できるかの検証。面積計測と人口密度からのアプローチ。

主催者発表10万人超えの反安保法案のデモが乱発されていますが、国会議事堂周辺は主要国家機関が
ひしめき合っており、まともな広場もありません。
さて、実際に国会議事堂前にデモ隊10万人が集結できるのでしょうか。
無慈悲に計算して検証してみることにしました。

目次:
・事実確認
・国会議事堂前に10万人プロジェクトへのアプローチ
・面積計測方法
・人口密度推定方法
・検証結果
・番外編

まず、新聞報道や画像などから、事実を確認します。
ググってみたのですが、なかなか10万人が集結したという国会議事堂前に写真が無いのが困ったところ。
マスコミもヘリを飛ばして空撮すれば全景が分かるのに、なぜやらないんですかね。。。
出来ない理由もあるのでしょうか。全景がバレたら、盛り上がっていないことがバレたら、困るのでしょうか。
主催者側もドローンぐらい飛ばせばいいのに。

ちょっと見つけたのが7/15付共同通信の10万人画像:

ソース:「10万人の水増し捏造報道」の画像 風林火山

確かに歩道上に人が密集していることが分かります。

さて、同じく10万人が集結したという1960年の安保闘争時代の画像

道路まで民衆がひしめき合っており、これならば10万人集まれそうですね。

国会議事堂前に10万人プロジェクトへのアプローチ

さて、国会議事堂前に10万人が本当に集まれるか、という仮説検証に対して、下記アプローチを行います。

面積計測:国会議事堂前の歩道の面積を計算します。
道路使用許可を求めれば、ひょっとしたら国会議事堂前の広い道路(後述)の許可が降りるかもしれません。

人口密度推定:歩道に集まる群衆の密度を推計します。満員電車や花火大会の情報を参考にします。

国会議事堂前集結可能人数=面積×人口密度

上記で求めた面積と人口密度をかけ合わせると、国会議事堂前に理論上集結可能な人数がカウントできます。

では下記で具体的に検証していきます。
なお、本ページを書き終わったら、第2段である「あの夜、東京メトロは遅延なく10万人を輸送できたのか、
人間トラフィックから限界を推測する」を書こうと思っておりますので、乞うご期待。

面積計測方法:

Google Mapsから国会議事堂前上空の画像をキャプチャーし、歩道を色塗りしていきます。
国会議事堂周辺に広場は無く(日比谷公園は国会議事堂周辺とは言いません。1kmも離れております。)、
残念ながらデモ隊が集まれるのは歩道の上ぐらいです。

ただ、国会議事堂周辺の歩道は比較的広く、2~4m程度の幅が存在するので、
思ったよりも多くの人が集まれそうです。

色塗りした画像がこちら。マウスクリックで原寸大表示。

赤色の歩道部分がデモ隊が活動できる範囲です。

まぁここで可能性を狭めてもしょうが無いので、道路使用許可が万が一取れたことを想定し、
国会議事堂前の広い道路、青色部分を塗っておきました。
青色部分は比較的交通量も少なく、道も広いため、将来外国人参政権などが強行採決されそうになった場合は、
主催者側が道路使用許可を申請し、許可されればここに群集が集まるでしょう。

各種報道を見ている感じでは、今回この青色部分に人が集まった様子はありませんでした。
今回は3パターンの群衆集結を考えます。

パターン 区分け 根拠
パターン1
(最小):
赤色の
半分
赤色歩道部分に人間が集まります。
ただし、裏側のりそな銀行や衆議院第2議員会館側に集まるまでもない場合です。
ほら、デモ隊ってのは目立つ正面玄関前で暴れたがるじゃないですか。
それに、りそな銀行の出入口を群衆で埋め尽くしても意味無いですし。

よって、現状の赤い歩道部分は国会議事堂を一周グルっと塗っているので、
道路などの使用不可部分を鑑み、赤色部分の半分とします。

パターン2
(標準):
赤色 赤色部分をそのまま使用します。
パターン3
(最大):
赤色+
青色
赤色部分+青色部分です。
青色部分は道路ですので、警察に道路使用許可を申請し、承認された場合のみ
使用可能です。今回は使用されていないようです。まぁ警察が許可するはずもないですが。

将来的に、より民意に反する法案、例えばホワイトカラーエグゼンプション法案や
外国人参政権が強行採決されそうになった場合、使用される可能性があります。

画像下部の衆議院第2別館周辺にスケーラーがあるかと思いますが、これが縮尺です。
この画像では、20mが35pxとなりますので、1m=1.75pxとなります。

さて、Photoshopの計測ログ機能にて、この色分けした箇所の面積を算出すると、
赤色=60088px^2、青色=25562px^2となりました。
m^2に直すため、、1.75で2回割戻し、それぞれ赤色=19620m^2、青色=8346^2となりました。

結果まとめ:

パターン 区分け 面積
パターン1(最小): 赤色の
半分
9810m^2
パターン2(標準): 赤色 19620m^2
パターン3(最大): 赤色+
青色
27966m^2

結構広そうやん!いけるやん!だけど、東京ドーム(46755m^2)に換算すると、赤色パターンで
0.42東京ドーム分となります。うーん、ちょっとショボイなぁ。。

人口密度推定方法:

さて、デモ隊の人口密度はいかほどでしょうか。

一般的な電車は長さ20m、幅3m、定員が150名程度となり、およそ人口密度は2.5人/m^2となります。
2001年7月兵庫県の明石市の花火大会にて発生した、歩道橋における「群集雪崩」と呼ばれる現象は、
人口密度10人/㎡以上が発生のトリガーとなるそうです。
「将棋倒し」は人口密度3~5人/㎡ 程度でも発生するそうな。
ソース:「明石花火大会における群集雪崩」関西学院大学総合政策学部教授 室崎 益輝

ただし、今回は群衆雪崩や将棋倒しなどの事故は発生しておりません。

また、デモ隊にはプラカードと横断幕を掲げてシュプレヒコールを叫びながら暴れまくる、という
崇高な使命がありますので、あまり密集して集合することは出来ません。それこそ事故が起きます。
写真を見る限り、結構警官隊と小迫りあっていたようにも見えますので、
将棋倒し(人口密度3~5人/㎡ )のトリガーはありそうに見えますが、実際には将棋倒しが発生しなかったので、
人口密度は3/m^2以下の2.5人/m^2を採用します。

人口密度=2.5人/m^2(デモ時)

ちなみに電車における乗車率100%とは、「1車両140名が座席に着くか、吊革に捕まるか、
ドア付近の柱に捕まることができ、ゆったりと乗車できる。」とのこと。
ソース:乗車率 ‐ 通信用語の基礎知識

もう少し人口密度が上がると「新聞が読める」程度、「週刊誌なら何とか読める」程度、などの表現が出てきます。
でも、この人達が持ってるのは、角が凶器となるプラカードなんだよなぁ。。そしてそれを振り回すんだよなぁ。。

検証結果:10万人は集まれなかった。

さて、人口密度は2.5人/m^2を採用し、本当に10万人が集まれるのかを計算します。
計算結果は下記の通り。

パターン 区分け 面積 最大収容可能人口
パターン1(最小): 赤色の
半分
9810m^2 24525人
パターン2(標準): 赤色 19620m^2 49050人
パターン3(最大): 赤色+
青色
27966m^2 69915人

結果、パターン2の標準では、約5万人が集結できることが分かりました。
もっとも、この5万人という数字は、空間的に収容可能な人口であり、鎮圧する機動隊・警官隊の人数も
多少含まれます。よって実際に収容可能な人口はもう少し減ることが予測されます。
まぁ機動隊・警官隊の皆様は、多少道路にはみ出ていることが予測されますけどね。

という訳で、国会議事堂周辺の歩道のみだと約5万名、正面道路を使用しても7万名にしか
集まれないことが分かりました。10万人集結は不可能なことが分かりました。
(※もっとも、5人/m^2程度まで人口密度を高めると可能ですが、乗車率200%を超える人口密度で、
プラカードを振り回して暴れていたら、確実に死者が出ます。)


これで主催者側の人数の水増しが証明出来ました。
まぁ水増しは中国共産党から続く伝統ですから、いまさら驚きませんけど。。

という訳で、この記事が読者の皆様に、「その方面の人たちが騒ぎ立てるほど、安保法案の反対人数は
集まっておらず、本当の民意はどこにあるのか」、「大手マスコミすら主催者発表10万人を採用している異常さ」、
ということをちょっと考察するきっかけになれば幸いです。

番外編:

一番ありそうな、国会議事堂前の歩道と、ちょっと広いところにデモ隊が集まるというパターンを想定します。
下記画像の黄緑色の場所です。

面積は6415m^2でした。人口密度は2.5人^2を使用すると、16037人。まぁこんなもんでしょうね。


格安SIMのU-mobileで「データ通信5GBプラン」が2ヶ月無料。事務手数料も無料。そのまま解約してもOK。無料のデータSIMとしてどうぞ。


スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

関連記事

恵比寿のデートはここで決まり。エビスビール記念館の見学で1人500円で2杯試飲可能。

記事を読む

新宿西口広場イベントコーナーでスポーツオーソリティが2/21~2/27でバーゲンを開催中。

記事を読む

アムウェイ女特徴まとめ。外見・中身・会話・事後のLINE編。バレンタインに気をつけろ。

記事を読む

オリンパスの一眼レフカメラ「OM-D E-M1 MarkII体感フェア」のPhoto Festa2016が開催中。東京11/19・20、大阪11/26・27,名古屋12/3・4。

記事を読む

関西文化の日で美術館・博物館等650箇所の文化施設の入場料が無料へ。11/19~11/20。

記事を読む

11/14は埼玉県民の日。西武園ゆうえんちや東武動物公園、所沢航空発祥記念館などが入園無料や割引キャンペーン。特別イベントも開催予定。

記事を読む

東京東十条のUNDERGROUNDボルダリングジムでクライミングシューズのTENAYA(テナヤ)がためし履きキャンペーン。シューズは常時3割引きで買える裏ワザあり。~10/16。

記事を読む

北海道フェアin代々木で、カニやウニ寿司やエビなどが390円でセール中。1日50食限定。~10/2。

記事を読む

東京・日本橋でアートアクアリウム 2016~江戸・金魚の涼~ &ナイトアクアリウムを開催中。WEBページのデザインが良いだけで、デートに行きたくなる良い例。~9/25。

記事を読む

東京・目黒のさんま祭りでさんまが食べ放題。本日10-14時。さんまを食べる行列待ちが3~5時間って買ったほうが早いよな。

記事を読む

Comment

  1. あーあ より:

    節約と関係ないだろ

  2. たけし より:

    ここの管理人はそういう系統の人間だったのか・・・

    • ferrum より:

      今後は出来るだけ政治的な意図は省いて書こうと思います。
      フェルミ推定の1つとして、考えるのは楽しいですしね。

  3. いまい より:

    フジデモも警察発表一部二部あわせて3500人なのに、主催者発表は25000人くらいだったよ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP