ツルハグループ nepia 千のトイレプロジェクトキャンペーンで抽選で1000名にネピア鼻セレブ ポケットティッシュが当たる。

logo

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


ツルハグループ nepia 千のトイレプロジェクトキャンペーンで抽選で1000名にネピア鼻セレブ ポケットティッシュが当たる。

公開日: :   抽選で当たる


ツルハグループ nepia 千のトイレプロジェクトキャンペーンで抽選で2000名にネピア鼻セレブ ポケットティッシュが当たる。~1/31。

東ティモールでは不衛生な公衆衛生環境で多くの貴重な人命が失われております。
農村部で衛生的なトイレを使える人の割合は27%、5歳未満児の死亡率は出生1000人に対して57人と、
日本の20倍なそうな。

先進国ではたかだかトイレ環境、と思いがちですが、古くからトイレや上下水道に起因する不衛生さによって、
チフス、ペスト、天然痘などの伝染病が度々蔓延し、数千万~数億の命を奪ったことを忘れてはなりません。

ツルハグループでは400万円をユニセフに寄付して、綺麗な水とトイレが使える環境を整える支援をしており、
アンケートに答えると、鼻がカピカピにならないティッシュ「鼻セレブ」が貰えるのだそうな。

期間:1/31まで

賞品
ネピア 鼻セレブ ポケットティシュ 4コパック 24枚(12組)


同じ地球上で、一方では不衛生(だけでも無い)が原因で子供が命を落とす、かたや先進国では、
花粉症の人が鼻の下がカピカピにならないように気にする、何とも不条理すぎますね。

まぁ現状そうなんだからしゃーない。寄付や善意や支援というのは、自らが満たされないととてもそんなことは出来ない、
自らの水準を落として、救われるものの同情を買うことは偽善にほかならない、と神戸で自衛隊のおっちゃんが
言ってましたし。

鼻がカピカピになる目安は6時間でティッシュ一箱(180枚)を使用するレベル。

さて、鼻がカピカピになるのは、管理人の経験上、
猛烈な鼻水、すなわち、「6時間でティッシュ一箱(180枚)を使用するレベル」だと考えております。
1時間あたり30枚、2分に1回の鼻水です。
花粉症+(アレルギー性鼻炎)+風邪が重なり、波状飽和攻撃を受けますと、このぐらいの猛烈な鼻水が出ます。

鼻の下・唇の上が痛いのもそうですが、ここまで来ると粘膜が痛くなってくるのですな。。。
まぁこのレベルですと、薬を飲んで寝るほうが精神衛生上いいのですが、どうしても仕事しなきゃいけない人は、
鼻セレブを買っておきましょう。多少マシになりますよ。別に鼻がカピカピになってもええわーという無粋なおっさんも、
鼻を噛む際にティッシュが鼻に当たってピリピリするのがマシになるだけで、精神衛生上だいぶ良くなります。

ただ、こいつ高いんだよなぁ・・・とは言っても、ネットでまとめて買えば1個200円ぐらいで買えますので、
とりあえず備蓄しておき、猛烈な鼻水が観測されそうになったら予防的に使い始めましょう。
普段から常用するにはコスパが悪すぎます。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP