サークルKサンクスでコカ・コーラが抽選で20万名に当たる。コカ・コーラのカフェインは100mlあたり10mg。~3/27。

logo

最新記事一覧

本日明日の締め切りキャンペーン        ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧


サークルKサンクスでコカ・コーラが抽選で20万名に当たる。コカ・コーラのカフェインは100mlあたり10mg。~3/27。

公開日: :   抽選で当たる


サークルKサンクスでコカ・コーラが抽選で20万名に当たる。コカ・コーラのカフェインは100mlあたり10mg。~3/27。

キャンペーン期間
2016年3月18日(金)~3月27日(日)23:59

サークルKサンクスのメルマガに登録で、コカ・コーラ300ml ペットボトルが
抽選で20万名に当たります。とりあえず応募しておきましょう。

ちなみに、残業などでエナジードリンクをガバガバ飲んでいる人は、カフェイン中毒にちょっと気をつけたほうがいいかと。
元気が出てくるコカコーラにもカフェインが含まれています。

コカ・コーラに含まれるカフェイン量は:

日本食品標準成分表2010によるレギュラーコーヒー(浸出液)の約1/6、紅茶(浸出液)の約1/3、煎茶(抽出液)の約1/2となります。
コカ・コーラ ゼロに含まれるカフェイン量はどのくらいですか? | 日本コカ・コーラ お客様相談室

とのこと。コカ・コーラ社公式回答の割には回りくどい書き方ですね。Yahoo!知恵袋じゃあるまいし。

更に、そこから先のページで「一般的なコーヒーやお茶に含まれるカフェイン量はどのくらいですか?」
という質問があり、その回答は:

(1)レギュラーコーヒー浸出液
(ドリップ式で10gの中挽きレギュラーコーヒーを150mlの熱湯で浸出させたもの)
→カフェイン量:100ml中に約60mg
(2)紅茶浸出液
(茶5gを360mlの熱湯で1.5~4分間浸出させたもの)
→カフェイン量:100ml中に約30mg
(3)煎茶浸出液
(茶10gを430mlの湯(90℃)で1分間浸出させたもの)
→カフェイン量:100ml中に約20mg
(4)ウーロン茶浸出液
(茶15gを650mlの湯(90℃)で0.5分間浸出させたもの)
→カフェイン量:100ml中に約20mg

とのこと。という訳で、自分で計算すると、レギュラーコーヒー(浸出液)の約1/6ですから、
100mlあたり10mgとなります。

最初から100mlあたり10mgです、と書けや、と突っ込みたくなります。
よっぽど書きたくない理由があるのでしょうか。

繰り返しますが、コカ・コーラのカフェイン含有量は100mlあたり約10mgとなります。

サントリーボスの缶コーヒーでは1本100-150mgぐらい含まれていますので、
コカ・コーラのほうが全然カフェイン量は少ないかと。

なぜこんなにコカ・コーラ社が隠したがるのかは謎。

なお、カフェインの致死量は、体重60kgの人間で5000mgだそうな。
つまり、コカ・コーラを一気に50Lほど飲み干すと死ねますよ。

まぁそんな死に方を選ぶ人間はそうそういないと思いますけどね。




スポンサーズドリンク
この記事をシェアする :
スポンサーズドリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP